話題の記事

中国の女性配信者が170万円の投げ銭ほしさにワインを大量一気飲み 過激すぎる配信中に命を落としてしまった事故を振り返る

 今回紹介する動画は、ゆっくりするところさんが投稿した『【2021年中国】投げ銭に目がくらみ、生放送中に白ワイン2Lを一気飲みし〇亡した女性【ゆっくり解説】』。
 中国人女性配信者が過激な企画にチャレンジし、配信中に死亡してしまった事故について解説しています。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


魔理沙:
 今回はリクエストの中から「動画配信」に関する事例を紹介したいと思う。厳密に言えば、これは生放送中に起きてしまった事故事例になる。

霊夢:
 こういう生配信中の事例って、映像がネット上に残されてたりするところも怖いのよね。でもこれって私たちにとっても他人事じゃなさそうだし。

魔理沙:
 それじゃ早速本題に入る。東アジアに位置する社会主義共和国「中華人民共和国」。ここは広大な草原、砂漠、山、14000キロを超える海岸線を有し、約14億人もの国民が暮らす場所だ。

霊夢:
 なんか、こういう系の事例って、中国で発生してるのが多いわね。

魔理沙:
 ああ。以前別の動画でも少し触れたが、中国本土からはYouTubeの利用は不可能になっているものの、独自の国内向け動画サイトやSNSなどがあり、10億人以上が利用していると言われているからな。

 また、彼らは視聴するだけではなく、配信者側に回り、動画配信・生放送などをスマートフォンなどで行い、そこから収入を得るというビジネスモデルが確立しており、それが若者を中心に大流行。

 自撮り棒やカメラを構え、配信している国民ばかりになっているような場所もあるという。

霊夢:
 国内向けだとしても、日本の10倍くらいは利用者がいそうだもんね。

魔理沙:
 ああ。それに中国では場所にもよるが非常に経済格差が激しい国でもあり、多くの国民はこの動画配信での一攫千金を狙い、配信者としての活動を始める人も多かった。今回の登場人物である「Aさん」もその生放送を行っていた一人だった。

 2021年。中国のとあるコメントが流れるタイプの動画サイトでは、数年前から配信活動を行っていた女性「Aさん」による生放送が行われていた。

 彼女は主に、生放送中に訪れた視聴者とコミュニケーションをとり、雑談や携帯ゲーム、様々な企画などを行っている配信者だった。

霊夢:
 へぇ、中国にもニコニコ動画みたいなのがあるのね。

魔理沙:
 ああ。中国にはいくつか動画配信サイトがあるが、Aさんは視聴者とのやり取りがしやすい、このサイトを選んでいた。

 このサイトでは視聴者が配信者に支援を行ういわゆる「投げ銭」ができるようになっており、Aさんは普段からファンからの投げ銭を幾度となく受け取っていた。

霊夢:
 好きな配信者を応援するやつね。

魔理沙:
 彼女が面白い企画を立て、それを放送するたびに、ファンたちは投げ銭を行い、Aさんはこれに大変喜んでいた。配信を始めた当初は、雑談が中心の比較的おとなしい内容の放送ばかりだったが、近頃の放送は徐々に過激になってきていた。

 激辛料理を無理やり一気に食べたり、ゲテモノ料理を食べたりして、彼女はさらに多くの視聴者を集めていった。そんなある日、Aさんは新しい企画を思いついた。それは放送中にルーレットを回して、止まった場所に書かれた行為を行うというものだった。

霊夢:
 バラエティ番組とかでよくあるやつね。

魔理沙:
 ただ、そこに書かれていたもののほとんどは、常識の範囲を超えたような量の唐辛子の一気食い、お酒の一気飲みや、虫を食べるなど、恐ろしいものばかり。

霊夢:
 虫はイヤアアア!

魔理沙:
 その中のひとつにだけ、「視聴者からの高額投げ銭」と書かれており、その場所でルーレットが止まれば、一人のファンが彼女にそこに書かれた金額分の投げ銭を行うという、天国か地獄か、といった内容のものだった。

霊夢:
 過激系YouTuberの典型って感じね。

魔理沙:
 ああ。Aさんは以前の放送で、視聴者たちと次に行う企画について話していた時、彼らのうちの一人が「その企画やってくれるなら、170万の投げ銭をしてもいいぞ」と発言。

 コメント欄は大いに盛り上がり、その代わりとして投げ銭と書かれた場所以外のルーレットには、罰ゲームの内容が書かれることになった。

霊夢:
 ひゃ、170万円!?

魔理沙:
 日本円に換算するとな。先述したが、中国ではかなりの経済格差、貧富の差があり、高額所得者の人々の間では、こういった投げ銭行為が流行していた。

 Aさんの放送にも、運がいいのか悪いのか、そういった視聴者が訪れていたんだ。そしていよいよ企画が始まった。Aさんは視聴者たちのコメントを読みつつ、早速ルーレットを回した。

 当然、当たりである投げ銭の部分には、なかなか止まるわけがない。最初のルーレットでは、激辛料理の部分にあたり、彼女は乾燥トウガラシの大量食いを行い、視聴者たちは彼女が苦しむ姿を見て喜んでいた。

霊夢:
 なんか、歪んだ娯楽よね。

魔理沙:
 彼女は2回目のルーレットを回した。次に止まったのは、テキーラショット5つの一気のみ。

霊夢:
 あぶな……そんなことしたら急性アルコール中毒になるわよ。

魔理沙:
 そして、次に止まったのは一気飲みと書かれた部分。コメントは大いに盛り上がり、Aさんは落胆しつつも、事前に用意していた白ワインの蓋を開けた。

 止まった場所には「白ワイン2本・からし一気飲み」と書かれており、彼女は瓶入りの白ワイン2本の蓋を開け、大きな透明のボウルの中に注ぎ始めた。

霊夢:
 ええええ!? そんなことできるわけないでしょ……。

魔理沙:
 カメラ前で座りながら、そのボウルにチューブのからしを入れ、口をつけて傾け始めるAさん。苦悶の表情を浮かべながらも、苦笑いをしながらそれをごくごくと飲んだ。

 相当苦しいのか、度々ボウルから口を放していたものの、それでも半分近くを飲んだAさん。すると、彼女はボウルを床に置き、咳をし始めた。

 視聴者たちは、コメントで彼女の姿を笑っていたが、どうも様子がおかしいことに気がつき始めた。そして、Aさんはそのまま後ろの方に倒れ込み、意識を失ってしまった。

霊夢:
 そんな事したらそうなるの当たり前でしょー!

魔理沙:
 視聴者たちは手のひらを返したように、Aさんのことを心配するコメントで溢れかえった。そして、視聴者の数人がサイトに通報し、ほどなくして彼女の部屋に救急車が到着。Aさんは近くの病院に搬送されたが、急性アルコール中毒による昏睡状態に陥っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

霊夢:
 う、うわぁああ! だから危ないって言ったのに……。

魔理沙:
 彼女が命を落とした原因は、言うまでもなく一度に大量のアルコールを摂取していたこと。人間は飲酒すると「酩酊」と呼ばれる、いわゆる酔っ払った状態になる。

 通常血中アルコール濃度が0.02%から0.1%程度で「ほろ酔い」と言われる、体がリラックスした状態になるが、0.3%を超えたあたりから「泥酔期」と呼ばれる、朦朧状態になってしまう。

 そして、これが0.4%を超えてくると、意識がなくなる「昏睡期」という、生命の危機を生じる状態になってしまう。

霊夢:
 だからAさんも意識をなくしてたんだ……。

魔理沙:
 しかし、どの程度から急性アルコール中毒となるのかについては、現在明確な基準はない。というのも、アルコールへの反応や代謝には、個人差によるところが大きいからだ。

霊夢:
 あ、そっか……。

魔理沙:
 「節度ある飲酒量」として、純アルコール換算で、1日平均約20グラム程度という、1日に飲む量の目安はあるものの、どのくらい飲めば急性アルコール中毒になるのかは定められていない。
 アルコールの吸収や分解、代謝というのは性別・年齢・体重・遺伝などによって人それぞれだ。

霊夢:
 だから、あくまでも目安なのね。

魔理沙:
 ちなみにこの純アルコール20グラムというのはアルコール度数5%のビールならば500ml。日本酒ならば一合、ウイスキーならばダブル一杯程度となっている。

霊夢:
 思ったよりも少なめなのよね。

魔理沙:
 Aさんが当時、放送中に飲んでいた正確なアルコール量は不明だが、彼女が飲んでいたのは白ワイン。白ワインは一般的に、アルコール度数5%から約14%程度あると言われており、ボウルに入れた2リットルの白ワイン、3分の1から半分程度は飲んでいたため、彼女の体内では急激に血中アルコール濃度が上昇。

 その血液が大脳に流れ、中枢神経が麻痺して意識不明状態となり、さらに呼吸中枢も麻痺状態となって、窒息を起こしていた。

霊夢:
 こわぁ……。

魔理沙:
 これは、中国で社会現象ともなっている動画配信中に発生した恐ろしい事故だったが、実は中国では以前からこういった過激なパフォーマンスを行い、生放送中に命を落とすような人が続出しており、各配信サイトでは危険な行為を禁止するなどの規約変更が徐々に行われている最中だった。

 彼女は視聴者をより多く獲得するために、過激なパフォーマンスを行うようになり、それを喜んだお金持ちが、彼女に高額の投げ銭を行うことでひどいゲームをやらせ、その結果死亡してしまうといういろいろ考えさせられる事例だったな。

霊夢:
 ほんとね……。なんか色々歪んでるわ……。

魔理沙:
 視聴者を楽しませるための企画やコンテンツの制作はいいことだと思うが、それがどんどん過激で危険なものになっていき、怪我をしたり死亡したりするような事故は、国内外とわず発生している。

 この企画を行うことを決めたのはAさん自身であり、「自業自得」と言ってしまえばそれまでかもしれないが、配信者は元より視聴者側もよく考えなければいけないことはあるかもしれない。

 こういったアルコールに関する事例を知ったら、自分はもちろん、他人に飲酒を強要したり、ハメを外しすぎないようにも注意したいな。

霊夢:
 もう少ししたら忘年会シーズンになるしね。みんな気をつけましょ!

 

 生配信に関連した悲しい事件でした。
 この解説をノーカットで聞きたい方はぜひ動画を視聴してください。


▼動画はこちらから視聴できます▼

【2021年中国】投げ銭に目がくらみ、生放送中に白ワイン2Lを一気飲みし〇亡した女性【ゆっくり解説】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―関連記事―

ドライアイスが大量に入ったプールに飛び込み、二酸化炭素中毒で窒息死 ロシアの人気インスタグラマーの誕生日パーティーで発生した悲劇の事故

子供が宙を舞う!? 危険すぎて数時間で閉鎖されたアメリカの「巨大すべり台」の騒動を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング