ニコニコニュース

話題の記事

日中同時配信の生放送CGアニメ『直感×アルゴリズム♪』はどうやって実現する!? NTTドコモの副島プロデューサーに聞いてみた

テーマは心有霊犀、話せなくてもお互いに気持ちは伝わる! 声優起用秘話

──先ほどストーリーをもっとメインに持っていくと仰っていましたが、前回の『みならい』は「ラジオのアニメ化」という側面が強かったと思いますが、今回は声優としてはまだ新人の鈴木みのりさんと岩井映美里さんを起用したのは、そうした成長物語を描こうという意図からなのでしょうか?

副島:
 お二人を起用した理由は色々あるのですが、中国の方から教えてもらったことわざで「心有霊犀(心有灵犀)」(シンヨーリンシー)という4文字の言葉があって。霊犀(リンシー)というのは霊獣で、犀(シー)は日本語では動物のサイになります。元々は中国の昔の唐の詩人 李商隠の詩の一節で「話せなくてもお互いに気持ちは伝わる」という、日本語でいえば以心伝心の意味になります。霊獣のサイは、簡単に言うと角が霊力のあるアンテナになっているのです。人の心には霊犀が有り、気持ちは言葉じゃなく想いを感じるだけで伝わるということなのだそうです。今回のテーマは、実はその以心伝心で、言葉や文化が違っている二つの国の人たちがどのように通じ合えるのか?というものがあります。その中で実際に歌やダンスでまずやってみる、もしかしたら言葉がわからなくてもお互いに通じ合えるものがあるかもしれません。

 鈴木さんは、ワルキューレでもご活躍されていて歌唱の部分も非常に優秀ということで、音響監督さんからご推薦をいただきました。岩井さんの方は実は幼少のころに中国に住んでおられて、比較的日本の文化も中国の文化も知っているんです。中国から来られた劉セイラさんの逆ヴァージョンみたいな感じで、岩井さんは日本人なんですけど中国に行って日本に戻ってきた。まだ新人ではあるのですが、そういったバックボーンをお持ちで、適役なのではないかと思っています。あとは、なかなか普通のアニメではないので、結構チャレンジ精神を持ってやっていかないといけない。前回の村川梨衣さん、山本希望さん並にチャレンジしていただけるような方なのではないかと思っています。

──直前発表会を見せていただいた時点だと、まだ中心となる部分については謎に包まれているという感じでしたが?

副島:
 まだ戸惑いながらやっている部分もありますけれど、実は収録パートのプレスコでは、もう最後の辺りまで録り終えていて、だいぶキャラクターとしての感覚は出来ています。あとは本番ではXiになってKilinになっていただいてる鈴木さんや岩井さんをご覧いただけるのではないかと僕も期待しています。

左から、Xi役 岩井映美里さん、Kilin役 鈴木みのりさん、西垣匡基(ヨーロッパ企画)監督

──実際の生放送では通信回線の心配もあれば、放送中のモーションキャプチャーの心配もありますよね。

副島:
 そうですね。そういう意味では生なので何が起こるかわからないですけど、理想としては何が起こっても楽しんでいただける方向に、『みならい』の時のようにできるとたぶんありがたいなと思いますね。

──前回はトラブル、アクシデントも含めて面白いみたいな感じでした。

副島:
 そうですね、『みならい』の監督の石ダテコー太郎さんは比較的そういうのも得意な方だったんで、それはそれですごくありだなと思いました。

──『みならい』はそうした対応が、皆さん出来る方でやっていたので、トラブルすらも面白く回していましたね。

副島:
 今回も多分、そうしたことが起こったらそういった対応にならざるを得ないので、今色々と西垣監督を含めて考えています。それでかつ日本だけやって中国だけスベっているみたいな状況にならないように、中国の人にとっても楽しいものにしなければいけないのです。

『直感×アルゴリズム♪』は「生CGを使ったドキュメンタリー」

──いわゆる普通のアニメは多くの労力を作画に注ぐ部分が、リアルタイムのモーションキャプチャーによる映像に変わるので、そうなるとエンターテインメントとしての比重がかなり変わってくると思っているのですが。

副島:
 西垣監督とかSEGAさんと、色々話すのは、今回はどちらかと言ったら生CGを使ったドキュメンタリーだと。前回の『みならい』でも生でしか出来ないことを徹底的にやっていて、今回も、そういう意味ではインタラクティブな部分を、しかも日本と中国両方の国を巻き込みながらどこまで出来るか? もしくは、やろうとしているけれどうまくいかない様も含めて、こういうことをやったという記録映像ではないのですが、その中にキャラクターの二人の成長を合わせて、ガチリアルドキュメントCGみたいな? そんなジャンルがあるかも分からないですけど、アニメCGの表現を使ったドキュメンタリーだと、ずっとスタッフ側は言ってますね。

──最後に、これから『直感×アルゴリズム♪』を見ようという方に、メッセージなどあればお願いいたします。

副島:
 おそらく普通のアニメを期待されて見ると、いろいろな意味で衝撃を受ける可能性はあるのですが、もし何か新しい体験をしてみたいとか、新しいものを見てみたい、ということに興味がある方は、ご覧いただければ何か新しいものを感じ取っていただけるのではないかと思います。この作品は純粋に見ていただくだけではなく、参加していただくことでより作品を楽しめる構造になっていますので、是非、見る+参加する形で、「新エンタメ体験」を実感していただけると非常に作り手側としてはありがたいですね。僕らも本番、粗相がないように、本番きっちり行くように万全の体制で残りの時間をかけて、一生懸命やります。

──ありがとうございました。

日中共同制作のバーチャルアイドルプロジェクト『直感×アルゴリズム♪』は、8月17日(木)20:20〜21:00 に『直感×アルゴリズム♪ 放送直前スペシャル』(出演:鈴木みのり・岩井映美里・西垣匡基)、続いて21:00〜21:30に『直感×アルゴリズム♪』第1話が放送開始!

プロフィール
TV番組リサーチ会社を経て、現在フリーランスのリサーチャー&ライター。映画・アニメとものすごくうるさい音楽とものすごく静かな音楽が好き。ニコニコニュースの他、SENSORS.jpなどで記事を執筆中。
Twitter:@suburbangraphic
Website:suburbangraphics.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング