話題の記事

日本に漂着する北朝鮮のボロ船は工作活動のためなんですか? 元・朝鮮総連職員にストレートな疑問をぶつけてみた

大量の覚せい剤や密航者を運ぶ不審船

ニポポ:
 よく“不審船”って言うと、もう北朝鮮からしか来てないって思っちゃう節があったりするじゃないですか。それが結構実はいろんなところから来ていて。

安:
 あっ、そうなんですね。

ニポポ:
 さらに、それぞれで目的もいろいろあって。じゃあ僕がちょっと持ってきた資料を一回出しちゃおうかな。

ニポポ:
 お台場の船の科学館。あれ潰れちゃったんですよね。

安:
 えっ、そうなんですか。

ニポポ:
 この船の科学館が「自分たちも訴えなきゃいけないことをやりましょうよ」と言って、やっていた展示を見てみましょうか。

安:
 不穏な感じですね、これは。

ニポポ:
 そうなんですよ。実は日本の海、すげえヤバいことになってるんだよというのを教えてくれる展示だったの。

安:
 (笑)。

ニポポ:
 これがすごくためになる展示だったのよ。北方領土もホントに危機的な状況だし、竹島だってもう大変なことになってるし。東シナ海のガス油田開発だって、もうエライことやられちゃってるし、尖閣も大変なんだよ。これだけ大変なことになっているというのが、あまり報じられないんだよっていうことを教えてくれてる展示で。

安:
 モグラたたきみたいな感じじゃないですか。四方八方から(笑)。

ニポポ:
 さらに、模型であったり動画であったり、しっかりまとめてくれて、一つひとつをものすごく細かく説明してくれている。

安:
 重要ですね、それは。

ニポポ:
 こんな感じで模型なんかも使っておりまして、要は中国の油田開発っていうのは、日本の領海のこんなところを掘られているんです。要は日本のところの方が埋蔵量がデカいんだよね。それを細っている所から全部吸っちゃおうぜ、っていう作戦でやられてるんだよ、とかね。北朝鮮の工作船を引き上げたのは、中央のところだよ、とか。

安:
 日本はもう海とは切っても切れないですね。

ニポポ:
 あちこちからやってくる不審船から、密漁した海産物であったり、拳銃であったり、覚せい剤とかを密輸する。これとんでもない量ですよね(笑)。

安:
 30億円超。

ニポポ:
 末端価格何十億円か、みたいな(笑)。また笑うのがこの密航者の数だよね。もうとんでもない人数を密航させようっていう。守ってくれよ米軍(笑)。

安:
 難民とかですよね。これ。

ニポポ:
 そうそう。だからこんだけの人が発見されちゃったのがこれなんだけれども、発見されてないで密航してるヤツとか、実際は多分もっといるわけ。そういうのを、文字通り水際で食い止めてるんですよっていう。

安:
 密航者って実際どこの国籍なんですか? 私は北朝鮮はいないと思うんですけど。

ニポポ:
 僕もそんな気がしてる。例えば中国であったり、あっち系の。

安:
 東南アジアとかですかね。

不審船との銃撃戦も頻発している

ニポポ:
 工作活動で来ているんじゃないかと言われる船ですが、実は僕らが知らないだけで、銃撃戦とか結構あるんだよ。

安:
 なるほど。

ニポポ:
 ここの展示で、その時の動画を公開していました。まずはヘリで船を発見して、ずっと追跡をするんだよ。そして、旗とかで「もうここから来ちゃダメだ」とか、「これ以上来たら射撃するぞ」というサインを出したりする。それでもやっぱり船は止まらない。それどころか、向こうは攻撃してくるくらいなんですよ。「次のタイミングで発砲するから、このサイレンが鳴っているうちに帰れ」とサイレンを鳴らすけど、帰らない。

 そうなったら、ようやっと威嚇射撃をして、それでも聞かないんだったらと、船体に向けて発砲、という手続きを踏む。それを全部動画で見せてくれる。漁船っていったって、武器を乗せてたり、海上保安庁の船に体当たりしてくるものもありますからね。

安:
 なんか前に海上保安庁の人が動画を流出させてっていうのがありましたね。

ニポポ:
 「sengoku38【※】」とかありましたね。覚えてるか(笑)?

※sengoku38
2010年9月7日に発生した「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」において、尖閣諸島付近で違法操業を行っていた中国漁船と、日本の海上保安庁の巡視船「よなくに」「みずき」が衝突した際の映像を、動画共有サービス『YouTube』へ投稿した人物の名称。

 というように、不審船にも実はいろいろあるんだよっていうことね。向こうに伝えるのにも、英語、日本語、中国語、韓国語、ブラジル語だったり、いろんな言語で警告を出すんですよ。それくらい、いろんな地域からやって来てるってことなんですよね。

安:
 大変ですよね。

ニポポ:
 一概に不審船=北朝鮮ではないんだよってことなんだよね。

―関連記事―

【北朝鮮の車窓から】盗聴・監視は当たり前、旅客1人にお付3人の安心安全(?)な北朝鮮の旅に行ったらやっぱり色々ぶっ飛んでた

北朝鮮へ実際に行ってみたら日本で報道されてる以上に生活水準が高かった件

北朝鮮に行ったら「喜び組」と遊べたが「ハニートラップ」にかかりそうになった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「報道」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング