ニコニコニュース

話題の記事

坂本龍一氏にとっては黒歴史?『王立宇宙軍 オネアミスの翼』楽曲制作秘話を岡田斗司夫が語る

 5月6日放送の『岡田斗司夫ゼミ』にて、アニメ制作会社ガイナックス元代表取締役社長の岡田斗司夫氏は、音楽家の坂本龍一氏のインタビューに触れ、坂本氏が映画音楽を担当したものの“なかったこと”にしている劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の、制作時の裏事情について語りました。

岡田斗司夫氏

─関連記事─

自社制作のアニメはどれも「なぜ感動するのかわからなかった」ガイナックス元代表取締役・岡田斗司夫が語る制作現場の裏話

「月収は250万円までいきましたね」岡田斗司夫、ガイナックス時代の月収を語る。


今もなかったことにされている『王立宇宙軍』作曲の過去

岡田:
 音楽家の坂本龍一さんが、ニューヨークでのあるインタビューの中で、「アニメ映画の音楽に関わったことについて」ということで、こんなふうに話されていました。

「今から35年前に担当したことがあるんですが、あまり気に入ってないんです(そのため題名も言えないらしい)。現在は韓国のプロデューサーも参加し、手塚プロダクションで手掛けられているアニメ映画の音楽を担当していて、その作品は今年の後半期に公開される予定です。あと、実は2,3年前に高畑さんと会って、音楽の担当を任されたんですが……僕の音楽がシリアス過ぎて、結局解雇されてしまったんです」と意外な事実を明かした。

 ――とのことなんですけど。

 まあ、僕が引っかかったのは、やっぱり「35年前に担当したアニメ映画があるんだけど、あまり気に入ってない」という部分なんですよ。

 ここで「(そのため題名も言えないらしい)」とインタビュアが書いてるということは、ニューヨークでのインタビューの時に、聞いたんだけど答えなかったということなんですね(笑)。

 いやあ、なんか悔しいな、と。そのアニメ作品とは、もちろん、ガイナックスが作った『王立宇宙軍 オネアミスの翼』のことなんですけども。

岡田氏がプロデューサーを務めたガイナックス制作の劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(画像はAmazonより)

坂本龍一氏も制作当初は作品を評価してくれていた

 なぜ、僕が悔しいのかというと、実は『オネアミスの翼王立宇宙軍』の音楽打ち合わせの時、坂本さんはすごいノリノリだったからなんですね。

 「こういうふうにしたい、ああいうふうにしたい」って、坂本さんも一生懸命に言ってたんですよ。打ち入りパーティの時もそうでしたし、打ち合わせもすごく和気あいあいと進んだんです。

 当時の、スポンサーだったバンダイや、あとは、広告代理店サイドの読売広告社の方からは、「岡田さん、坂本さんの機嫌がいいことを、あんまり本気にしない方がいいよ。坂本さん、知名度は高いけどアルバムが売れないんだよ。だから、アニメの力を借りて売りたいんだ」というふうに言われてたんですけど。

 でも、坂本さんは明らかにコンテをすごく読み込んでいたし、「ここのシーンにはこんな音楽で~」って話してたから、僕は“擦り寄って来た”わけでは決してないと感じていました。

 坂本さんは「絵コンテを見て参加を決めた」というくらい『王立宇宙軍』という作品を評価してくれていたんですね。

劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』パッケージ裏のスタッフクレジットに「音楽監督:坂本龍一」とクレジットされている(画像はAmazonより)

 ところが、問題が生じました。

 どんな問題かと言うと、坂本さんは絵コンテを見て「よし、俺も参加するぞ!」と思ったあまり、絵コンテ通りの音楽をつけるって言ったんです。アニメの絵コンテというのは、まるでCMのように「この映像に何秒、この映像に何秒何コマ」というふうに、設計図がめちゃくちゃ細かいんですよ。

 どうも、テクノ出身というか、論理で音楽を作る坂本龍一という人は、そこにすごい可能性を感じて惹かれたらしいんですね。おそらく、「これを使えば映像と音との完全なるシンクロが実現できるんじゃないか?」という、坂本さんの思い込みも入ったんだと思うんですよ。

 これについては、僕や山賀博之も、最初の打ち合わせの時には「そうですよ! そうですよ!」というふうにノリノリだったんですけども。

 ところが、現実にアニメを作り出すと、アニメというのは出来上がってくるカットによって、アニメーターがカットに付ける演技も違ってくるんですね。なので、「コンテ通りに○秒」というふうに作られるわけではなくて、そこから微妙に尺が伸びたり縮んだりすることになるんです。

 そういう時、通常はどうするのかというと、音楽を担当する音響監督が切って詰めることになるわけです。例えば、「この音楽はこのタイミングで」と言われても、「もうちょっと前から流した方がいい」とか、「後から出した方がいい」というふうに、音響監督が調整するんです。

 だけど、それをやられると、坂本龍一さんとしては、「ちょっと待てよ! それはどういうことだ?」という話になる。


「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング