ニコニコニュース

話題の記事

腕の組織から男性器を形成――性転換の全容を医師が解説「軟骨を入れて硬さを作ります」

 ミュージシャンの西川貴教さんらが「学ぶ」をコンセプトに「身近で当たり前の事だけど詳しく知らないモノ、事」をテーマに深掘りしていく番組『西川学園高等学校、略してN高!』。

 今回は“性転換”をテーマに、ナグモクリニック名古屋院長の山口悟さんを講師に招き、具体的な手術の方法をスライドショーで西川さん、土屋礼央さん星田英利さんIMALUさんKABA.ちゃんさんに解説しました。

 番組中ではKABA.ちゃんさんが、術前にIMALUさんの父でお笑い芸人の明石家さんまさんに、術例サンプルを見せて身体を選んでもらったことを告白し、IMALUさんが困惑する場面も……。

左手奥から時計回りに西川貴教さん、IMALUさん、一人置いて星田英利さん、KABA.ちゃんさん。

―関連記事―

KABA.ちゃんが性別適合手術前の葛藤を明かす「本当はゲイとして男性が好きなのかなとか考えたり」


ホルモン療法でどこまで変化できる?

左から土屋礼央さん、山口悟さん。

土屋:
 ホルモン療法で男性から女性になる場合は、こういうことになります。

山口:
 乳房が大きくなる。そして筋肉が減って二の腕が細くなっちゃうんですよ。体毛が薄くなって、脂肪がだいたい下半身に集中してきます。ところが、声が高くなるとか身長が小さくなるとか、そういうことはありません。

KABA.ちゃん:
 私は声を変える手術を受けて、ついでに喉仏も少し削ってもらったんです。

土屋:
 ここで乳房がどのように丸みが出るのかという写真がこちらです。

山口:
 ホルモン療法前と後です。

西川:
 乳輪が全然違う!

山口:
 色が濃くなりますね。

KABA.ちゃん:
 ちょっとふっくらしてきます。

星田:
 それは自分の肉なんですよね。

IMALU:
 どんな感触なんですか?

KABA.ちゃん:
 学生時代の発育している女子みたいな。西川さんは触ったことあるもんね。

西川:
 ちょっとぽっちゃりした男の子っておっぱいがあるじゃないですか。あれに近い感じ。

KABA.ちゃん:
 そうそう。

土屋:
 肉体的なことより、メンタル面はどうなんですか。

KABA.ちゃん:
 私はちょっと感情移入がしやすくなりました。たとえば映画とかドラマとかを自分の家で見ていて、こんなところで涙が出ないのに、涙が出そうになって出しちゃったりとか。気持ちがすごく入り込みやすくなりました。

星田:
 母性やね。怒りの方は? すぐに怒りやすくなるとか。

KABA.ちゃん:
 怒りやすいより、泣きたいとか感動とかですね。

星田:
 たとえば僕らがどの期間、何本くらい打てばこうなるんですか。

山口:
 年齢にもよりますね。若い方が反応がいいです。打ったり、飲んだり、貼ったり、塗ったり、4パターンあります。

土屋:
 ここまでやって、止めれば戻るということですか。

山口:
 戻らないです。全く同じにはならないです。

西川:
 男性に投与した場合、こうなりますよね。たとえば女性でそれこそ胸が小さいとか、そういう悩みみたいなので打たれる方はいらっしゃるんですか。

山口:
 それは間違った考え方で、女性は生まれたときからずっと女性ホルモンに曝露されていますから、そこで出来上がっちゃっているんですよ。新たに入れてもほとんど反応はしないんですよ。むしろ乳がんとか子宮がんとか、がんのリスクが高くなってしまいます。

土屋:
 ホルモンを打つということは、ホルモンを生成するということでしょうか。

山口:
 いろいろパターンがあるんですけれども、飲み薬なんかでは妊娠した馬の尿から生成されたお薬もあります。

土屋:
 それはホルモンが出てるということですか。

山口:
 そうです。尿の中に女性ホルモンが混じっています。

星田:
 馬が一番いいんですか。

山口:
 量が多くて一番効率がいいんです。

西川:
 一時期、美容とかプラセンタとか、豚由来のものとか動物由来のものとかがあって、でもやっぱりヒトの方がいいんじゃないかという話もありますけれども、これは動物のものですけれども、中には牛乳とかも人間が分解できない成分もあったりするから、摂らない人もいるじゃないですか。そういうのは大丈夫なんですか。

山口:
 歴史的にはそういうのは少なくなっていて、ほとんど化学合成です。ある種の有名なお薬が依然として尿から作られています。

ホルモン療法で肥大化した陰核を前方へ。ミニペニス手術の具体的な方法

土屋:
 ここから性転換手術の流れを説明していただきたいと思います。

山口:
 ちょっと難しいんですけれどもMetoidioplasty(メトイディオプラスティ)と言いまして、この手術をしないと戸籍が変えられなかったんです。ところが2007年くらいからはこれがなくてもよくなったので、必要性が落ちているんですけれども、要するに「ミニペニス」と言われる手術ですね。

 ホルモン療法で陰核って大きくなるんです。通常のサイズの4、5倍になります。それをちょこっと前の方にずらすと、ペニスっぽく見えるですね。これを陰核形成と言います。そして尿の出口をだいたい5、6センチ前にずらすのを尿道延長と言います。

西川:
 これは女性から男性になるパターンですよね。

山口:
 そうです。膣を閉鎖します。

星田:
 なにかを継ぎ足すんじゃなくて、ぐっと前に伸ばすんですか。

山口:
 継ぎ足すんですよ。

IMALU:
 痛い痛い痛い……。

土屋:
 まだこれから痛いのが出てきますよ。

山口:
 これが陰核が元々あった場所からお腹側にずらしている絵です。元々おしっこが出る場所がここです。カテーテルという管が入っていますけれど、ここにあった陰核を神経と血管をつながったまま、もってきます。

星田:
 それはいわゆる、おちんちんを作るという作業ですか。

山口:
 大きくなった陰核をずらすと、そう見えるというものですね。次にいきましょう。

 こういうふうに膣の粘膜をひっくり返して、管を作ったり小陰唇の一部を使ったりして、三つくらい方法があります。元々の出口からずらします。

西川:
 なるほど。尿道の下にあるから、それを陰核の方につなげて……。

山口:
 陰核のすぐ下にずらします。

西川:
 もうガンプラやん(笑)!

山口:
 次にいきましょう。ここからお小水が出ます。

 ここにカテーテルが入っている状態です。陰核が下にあったのが、上にきています。次にいきましょう。

 これがビフォーアフターです。手術直後はお腹からお小水を出して、作ったばかりの水道管はすぐにお水を通せないので、何週間かこのままです。

西川:
 塞いで別のところからおしっこを出すんですね。

土屋:
 睾丸はどうなるんですか。

山口:
 脂肪をここに入れたり、シリコンのボールを入れたりします。ここにシリコンボールがあります。

西川:
 柔らかい!

KABA.ちゃん:
 あぁ~!

星田:
 なにこれ!? 入浴剤でこういうのあるよね。

西川:
 ジェルボールみたいな(笑)。

IMALU:
 柔らかい!

土屋:
 大きさもそれぞれあって選べるそうです。

星田:
 それは患者さんの体格によって大きさが変わるんですか。

山口:
 そうですね。

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ
公式Twitterをフォロー

アクセスランキング