ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

雑談配信者・やみんが考える“黒染め強要問題”の奇抜な解決案「学年ごとに髪の色を決めればOK」

“髪の黒染め強要問題”から考える「日本の校則」

 「日本の校則は厳しすぎる? それとも妥当?」のテーマに、雑談配信者の横山緑さん加藤純一さんやみんさんは「妥当」という共通した意見。

 そのなかでも、雑談配信者・やみんさんが提案したのは、「地毛なのか染めた髪の毛なのかは見た目ではよくわからないので、『1年生=赤、2年生=青、3年生=黄』のように学年ごとに髪の毛の色を決めればOK」というもの。みんなでカラフルな髪の毛の色にすれば、“学校の髪の黒染め強要問題”も起こらなくなるのではという意見ですが、他の雑談配信者たちの反応は……?

編集/ノダタケオ( @noda

関連記事
「カラコンチェックで目に指を」「生まれつき茶髪→黒染めを強要」日本の校則って厳しすぎない?

体罰でも愛があれば許される? トランペット奏者・日野皓正氏の往復ビンタ騒動から考える指導者の体罰問題


やみんが提案する新ルール

やみん:
 私も(みんなと同じ意見で日本の校則は)妥当だと思うんですよね。ただ、黒髪とか茶髪とか金髪だと地毛なのかよくわからないから、私が新しいルールを決めるとしたら、1年生から6年生まで色を……(校則で決めて、全員で同じように髪の色を染める)。

西村博之(以下ひろゆき):
 見るだけで学年がわかると。

左から、横山緑さん、加藤純一さん、やみんさん、加瀬ちゃんさん

やみん:
 そう。1年生は赤って決めたらみんなが赤にすれば、「あれ、何年生かな?」というときにわかりやすい。

ひろゆき:
 便利だ。

加藤純一:
 体操服みたいだね。

やみん:
 そうそう。

やみんさん

ひろゆき:
 留年すると、髪の色を変えなくていいんだ。

やみん:
 そうしなきゃ(髪の色を変えては)いけないの。

ひろゆき:
 それ、便利で面白い。

やみん:
 (学年ごとに違う色にしているから)レインボーでいいかな、って。

ひろゆき:
 髪の毛にそういうシステムを使っても(よいのかも)。体育のジャージとかも(学年ごとに色が違う学校はある)からね。


関連記事
「カラコンチェックで目に指を」「生まれつき茶髪→黒染めを強要」日本の校則って厳しすぎない?

体罰でも愛があれば許される? トランペット奏者・日野皓正氏の往復ビンタ騒動から考える指導者の体罰問題

「生主」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング