ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

二重国籍解消を公表した小野田議員、前職は『ヘタリア×羊でおやすみシリーズ』等シナリオを手がける“乙女系コンテンツのプロデューサー”だった

 二重国籍を解消した参議院議員小野田紀美さんがコンテンツの制作現場が抱える労働問題をクールジャパン戦略推進特命委員として語ります。参議院議員山本一太さんのMCで意外な小野田さんの前職が明らかになりました。

参議院議員小野田紀美さん、公式サイトより。

戸籍謄本を公開した理由 言葉より証拠を

左から山本一太さん、小野田紀美さん。

山本:
 小野田さんのお父様はアメリカの方で、お母様が日本の岡山の方で、アメリカのイリノイ州でお生まれになった。それで二重国籍問題があったけど、それについてはしっかり説明をして、戸籍謄本まで見せて問題を解消された。その経緯をお聞きしたいです。

小野田:
 そもそも1歳のときに岡山に帰って来ていたので、アメリカの国籍を持っているということがよく分からないままになっていたんです。なので、国政に出る前に一度自分で確認をして、選挙に出る1年くらい前にアメリカ国籍放棄の宣言と日本国籍選択の宣言は終わっていたんです。

 つまり法的な義務は終わって選挙に出ていたのですが、努力義務であるアメリカの国籍を抜くという部分が出来ていなくて、その手続が終わって努力義務も全部終わったというご報告をしたところです。

山本:
 「戸籍謄本まで見せる必要がない」という人もいましたが、小野田さんは公開した。国会議員としてはそれが当然であるという考え方でしたよね。

小野田:
 やってますと言うだけでは信用出来ないでしょ? どなたとは言いませんけど。言葉で言うよりも証拠として書類を見せる、これ以上の証拠は無いでしょう。戸籍謄本の国籍選択日だけを見せればプライバシー、子供なども全く関係ないので、言い訳でしかないと思います。

山本:
 小野田さんの公約を見て、良いことが色々書いてあるけど何が一番やりたいのか、どうですか。やっぱり教育ですか。

小野田:
 一本これ、とは決めかねているのですが。私だから出来ること、例えば外国人に対する問題ですね。法整備、国籍の問題もそうですが普通の人が言うと「差別だ」と言われてしまうことを「差別ではない区別だ」と、必要なことは絶対にやってくというのは元外国人だからこそ出来ることがあるでしょう。

 あと私は母子家庭育ちで、貧困やいじめとか迫害もあって、わりときつい世の中のトラブルを抱えて生きてきたので、そういった現場の根本改善をしていけるような政策に取り組んでいきたいです。

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧