ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

“ひふみん”こと加藤一二三九段、ガチゲーマー藤田綾女流二段の手ほどきを受けて『スプラトゥーン』に初挑戦! 「いや~空の景色がいいですね」→ 一同「爆笑」

 とある将棋番組で紹介された休日の過ごし方がTwitterで大きな話題になった藤田綾女流二段。ニコニコでは、そんな藤田女流を招いて「『スプラトゥーン2』ゲーム実況」と題した番組を実施。

 番組では「普段の将棋の中継とは違うので緊張している」と話す藤田女流をはじめ、山口恵梨子女流二段中村太地六段戸辺誠七段加藤一二三九段といった棋士が『スプラトゥーン2』のゲーム実況に挑戦。
 将棋の対局ではポーカーフェイスの棋士も今日に限っては喜怒哀楽を表情に出すなど、普段と違った一面を見ることができました。

番組のスケジュール。ゲームの合間に「将棋の時間」では詰将棋を解説

「藤田綾女流」がTwitterのトレンドに

山口:
 宮城県の男性からメールです。「藤田綾女流」がTwitterのトレンドに出ていて、スプラトゥーンが出来る女流棋士ということで名前が広がっていますが、どう思いますか? 言われることは増えましたか?

藤田:
 増えましたね。でも本当に面白いゲームなので棋士間でもはやってくれたのはうれしいなと思いますね。逆にスプラトゥーンをやっている方には、ぜひ将棋を覚えてほしいと思います。

山口:
 似ていますもんね!

左から、藤田綾女流二段、山口恵梨子女流二段

藤田:
 山口恵梨子女流二段もスプラトゥーンをやっているんですよね。ランクはどれくらいですか。

山口:
 ランク19くらいです。全然強くないんですけど。

藤田:
 結構一緒にプレイしていて、恵梨子ちゃんは攻めてきますよね。将棋と同じだと思いました(笑)。

山口:
 そうです。特攻して負けるみたいな(笑)。

藤田:
 人によって立ち回りが全然違うなと思います。実はスプラトゥーン1のときから一緒にプレイしていて、あと中村桃子ちゃんと香川愛生ちゃんと一緒に(ニコニコ超会議の)スプラトゥーンのブースに出たことがありました。

左から、山口恵梨子女流二段、中村桃子女流初段、藤田綾女流二段、香川愛生女流三段
画像は『スプラトゥーン ガチ盆まつり@ニコニコ超会議2016[DAY2]』より。
真剣な眼差しでゲームモニターを見つめる藤田綾女流二段と山口恵梨子女流二段
画像は『スプラトゥーン ガチ盆まつり@ニコニコ超会議2016[DAY2]』より。

藤田:
 実は女流棋士でスプラトゥーン甲子園に出ようっていう話をしていたんですよね。メンバーが私、山口さん、中村桃子女流、香川愛生女流。

山口:
 「女流棋士」だから「JKチーム」でいこうかって(笑)。

藤田:
 それで応募したんですけど、残念ながらすごく応募が多かったみたいで抽選で落ちてしまって……。

山口:
 今年もあるよ!

藤田:
 またみんなでやってみたいなと思います。

中村太地六段、将棋の醍醐味をスプラトゥーンから学ぶ?

中村太地六段

中村:
 こんにちは。

藤田:
 中村太地六段です。先生、よろしくお願いします。

中村:
 スプラトゥーン2をやりすぎというので、将棋界が騒然となっていますよ(笑)。

藤田:
 私が一番びっくりです(笑)。先生は王座戦挑戦ということで、おめでとうございます。王座戦は2回目ですね。

中村:
 1回目は4年前ですね。羽生王座に敗れてしまって、今回も羽生王座に挑戦するのですが、今回こそはという気持ちで頑張ります!

藤田:
 あの……今日はスプラトゥーンの放送なんですが、大丈夫ですか(笑)。

中村:
 将棋の醍醐味、陣地を制圧することに対しての術をスプラトゥーンから学んでいきたいと思います。

山口:
 コメント力がすごいですね(笑)。

中村:
 僕は初心者なのでいろいろと教えていただこうと思います。

藤田:
 でもスプラトゥーン1はやったことはあるんですよね。どうでしたか?

中村:
 ぬり絵みたいで楽しくて、相手の出方も見られて、武器も選べて戦略を立てられる感じは棋士でも好きな人は多いんじゃないでしょうか。

試しうちモードにて一通りブキを使用。その中でも、「マニューバーは桂馬」という藤田女流二段の例えに対して視聴者の賛否が分かれます
ナワバリバトルで様々なブキを試みる中村六段。試合終了直前、藤田女流二段にキルされたところでは、「あやちゃんw」「無慈悲」というコメントも流れました

藤田:
 茨城県男性からメールです。「スプラトゥーンをはじめとするテレビゲームと将棋の共通点をどうお考えですか」とのことですが、いかがでしょうか?

中村:
 スプラトゥーンは相手の武器によって戦い方を変えたりとか戦略性があるじゃないですか。あとは相手の出方を伺うというところでしょうか。自分の狙いを作って、その狙いが上手くいったときとかは、ゲームも将棋も気持ちがいいものですね。

藤田:
 そうですね。結構、共通点があるんですかね。

中村:
 やればやるほど上達して、出来ることも増えてきますからね。でもスプラトゥーンをやりすぎると将棋の駒がイカに見えてきたりしないですか(笑)?

藤田:
 見えないですよ(笑)。ただ、プレイしながら、(ゲームマップを将棋の盤面に置き換えて)「5五に敵がいる」って思ったりしますね。

山口:
 それってマップを把握しないと無理ですよね。

中村:
 たしかに、相当やりこんでいますね(笑)。

「ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング