話題の記事

職業“便利屋”のスキルが異世界で活躍?『便利屋斎藤さん、異世界に行く』は剣も魔法も使えない普通の男が、努力して異世界に居場所を作っていく転生ファンタジー

 ニコニコ漫画「ComicWalker」にて掲載中の『便利屋斎藤さん、異世界に行く』は、平凡な便利屋の青年が異世界で自己の存在意義を見出していく物語です。

 現世で何者にもなれなかった斎藤さんが個性豊かな仲間たちとの触れ合いを経て、誰かにとっての“かけがえのない存在”になっていく様に心温まります。

ニコニコ漫画『便利屋斎藤さん、異世界に行く』エピソード一覧

作者:一智和智(@burningblossom

平凡な斎藤さんと愉快な仲間たち

 とあるダンジョンにて鍵をピッキングし、「サイトウすっげえな~」とパーティーメンバーから称賛を浴びる斎藤さん。

 彼は前世で便利屋として働いていたため、技術レベルの低いこの世界の錠前を突破することなど朝飯前のよう。

 もとの世界ではなかなか評価してもらえなかった自身のスキルを、当然のように認めてもらえて感謝される喜び。

 そして困難やピンチが訪れた際には、何の疑問もなく協力やフォローをしてくれる仲間たちがいてくれることに、斎藤さんは充実感を覚えていました。

 斎藤さんを襲うミミックを一太刀で斬り伏せてくれたのは、重戦士のラエルザ

 じつは兜の下には可憐な素顔を秘めているのですが、顔に負った傷を気にしてあまり兜を脱いでくれないというシャイガールです。

 先ほど魔法鍵を開けるのを手伝ってくれていたのは、ベテラン魔法使いのモーロックさん。

 ほかのメンバーと比べてもはるかに高レベルの実力者なのですが、年齢のせいか物忘れが激しいところが玉にキズなお茶目ジジイです。

 さらにここに、妖精にして神聖魔術師のラファンパンを加えて旅を続ける斎藤さん御一行。

 ちなみに彼女、貴重な治癒術の使い手ながら、仲間からも労働料をキッチリ取るというがめつい一面も持っています。

かけがえのない仲間

 ひとクセもふたクセもある仲間たちとともに、異世界を歩んでいく斎藤さん。

 大した戦闘力を持たず、魔法も使えない彼でしたが、何でも器用にこなせる便利屋としてのスキルでパーティーに貢献していきます。

 もとの世界では仕事を依頼してきたくせに「ぼったくり」と蔑まれるなど、心が荒むような経験も多々あっただけに。

 面当てを修理してあげた際にラエルザからかけられた「すごいな」というひと言や微笑みは、彼にとって大きな救いになっていました。

 斎藤さんの、相手のことを思いやれる性格を持つがゆえのきめ細やかな仕事は、妖精さん相手にも評判上々。

 ようやく彼も正当な評価を与えてくれる人々と巡り会えた――つまりは報われたのだなと、見ていて清々しい気持ちになります。

 そんな斎藤さんですが、ときには大きなミスをやらかしてしまうことも。

 今回は独断専行でトラップにハマり、奈落の底で身動きが取れなくなってしまった模様……。

 明らかに斎藤さんの失態であり、所詮は雇われの身である自分を危険を冒して助けにくる義理も仲間たちにはないと腹をくくった彼。

 いくらでも替えのきく程度の存在でしかなかった、元の世界での記憶が脳裏をよぎります。
 
 結局この世界でも自分は何者にもなれなかったのか? ……否、そうだとしたらあの充実感は何だったのか!?

 そんな斎藤さんの想いを肯定するように、息せき切らせて駆けつけてくれた仲間たち。

 落ち込む自分に対し、ラファンパンとラエルザからかけられた言葉がなんと温かいことか……。

 本来当たり前であったはずなのに、なかなかどうして得難かった“ギブ&テイク”の関係。それをやっと、斎藤さんはこの世界で手にしたのでした。

斎藤さんが魔法を……!?

 自分のことを必要としてくれる仲間たちのために、自分にしかできないやりかたで力になりたいと願う斎藤さん。

 そんな彼の奮闘は、まだまだ続いていきます。

 そろそろ現代知識無双にも限界を感じていた斎藤さんは、突然モーロックさんに対し「魔法を教えてくれ!」と懇願。

 しかし彼には魔法の素養などないはず。いくら何でも無理なものは無理なのでは……?

 ……と、思いきや。斎藤さんの狙いは“自身が魔法を使えるようになること”ではなく、“魔法をど忘れしがちなモーロックさんのサポート”だったのでした。

 まさに魔法の外部記憶装置ともいうべき彼の助力により、見事モーロックさんは敵を一掃することに成功。

 形にこだわらない泥臭さと、仲間を想って創意工夫できる心さえあれば、何でも武器になり得る。そんな斎藤さんの戦いぶりからは我々も勇気をもらえます。

 現代知識はあれど完璧超人とは程遠い斎藤さん。そして、何かしら一芸には長けていても抜けたところがある仲間たちが助け合う姿は素敵そのもの。

 皆それぞれ異なる人間臭さを持っている部分が描かれながらも、嫌な感じが一切しない絶妙さが本作の魅力。手放しで応援できます。

 そして最後には、なんとも異世界ファンタジーらしいオチが待っていることも!

 これもまた、ひとつの“充実”の形。この世界で生きる喜びを噛みしめる斎藤さんと、仲間たちの活躍が気になった方は、ぜひ続くエピソードをチェックしてみてください!

『便利屋斎藤さん、異世界に行く』コミックス第7巻は2022年7月23日より発売中!

(画像はニコニコ漫画『便利屋斎藤さん、異世界に行く』より)

ニコニコ漫画で『便利屋斎藤さん、異世界に行く』を読めるのはこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

―ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

・剣士になりたいのに魔法で超絶無双!? 『剣士を目指して入学したのに魔法適性9999なんですけど!?』は不本意な才能に翻弄される学園ファンタジー

・箱入娘(物理的に)が最強すぎる!『引きこもり箱入令嬢の結婚』はコミュ障すぎる令嬢VS好奇心旺盛な王子のホコタテ恋愛ファンタジー

・見守り系ファンタジーラブコメ『ダンジョンの幼なじみ』。剣士と黒竜王の甘酸っぱい日常がしこたま推せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マンガ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング