ニコニコニュース

話題の記事

「もっとエッチな作品、明るい作品が増えてほしい」爆乳ゲームP・高木謙一郎氏がVRゲーム業界への希望を語る

 最近のゲーム界隈についてVジャンプ編集のサイトーブイさん、ファミ通編集の世界三大 三代川さん、ニコニコ動画の中野さんが語るトーク番組「ゲーム界隈井戸端会議」に「閃乱カグラ」シリーズなど数々の爆乳の女の子が登場するゲームを手掛けた、株式会社マーベラスの“爆乳プロデューサー” 高木謙一郎さんがゲストとして出演しました。

 番組では、視聴者から寄せられた「爆乳VRが見たい」というコメントに対して、高木さんが「まだ(ゴーグルが)大きい」と答え、現状のVRゴーグルがデートシチュエーションへの没入感を語りました。

左手前から時計回りに中野さん高木謙一郎さんサイトーブイさん世界三大 三代川さん

―関連記事―

「作曲を続けるか、経営に専念するか」ゲームサウンドクリエイター坂本英城の悩みを解決したのはCC2・松山洋の“作りつつ社長をやる”生き様だった

『クロノ・トリガー』音楽担当・光田康典がスクウェア入社面接を振り返るーー植松伸夫に「お前それ禁句だよ」と言われた理由とは


「乳と夢を掴め!」爆乳P高木さんの決めポーズ

世界三大 三代川:
 いつもインタビューさせていただくと“こういうポーズ”をされるのですが、あれは何のイメージなのかが気になるんですけれども?

何かをつかむような、高木さんのポーズを実演する世界三大 三代川さん。

高木:
 見たままですよ(笑)。「乳と夢を掴め」っていつも言っているんです。

サイトーブイ:
 そうなんだ(笑)。

高木:
 下から、こう持ち上げるバージョンもあるんですけれど……。

サイトーブイ:
 乳と夢を持ち上げるんですか(笑)?

高木:
 乳と夢をこう……理想と現実を天秤にかけるみたいな。

世界三大 三代川:
 どんどんかっこよくなるな(笑)。

高木:
 『ヒゲとボイン』【※】みたいな話ですよ。

※ヒゲとボイン
『ビッグコミックオリジナル』にて連載されていた小島功による漫画。ロックバンド・UNICORN(ユニコーン)の楽曲『ヒゲとボイン』(および同名アルバム)のタイトルはこの漫画が由来になっている。

サイトーブイ:
 そう言われると確かに……。

高木:
 深みを感じますよね。

サイトーブイ:
 現実の胸は結構重みがあるから、現実でいい気がしてきちゃいますけれどね。現実が爆乳なのであれば、それ以上の理想って結構すごくないですか?

高木:
 2つより4つのほうがいいかな(笑)。

中野:
 何の話なんでしょう(笑)。

サイトーブイ:
 「ブイは何を言っているんだ」ってコメントで書いてあるけれど、高木さんが言っていることはそういうことだから(笑)。

中野:
 (そろそろ)ゲームの話を……。

高木:
 気を付けないとすぐに脱線するので(笑)。

恋愛要素のあるVRの盛り上がりはまだ早い?

世界三大 三代川:
 「爆乳VRが見たい」ってコメントでも来ています。いきなり超脱線ですよ(笑)。

視聴者から「爆乳VRをぜひ!」というコメントが投下される。

高木:
 爆乳は実際に見たほうがいいですよ。なんでVRゴーグルで見なきゃいけないんですか?

一同:
 (笑)

サイトーブイ:
 そりゃそうですけれど(笑)。

世界三大 三代川:
 見たくても見られない人もいますし。

高木:
 今時そんなに高くないじゃないですか?

サイトーブイ:
 何の話ですか(笑)。

高木:
 VRセットを買うより安いですよ。

サイトーブイ:
 そうですね(笑)。

中野:
 コストパフォーマンスとかいろいろあるんじゃないですか?

高木:
 恥ずかしがらずにいろいろできるというのが……。僕もPlayStation VRを買いましたし。『VRカノジョ』はすごいびっくりしますよね!

『VRカノジョ』。
(画像はSteam公式サイトより)

サイトーブイ:
 すごいですか?

高木:
 すごいです! びっくりしました。

世界三大 三代川:
 へぇ……まだやったことないんですよね。

高木:
 パッと横を見たら脱いでいるんですよ、びっくりしますよ(笑)。

一同:
 (笑)

世界三大 三代川:
 (キャラクターが自分の横に)いる感じはするんですか?

高木:
 しますね。ほどよく非現実な感じが刺激としてはすごく新しいものを感じます。

サイトーブイ:
 実際にやられてみて、『VRカノジョ』とか『サマーレッスン』がある中で同じようなことをやるのはあれかもしれないですけれど。向いている、向いていないで言うと、やりたいジャンルじゃないですか?

『サマーレッスン』。
(画像はAmazonより)

高木:
 そんなこともないです。やっぱりまだ(VRゴーグルが)大きいというか、重たい。早くメガネくらいの大きさに技術者の人たちが作ってくれないかなと。そうしないと本格的な盛り上がりというのはちょっと……。

世界三大 三代川:
 アーケードとか、そういう体験型のほうになりつつありますよね。

「ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ
公式Twitterをフォロー

アクセスランキング