ニコニコニュース

話題の記事

上位3作品に人気が集中! “アニメ総選挙2018夏”アンケートの結果から2018年夏アニメの人気傾向を分析

 2018年10月13日に、2018年夏アニメ作品の中から「人気No.1アニメ作品」「人気No.1アニメキャラ」を選ぶニコニコアンケート“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏”が実施。

 約13万人のネットユーザーからの投票により、

「人気No.1アニメ」で『はたらく細胞』

「人気No.1アニメキャラ」で血小板(長縄まりあ | はたらく細胞)

がそれぞれ1位を獲得した。

 今回は、本アンケートの結果から、2018年夏アニメの人気傾向を分析していく。

★2018年夏アニメの人気傾向
・幅広い世代から支持を得た『はたらく細胞』
・前期とは異なり上位3作品に人気が集中
・今期のダークホースは『あそびあそばせ』と『プラネット・ウィズ』

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏”結果ページはこちら

幅広い世代から支持を得た『はたらく細胞』

 総合1位の『はたらく細胞』だが、男女別、年代別などすべての部門で1位を獲得しており、特定の層だけはなく幅広い層が楽しんで視聴していたことがわかる。

『はたらく細胞』の順位と得票率
総合:1位(18.46%)
男性:1位(15.20%)
女性:1位(29.80%)
10代:1位(22.74%)
20代:1位(18.65%)
30代:1位(16.32%)
40代:1位(18.70%)
50代:1位(21.63%)

 とくに女性からの投票が多いのが一目瞭然。

 ここで注目したいのがキャラ部門の女性ランキング。2位の獲得率5.68%の血小板ちゃんに対して、白血球(好中球)が12.78%という圧倒的な差をつけて1位を獲得している。

 今回、キャラ部門で血小板ちゃんが1位を獲得していることから、

『はたらく細胞』の人気の要因⇒血小板ちゃん人気によるものが多い?

と、見えてしまう部分もあるが、じつのところ白血球(好中球)推しの女性層からの投票も大きく影響していることがわかる。

 『はたらく細胞』がここまで圧倒的な人気で1位を獲得できた表のMVPは血小板ちゃんかもしれないが、影のMVPは白血球(好中球)と言ってもいいのかもしれない。

前期とは異なり上位3作品に人気が集中

 今回のアニメ作品ランキングトップ10を見ると、1位の『はたらく細胞』、2位の『オーバーロードⅢ』、3位に『あそびあそばせ』に票が集中している傾向にあった。

いちばん面白かった夏アニメランキング(10月13日アンケート)

順位タイトル得票率
1位はたらく細胞18.46%
2位オーバーロードⅢ11.81%
3位あそびあそばせ11.38%
4位プラネット・ウィズ4.30%
5位進撃の巨人 Season 33.74%
6位ハイスコアガール3.62%
7位少女☆歌劇 レヴュースタァライト3.21%
8位異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術3.02%
9位アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3期2.58%
10位ぐらんぶる2.34%

 男女別で見た場合も、これら3作品は上位5位にランクインしており、ほかのアニメに比べても頭ひとつ抜けている状況だ。

 これは、投票率に大きな差がなく、男女別のランクイン作品が大きく異なった2018年春アニメとは真逆と言っていい傾向にある。

 2018年春アニメが覇権不在の“群雄割拠”なら、2018年夏アニメは3つの大国に力が集中している“天下三分の計”に近い状況と言えるだろう。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!一番好きなアニメ&声優2018春”はこちら

今期のダークホースは『あそびあそばせ』と『プラネット・ウィズ』

 じつは、2018年6月30日に実施された春アニメアンケートでは、「つぎクールの期待するアニメ」という設問があり、視聴前の時点で期待されているアニメがどれなのかも発表されていた。

期待の夏アニメランキング(6月30日のアンケート結果)

順位タイトル得票率
1位オーバーロードⅢ15.5%
2位アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3期9.6%
3位進撃の巨人 Season 37.1%
4位中間管理録トネガワ4.9%
5位殺戮の天使3.7%
6位ヤマノススメ サードシーズン3.6%
7位はたらく細胞3.5%
7位Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説3.5%
9位銀魂 銀ノ魂篇(後半戦)3.4%
10位ぐらんぶる3.1%

 放送前での期待度ランキングではトップ10にランクインしていないにも関わらず、今回のランキング上位に顔を出した3位の『あそびあそばせ』と4位の『プラネット・ウィズ』は夏アニメにおけるダークホース的存在。

 とくに『プラネット・ウィズ』は、アンケート当日に放送された総選挙特番内で順位が発表されたときにも「まさか」なコメントが多数見られた。夏アニメ“隠れた名作”と言っても過言ではないだろう。

“ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018夏”結果ページはこちら

▼1位『はたらく細胞』第1話視聴はこちらから▼

はたらく細胞 第1話「肺炎球菌」

▼2位『オーバーロードⅢ』第1話視聴はこちらから▼

オーバーロードⅢ 第1話「支配者の憂鬱」

▼3位『あそびあそばせ』第1話視聴はこちらから▼

あそびあそばせ 第1話「等価交換」「チープなスリル」「遊び人」「優しい変態」

―あわせて読みたい―

ネットユーザーが選ぶ2018年夏アニメ人気1位は『はたらく細胞』に決定! その人気の秘密を分析してみた

やがて君になる、青春ブタ野郎、グラゼニ2期…注目秋アニメランキングをアニメ大好き芸人・ハライチ岩井が発表

豊作すぎる2018年秋アニメの注目タイトル10選! 激アツのバトルものから至極の萌え作品まで取り揃え

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング