ニコニコニュース

話題の記事

最近アニメ化が多い気がする「なろう系異世界転移作品」の魅力って? 各作品で見られる“お約束”からそのおもしろさを考えてみた

 2019年夏に放送されるアニメのラインナップを見ると「異世界」というキーワードがよく目に入る気がする。

 調べてみると、いじめられっ子の主人公が異世界に転移する『ありふれた職業で世界最強』や、異世界でチート能力冒険者となる物語『異世界チート魔術師』など、合計5作品が「異世界に転移して〇〇」という内容だった。

■2019夏アニメ「異世界に転移して〇〇」作品
・『ありふれた職業で世界最強』
・『異世界チート魔術師』
・『コップクラフト』
・『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』
・『魔王様、リトライ!』

 “異世界という世界観で転移から始まる”という展開の作品がここまで散見される状態を見ると、アニメ界はまさに“異世界転移ブーム”が到来していると言えるのではないだろうか。

 そして、そのブームをけん引しているのが“なろう系”(おもにウェブサイト「小説家になろう」に投稿された作品のことを示す言葉)と呼ばれる作品だ。夏アニメでも「異世界に転移して〇〇」作品5タイトルのうち3タイトルが“なろう系”作品となっている。

 そこで今回は、アニメ化された異世界転移(転生)系の作品の中から“なろう系”をピックアップ。それぞれの内容から、作品にどのような傾向かあるのか調査を行い、「なろう系異世界転移作品」の魅力やブームの理由を考察してみた。

文/セスタス原川
編集/竹中プレジデント

作品内容から見る「なろう系異世界転移作品」の“お約束”

 これまでアニメ化された「なろう系異世界転移作品」は以下の12タイトル。

■これまでの「なろう系異世界転移作品」
・『ログ・ホライズン』
・『オーバーロード』
・『Re:ゼロから始める異世界生活』
・『この素晴らしい世界に祝福を!』
・『異世界食堂』
・『異世界はスマートフォンとともに。』
・『ナイツ&マジック』
・『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』
・『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』
・『転生したらスライムだった件』
・『盾の勇者の成り上がり』
・『賢者の孫』

 これらの作品の内容を見てみると、「異世界転移(転生)」という共通点以外にも、いくつかの類似点が見受けられた。

 いわゆる“お約束”な展開なのだが、この“お約束”が「なろう系異世界転移作品」の魅力でもあると筆者は感じている。

 そこで、まずはアニメ化された「なろう系異世界転移作品」における、共通する傾向(=お約束)をいくつか挙げ、その魅力に迫っていこう。

お約束その1:異世界に来れば「俺TUEEE!」状態

 主人公たちの多くは、異世界に行く際になにかしらの能力を得ている。

 たとえば、『オーバーロード』のモモンガは魔王として転生した直後から最強レベルの魔法が使えた。『異世界はスマートフォンとともに。』の望月冬夜は神様のご厚意で身体能力が爆増(魔法関係もチート)。『転生したらスライムだった件』の三上悟(リムル)はスライムとして生物を吸収する能力を得るなど、経緯はさまざまだが、基本的に最初からなにかしらの“チート能力”を手にした最強の主人公として爆誕する。

(画像は「異世界はスマートフォンとともに。 第1話「目覚め、そして異世界。」」より)

 そして、主人公たちはその圧倒的な力を使って人助けを行い、信頼を得て、仲間を増やし、徐々に異世界に馴染んでいく……というところまでの流れは、上記のほとんどの作品で見受けられた。

 主人公が能力を使って無双する展開は定番であるものの、見ている側の爽快感は格別。このように「俺TUEEE!」が物語の序盤から味わえるのが「なろう系異世界転移作品」の魅力となっている。

お約束その2:現代で得た知識が異世界で役立つ

 また、主人公が現代で得ていた知識や経験が異世界で大活躍する、というのも定番。

 『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』では、異世界で現代の料理を振舞い“初めてのレシピ、味”として異世界の人々の胃袋をグッとつかんだり、『異世界はスマートフォンとともに』においてはスマホでの情報検索が役に立つ場面が描かれる。

(画像は「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第1話-第2話」より)
(画像は「異世界はスマートフォンとともに。 第1話「目覚め、そして異世界。」」より)

 実際にその文化を利用している我々からすれば常識内の知識やモノでも、その文化を初めて体感した異世界の住人たちにとってはそれはオーパーツのごとく。

 その驚くリアクションや感動するさまは物語に活気を与えるのに一役買っており、演出面でもこの共存がいい味を出してる。

お約束その3:とにかくモテる! ハーレムを築く猛者も

 物語冒頭にハニートラップからの冤罪をかけられた『盾の勇者の成り上がり』のような例もあるが、主人公たちは基本的に異世界の住人から好意的な歓迎を受ける。

 そしてモテる。複数のヒロインから愛情表現を受けるのは標準装備だ。

 『異世界はスマートフォンとともに。』『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』『賢者の孫』などの作品ではその傾向が顕著で、1話で“ヒロインがピンチ!! からの主人公がそれを助ける”というボーイ・ミーツ・ガール展開がしっかりと抑えられている。

(画像は「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 第1話「デスマーチからはじまる天変地異」」より)
(画像は「賢者の孫 第1話「世間知らず、王都に立つ」」より)

 また、舞台が異世界ということで、現代日本における一夫一妻制の制度は適用されていないケースも。つまりは合法ハーレムを築き上げることも可能というわけだ。

 異世界という舞台をうまく活用し、健全な男子諸君なら願ったことであろうひとつのロマンを世界の制度に組み込む。すばらしい手法だ。

(画像は「異世界はスマートフォンとともに。 第1話「目覚め、そして異世界。」」より)

お約束その4:異世界で生きがいを感じる主人公たち

 主人公の中には、現代に帰りたい、と悲嘆に暮れるものは少ない。どちらかと言えば異世界での生活を楽しんでいる人のほうが多い。

 力や知識でも「俺TUEEE!」できたり、女の子に囲まれてモテモテなら誰でも思うだろ、という部分は否めない……が、それ抜きにして考えられる理由は以下の2点。

1.死んで転生して異世界に来たので帰る選択肢がそもそもない
2.現実世界で辛い生活を送っていた

 死んで異世界に転生! となれば現実に本人として戻る手段はないため、ひとつ目に関してはしょうがない。

 ふたつ目の辛い現実世界についてだが、「なろう系異世界転移作品」の主人公は20歳以上で社会の波に揉まれながらサラリーマンをしている設定が多数見られる。若者の場合でも引きこもりだったりと、なんかしら現実世界でコンプレックスを抱いている場合が多い。

(画像は「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 第1話「デスマーチからはじまる天変地異」」より)

 そんな辛い現実に対して、異世界での生活を見ていると、苦労はするものの異世界生活をエンジョイしている者がほとんど。

 『この素晴らしい世界に祝福を!』のカズマは異世界でなんやかんや冒険者生活を満喫しているし、『ナイツ&マジック』の倉田翼は、ロボットに乗りたいという夢を死後に異世界で叶えている。

(画像は「この素晴らしい世界に祝福を! 第1話「この自称女神と異世界転生を!」」より)

「なろう系異世界転移作品」の楽しみかた

 どうだろう? 視聴者の中にも、今の現実から抜け出して異世界で過ごしたい、と思う人がいるのではないだろうか。

 「なろう系異世界転移作品」が定期的にアニメ化するほど人気を勝ち得ている裏には、「叶わないはずの夢が異世界で叶う」という魅力が影響しているのではないかと、筆者は感じる。

 みんな現実に疲れているのかもしれない。だからこそ無意識のうちに「なろう系異世界転移作品」を求めてしまっている……のかもしれない。

(画像は「この素晴らしい世界に祝福を! 第1話 この自称女神と異世界転生を!」より)

 そんな「なろう系異世界転移作品」だが、“お約束”として紹介した点はあくまで傾向であり、それに当てはまらない作品もある。また、“お約束”を抑えていたとしても、それぞれの作品が同じような内容か、というとそれも違う。

 転生先が人間でなくスライム『転生したらスライムだった件』、主人公が死ぬと時間が巻き戻るループものな『Re:ゼロから始める異世界生活』、ギャグテイストてんこ盛りの『この素晴らしい世界に祝福を!』など他作品と差をつける独自の“色”を持っている。

 2019夏アニメで放送される作品を見てみても、「なろう系異世界転移作品」の覇道を行く『異世界チート魔術師』、王道+異世界でも貧弱(でも最強)というひと捻り加えた『ありふれた職業で世界最強』、魔王という通常倒されるキャラとして転移してしまう『魔王様、リトライ!』などお約束を抑えつつ異なる色を見せてくれている。

『異世界チート魔術師』

(画像はTVアニメ「異世界チート魔術師」公式サイトより)

 転生前は平凡な高校生だった主人公の西村太一と、同じく高校生で運動もスタイルも完璧な吾妻凛。突如異世界に転移し、その後の冒険者になるための適性検査でチート能力を保持していることが判明する。

 タイトルにもある通り、本当にわかりやすい“主人公チート”の物語。逆にここまでド直球でチート能力を押し出すのが、いかにもなろう系っぽい。

『ありふれた職業で世界最強』

(画像は『ありふれた職業で世界最強』公式ポータルサイトより)

 転移前はクラスでいじめられるオタク高校生の南雲ハジメが主人公。異世界に転生するも、彼の職業は非戦闘系の職業である錬成師。ところが、吸血鬼の少女との出会いとダンジョン攻略をきっかけに、一気に力をつけていく。 

 序盤は貧弱なものの、一気に強い力を得るので作品の属性としては“主人公チート”のジャンルだろう。転移前はいじめられっ子だったため“現実にコンプレックス”という主人公としての“お約束”要素も兼ね備えている。

『魔王様、リトライ!』

(画像はTVアニメ『魔王様、リトライ!』公式サイトより)

 自身が作ったゲームの中に入ったまま、ラスボスの魔王の姿で異世界に飛ばされてしまった主人公の大野晶。魔王の見た目が災いし、異世界でさまざまな混乱に巻き込まれる。

 ラスボスの魔王という、本来は主人公に倒される側のキャラに転移してしまう、というのが本作の特色になるのだろう。魔王ということでステータスも高く“主人公チート系”としても分類できる。

 “お約束”という何種類かの土台の上に作者が描きたい物語や世界が作られている、というのが筆者が持つ「なろう系異世界転移作品」のイメージ。

 共通の知識があるからこそ「毛色は違っても、深く考えず作品を楽しめる」作品であり、そこに「わくわく感」「非現実感」などの要素が合わさり、アニメファンを惹きつける一大ブームを巻き起こしているのでは? と筆者は考えている。

 とは言え、「なろう系異世界転移作品」を楽しむ際に小難しく考えるなど無粋というもの。なにも考えず純粋に作品を楽しむ、そう考えるんじゃなくて感じるように。

 そしていざ見終わった後に、その作品がどんな“色”だったのかを振り返えっていくことで、より作品を楽しめるはずだ。

これまでアニメ化された「なろう系異世界転移作品」を紹介

 余談にはなるが、過去に放送された「なろう系異世界転移作品」は、ニコニコ動画で一部無料で公開されている。

 簡単なあらすじとともにまとめたので、もし気になった方は覗いてみてはいかがだろう。

『ログ・ホライズン』

(画像は「ログ・ホライズン 第1話 大災害」より)

 内気な大学院生の城鐘恵(シロエ)は、MMORPG「エルダー・テイル」の有名プレイヤー。彼は突如として、普段使用しているキャラクターの姿で「エルダー・テイル」に登場する冒険者の街アキバに転移してしまう。

 彼は一緒に閉じ込められた3万人のプレイヤーと共に、仲間と助け合いながらこの世界を生き抜いていく。

<『ログ・ホライズン』1話を見る>

『オーバーロード』

(画像は「オーバーロード 第1話「終わりと始まり」」より)

 間もなくサービス終了を迎えるVRMMORPG「ユグドラシル」。主人公のモモンガ(本名:鈴木悟)はギルドの本拠地でその時を待っていたが、時間を過ぎてもゲームは終了せず、自身がキャラクターそのものになっていると気がつく。

 彼はかつてのギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗り「世界征服を目指す」という名目のもと、事情を知る人間や同じ境遇のプレイヤーを探し始める。

<『オーバーロード』1話を見る>

『Re:ゼロから始める異世界生活』

(画像は「Re:ゼロから始める異世界生活 第1話「始まりの終わりと終わりの始まり」」より)

 引きこもり高校生のナツキ・スバルは、コンビニ帰りに突然異世界に召喚された。慣れない世界で悪党に襲われているところを銀髪のハーフエルフの少女に助けてもらうが、再び事件に巻き込まれスバルは命を落としてしまう。

 そして気がつくと、スバルは転生された直後に戻っていた。こうして彼の“死に戻り”による異世界でのループが始まった。

<『Re:ゼロから始める異世界生活』1話を見る>

『この素晴らしい世界に祝福を!』

(画像は「この素晴らしい世界に祝福を! 第1話 この自称女神と異世界転生を!」より)

 事故で命を落とした高校生の佐藤和真は、天界の女神アクアに異世界への転生を提案され「異世界には望むものをひとつだけ持っていける」と聞かされる。

 アクアの態度が気に入らないカズマは、アクアを「異世界に持っていくモノ」に指定して共に異世界へ転移。その後カズマとアクアは、アークウィザードのめぐみん、クルセイダーのダクネスを仲間に加え、異世界でてんやわんやの日々を過ごすことになる。

<『この素晴らしい世界に祝福を!』1話を見る>

『異世界食堂』

(画像は「異世界食堂 第1話「ビーフシチュー」「モーニング」」より)

 洋食屋「洋食のねこや」は普通の食堂だが、土曜日だけ異世界とつながるお店。異世界からはさまざまな人々が食事を求めて来訪し、彼らから「異世界食堂」と呼ばれるようになっていた。

 そんな「ねこや」を舞台に客と店員を交えた人間ドラマが描かれる。

<『異世界食堂』1話を見る>

『異世界はスマートフォンとともに。』

(画像は「異世界はスマートフォンとともに。 第1話「目覚め、そして異世界。」」より)

 神様の不注意によって死んでしまった主人公の望月冬夜。異世界に転生されるにあたり、神様から罪滅ぼしとしてスマートフォンを異世界でも使えるようにしてもらう。

 その後、双子の姉妹エルゼとリンゼをはじめとする仲間を増やし、依頼を受けながらさまざまな事件を解決していく。

<『異世界はスマートフォンとともに。』1話を見る>

『ナイツ&マジック』

(画像は「ナイツ&マジック 第1章「Robots & Fantasy」」より)

 ロボットオタクの倉田翼は交通事故で命を落としてしまう。死後転生された世界は「幻晶騎士(シルエットナイト)」と呼ばれる巨大ロボットが存在する世界だった。

 エルネスティ・エチェバルリアという別人として転生した翼は、ロボットオタクとしての憧れから、幻晶騎士のパイロットである「騎操士(ナイトランナー)」目指すことを決める。

<『ナイツ&マジック』1話を見る>

『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』

(画像は「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 第1話「デスマーチからはじまる天変地異」」より)

 アラサーのゲームプログラマー鈴木一郎は仕事中の仮眠から目覚めると、普段使用しているキャラクターのサトゥーとして異世界の荒野にいた。

 そこでレベル1の状態でレベル50付近のモンスター約300体から攻撃を受けるが、初心者救済システムで敵を一掃。その結果レベルは310に上昇し、異常な能力値と多くの財産を得る。こうして彼の現実へ戻る旅兼、異世界観光の旅が始まった。

<『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』1話を見る>

『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』

(画像は「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」全24話一挙放送より)

 寂れた商店街の一角にある居酒屋「のぶ」だが、なぜか異世界の国・アイテーリアと繋がっている。店内にはアイテ―リアの人々、その遠方の国の人々が訪れ、店では大将がさまざまな料理を提供していた。

 異世界で多くの客を迎えるこの店の中では、料理や人々を通してさまざまな出来事が起こる。

<『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』1~2話を見る>

『転生したらスライムだった件』

(画像は「「転生したらスライムだった件」1話~6話振り返り上映会」より)

 通り魔に刺されて死んだ会社員の三上悟は異世界に転生するが、転生後の姿はスライム(名はリムルとなる)だった。

 しかし、転生の際に捕食したものの姿になる能力を身に着けており、その能力を利用して、巨大な竜、そして人間へと姿を変え、さまざまな事件に巻き込まれながら異世界の人々と交流を深めていく。

<『転生したらスライムだった件』1話を見る>

『盾の勇者の成り上がり』

(画像は「「盾の勇者の成り上がり」1話上映会」より)

 大学生の岩谷尚文は、図書館で四勇者に関する本を手に取ったことをきっかけに、盾の勇者として異世界の国「メルロマルク」に召喚される。

 同じように3名が、剣の勇者、弓の勇者、槍の勇者として召喚されていたのだが、勇者の中でも盾の勇者は不人気の勇者とされていた。尚文は攻撃役に奴隷商人から買った少女ラフタリアを仲間にし、勇者として成り上がる旅に出る。

『賢者の孫』

(画像は「賢者の孫 第1話「世間知らず、王都に立つ」」より)

 現代日本で働く青年が交通事故をきっかけに異世界へ転生。その世界で英雄と呼ばれる賢者・マーリンに育てられる。

 規格外の能力を持つものの、世間知らずな主人公・シンは魔法学院へ入学。さまざまな事件に巻き込まれるものの、その強さで敵をばったばった倒していく王道の“俺TUEEE”作品。

<『賢者の孫』1話を見る>

―あわせて読みたい―

・夏クールに見たいアニメはもう見つけた? 2019年夏アニメ一覧&PV・原作漫画まとめ。『高木さん2』『ダンまちⅡ』『アクセラレータ』etc…注目作てんこ盛り

・暑い日は冷房の効いた部屋でアニメを観よう! オススメ2019夏アニメ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング