ニコニコニュース

話題の記事

山本寛が次回作の新ビジュアルを大公開! 主人公は「バイオリン少女」!?

 「あにしゅがクリスマスフェスタ2016」のイベント会場にて行われた山本寛✕岡田斗司夫公開トークイベント~僕たちのクリスマスナイト~』にて山本寛氏が「来年(2017年)以降に僕の名前が載るプロジェクトがある」と発言。バイオリンを持つ少女のビジュアルなども公開され、岡田斗司夫氏からも「いろいろ聞いてもいいの?」と新作への質問が飛びだした。


バイオリンの少女は主人公? ヒロイン?

山本:
 詳しくは来年(2017年)以降にちゃんと発表しますけれども、僕の名前が載るプロジェクトを考えてます。

会場:
 うお~(拍手)

山本:
 ビジュアル出ますかね。出ますか?

岡田:
 おお、はいはい。

山本:
 まだタイトルは伏せてます。どういうフォーマットか、どういう媒体で発表するのかも伏せておきます。あえて引っ張ってやろうと思って。タイトルも入れるか入れないか関係者と協議したんですが……ヒントがちょっと書いてありはしますけれども。

岡田:
 左下にProject Twilight って書いてある。

山本:
 そんなことを考えてますよって、フリはしておこうかなと思います。もうこれで堪忍してください。だから、アニメを辞めることはないし、元・アニメ監督と書くのもやめてください。

一同:
 (笑)

岡田:
 俺が、さっきの画だけでいろいろ聞いてもいいの?

山本:
 どうぞ、答えられる範囲であれば。

岡田:
 Twilightっていうことは、闇と光の間じゃん。

山本:
 ま、画もそうしてました。

岡田:
 で、画を見たら、夕焼けかな? みたいな感じにしてるんだけど、Twilightって、もともとは、正気と狂気の間のことを言うよね。

山本:
 おお、トワイライトゾーンみたいな。

岡田:
 トワイライトゾーンもそうだし、DAICON IVのTwilightって曲もそうじゃない。あれも最初。正気の世界にいる人間に対して、狂気の世界からのメッセージを伝えようと。歌というのは、実は狂った状態とノーマルな状態の間のトワイライトの存在なんだっていうのが、テーマだったので……あんまり関係ないか? でも、そういうふうにすると古代ガイナックスっぽくなるよ(笑)。

山本:
 頂きました! ありがとうございます。そういうのを全面に押し出す気はないんですけど、僕の作り方というのが、そういうふうに作ってきたつもりなんで、それを出来る限りシンプルに。そういったフックになるような要素を出来る限り削ぎ落としてやろうかなとは思ってますね。だから、おっしゃることに近いといえば近いです。

岡田:
 女の子が主人公?

山本:
 まあ、そのへんは。

岡田:
 世界系が古い、遠景は古い、近景はもう飽きた。中景こそそろそろやるべきだ! の中景?

山本:
 その先に行ければなとも思うんですけど、あんまりここでハードルをパンパン上げると、蓋開けて「え~、この程度?」って思われるのもなんなんで。

岡田:
 他人の作品をみて、遠景とか近景とか気になるということは、自分の作品でやろうとしていることは、やや中景よりの近景か、遠景を意識する程度の中景かだと思うんだよ。

山本:
 昔から思ってるんですけど、全部やればいいじゃんと、なんでわざわざ遠景中景近景って選んでるの? っていうところから僕は始まっていて、それを出来る限りシンプルなカタチで、近景から遠景まで見通しよく見渡せる作品というのが、一番難しいんですけどね。

 それはとんでもない大作を作るわけでもないので、底抜け超大作になるか、あるいは本当に文学性の高い、なんだろう……シェークスピアでもないな。古典、うーん。そのへんは。

気になる公開時期はいつ頃か

岡田:
 全部で何分ぐらいあると思う?

山本:
 なんで、そんなに追い詰めるの?

岡田:
 だって、なんでも聞いていいって言ったじゃん。

山本:
 このふたつだけ言っておくと、トラウマなので、TVシリーズと続編を期待されるような作品は当分やらないでおこうと思います。このふたつは当分いいです。

岡田:
 でも、さっきの背中姿でバイオリン持っているだけだったら、どう見ても近景アニメに見えるじゃん。でも、それトリックだよね?

山本:
 うん。

岡田:
 ということは、ある程度尺ないと不可能じゃん。

山本:
 いや、そんなことないと思いますよ。新作ににあたっては、来年以降に分かってくると思っています。僕は文学青年じゃないけど、三島由紀夫とか、太宰治とか、川端康成とか触ってみたんですよ。触ってみたんですけど、短編の中にも中景遠景近景はあるんですよね。

 ちゃんとやればできるんですよ。僕がちゃんとやれるかはわからないですけど。僕はそれを確認したので、尺の問題ではないなと思ってて、もっというと、本当に何でもない。

 さっきバイオリン出てきましたけど、バイオリン弾いたというところだけで、遠景まで見渡せる。そういう世界観を築けるよう、今年はその研究に専念してた部分はありますね。

岡田:
 いつごろ僕らは観れるの?

山本:
 うん。がんばろう! がんばるぞ! としか言いようがない……。

岡田:
 そうなのか? 勘弁なのか?

山本:
 勘弁してください。出せるものは全部出した。

岡田:
 オリンピックまでは大丈夫だよね?

山本:
 オリンピックまでって、そんな超大作じゃないよ。

岡田:
 念のため聞くけど、東京オリンピックまでには観れるよね?

山本:
 もちろん。

「アニメ・マンガ・ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング