ニコニコニュース

話題の記事

テスト回がおバカ展開すぎてお祭り騒ぎ! 『Angel Beats!』全13話 一挙放送盛り上がったシーンTOP10

5位 椎名、かわいいものには目がなかった

(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第2話より)

 5位は第2話より、椎名がぬいぐるみとともに滝つぼへと落下してしまうシーン(37:42ごろ)

 ギルドへ向かう途中の水路で、椎名は流される子犬を発見し、これの救出に向かう。しかし、助けた子犬はぬいぐるみだったため、「不覚!」と叫びながら滝つぼへと落ちていった。

 椎名の急なリタイアにゆりは「トラップの犠牲に……」と語り、一目見れば分かりそうなぬいぐるみも対天使用のトラップだったことが告げられた。

 意外過ぎる椎名の弱点に対し、「かわいい」「あさはかなり」「うかつ」「引っかかりそう」などのコメントが確認された。

4位 天使の可愛い顔がアップに!

(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第1話より)

 4位は第1話より、音無と天使が初邂逅を果たすシーン(04:51ごろ)

 記憶喪失状態で目を覚ました音無は、銃で狙われていた天使へと接近し、彼女との会話を試みていた。

 ここでは天使の顔アップを見て、「かわいい」「ざーさん」などのコメントが流されていた。

3位 救世主TKへの雑な対応

(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第2話より)
(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第2話より)

 3位は第2話より、急接近する天井をTKが支えるシーン(34:21ごろ)

 武器回収のためにギルドを目指す戦線メンバーだったが、対天使用トラップ“迫る天井”であやうく全員ぺっしゃんこの危機を迎える。

 このとき、TKがいち早く立ち上がり、ほかのメンバーを庇う形で天井を支えていた。そんな救世主に対し「じゃーな」「達者でな」など、各メンバーは雑なコメントを送ってしまう。

 戦線メンバーは冷めていたが、視聴者は「TK!」「ヒドイ」「イケメン」など、TKへの称賛を送りまくる様子が伺えた。

2位 ハンドソニックで一突き

(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第1話より)
(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第1話より)

 2位は第1話より、音無が天使の攻撃をモロに受けるシーン(05:51ごろ)

 記憶喪失の音無は、天使の発言が癪に障ったようで、「もう死なないことを証明しろよ」と煽り出す。

 すると天使は音無の言葉に対し、素直にうなずくや、ハンドソニックと呼ばれる攻撃で彼の胴体を貫くのだった。

 突然の攻撃からの保健室行きに「あ」「えぐった」などのコメントが投下されていた。

1位 高松君のマッスルボディお披露目

(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第5話より)
(画像は“「Angel Beats!」全13話 一挙放送/平成最後の夏、この世で会いたい人がいる特集”第5話より)

 今回の一挙放送で1位を飾ったのは第5話より、高松が自身の上半身を露出するシーン(01:55:13ごろ)

 天使の答案用紙すり替え作戦の囮役に決まった高松は、自慢の上半身を先生に向けて晒し、クラス全員から注目を集める作戦を決行。

 しかし、無反応なクラスメイトや着席を促す先生の対応に意気消沈。結局、ゆりのフォローで教室の天井に最速でぶつかる様子がみんなの視線を集めていた。

 ここでは、高松の良い体つきや天井まで飛び立つ様に「うほw」「ざわざわ」「トルネードは基本」などのコメントが書き込まれていた。

―おすすめアニメ記事

オトナな魅力溢れる管理人さんのあのシーンが1、2フィニッシュ! 『スロウスタート』全12話一挙放送盛り上がったシーンTOP10

第1話が100万再生を突破した話題のアニメ『はたらく細胞』のココがスゴイ! 人気のカギを握るのは小っちゃくてかわいらしいあの子?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング