話題の記事

『FF10』でランダム封印縛りに挑戦!! ゲームクリアまでに9割の装備・アイテム・技が封印予定な狂気のプレイ

 ニコニコ動画に投稿される実況プレイ動画のひとつに、「ランダム封印縛り」というものがある。

 この縛りはその名の通り、レベルアップなどのタイミングでランダムに技や装備、アイテムなどが封印されていくというもの。

 自らの意思で武器やアイテムを制限する一般的な縛りプレイと異なり、何が使用できなくなるかわからず、重要なアイテムが早々に封印されたり、普通のプレイではあまり活躍しないアイテムが活躍するなど、独特のプレイが披露される。

 ランダムに制限される都合上、クリアにはかなりの苦戦を強いられ、場合によっては詰む可能性すらある、縛りプレイの中でも特に狂気にまみれた縛りのひとつだ。

 今回紹介するのは、そんなランダム封印縛りを多く投稿するほっしゅさんの新シリーズ。『[FF10]レベルアップで何かがランダム封印_Part1[制限プレイ]』。

 これまで多くの封印縛りに挑戦してきたほっしゅさんが挑戦する、『ファイナルファンタジーX』のランダム封印縛り。今回は狂気の縛りプレイをご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『ドラクエ7』レベルアップ毎に技・アイテム・職業封印⁉ さっそく“ゾンビキラー”封印の縛りプレイに「マゾ過ぎないか」の声

高難度のダンジョンRPG『世界樹の迷宮』ランダム縛りプレイ!レベルアップ毎に“アイテム・スキル”を使用不可にする過酷な挑戦シリーズをご紹介

『FF10』でランダム封印。クリアまでに9割封印予定の狂気の縛り

 今回紹介する『[FF10]レベルアップで何かがランダム封印_Part1[制限プレイ]』シリーズは、前述の通りレベルアップでランダムに装備やアイテムなどが封印されていく縛りプレイだ。

 封印縛りでは挑戦するタイトルによって対象や条件などが変化するが、今回は下記のような縛りが設けられている。

縛り内容
・スフィアレベルが1.5上がる度にランダムで対象をひとつ封印
  封印対象は武器・防具・アイテム・召喚獣・アビリティ・トリガーコマンド・武防具アビリティ・オーバードライブ
・武器が全て封印されたキャラクターは物理攻撃禁止
・初めて探索する区間(セーブスフィア間)は逃走禁止。ボスは試行回数殴りOK
・全滅時、経験値(AP)を再現
・戦闘終了時、全員がAPを取得する(APありの戦闘のみ)。無理な場合、1人死亡につき3封印

封印対象物について
武防具アビリティ「APなし」、「エンカウントなし」、アビリティ「とんずら」、「わいろ(稼ぎ以外での使用)」は禁止
武防具は改造前の名称を封印対象とする。改造後の名称の使用可否は、改造前に準ずる
ex)アーロンの武器の場合、スロット数の異なるベース武器×3&捕獲武器&七曜の武器の5種類となる
スフィアは基本パラメータUP4種とキースフィアのみ、封印されてもスフィア盤での使用は可

 本シリーズの注目ポイントはやはり、スフィアレベルが1.5上がる度に行われる封印の儀式。

 『ファイナルファンタジーX』には装備やアイテム、アビリティなど515の封印対象物があるが、ゲームクリアまでに9割の対象物が封印される予定だという。

 対象物の中でやや特殊な立ち位置となるのは武防具。本作の武防具は強化すると名称が変わり、どれを封印したのかわからなくなるため、本シリーズではベースの武防具が封印の対象となる。

 そのほか、武防具アビリティのAPなし、エンカウントなし。アビリティのとんずら、わいろ(稼ぎ以外での使用)も禁止だ。

 500以上の封印対象がありながらも、その9割が封印予定という厳しさの本シリーズは無事詰むことなくクリアできるのだろうか?

序盤は封印少なく、メンバーが増えるほど厳しい戦い

 レベルアップ時の封印と、その後のアドリブ力に注目なランダム封印縛り。本シリーズで初めて封印の儀式が行われたのはPart1の26分ほど。

 トロス戦後に封印されたのはルールーの武器である「バリアブル・モグ系」。これによりスロット数が2から3の武器が使用できなくなった。

 一部の武器は封印されるとそれなりの痛手になるようだが、本縛りではルールーが攻撃する予定もないようで重要度はE。攻略には影響がないようだ。

 ほっしゅさんの投稿するランダム封印縛りではなかなか珍しい、ゆっくりペースの封印となった初封印だが、キャラクターが揃うほど厳しい戦いになるとのことで、7人が揃った場合は戦闘ごとに2から3の封印が発生するという。

 キャラクターが揃うほど厳しいという話に偽りはなく、5名が揃ったPart3では3封印が発生し、重要度SのバイタルWが封印。

 ハイポーション2個で調合できるバイタルWは味方ひとりの最大HPを倍化できる技で、コストが低いだけでなく、後のシーモア第1形態から第2形態までの区間では重要な役割を果たす予定だったようだ。

 その後もペースアップした封印で続々と重要度A以上の対象物が消えてゆき、Part3にはキマリが敵の技を覚えるために必要な竜剣が封印

 本縛りでは青魔法での活躍も期待されていたキマリの強みがひとつ消えてしまい、動画が悲しみの感情に包まれている。とはいえ、Part1で発表された重要度ランキングTOP10には入っておらず、まだまだ余裕な様子だ。


 記事公開時点でPart22まで投稿中の『ファイナルファンタジーX』ランダム封印縛り。後半に進むほど厳しくなる本シリーズは無事クリアできるのか?ぜひ今後の展開に注目してみてほしい。

文/富士脇 水面

『[FF10]レベルアップで何かがランダム封印_Part1[制限プレイ]』

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたいい―
『ドラクエ7』レベルアップ毎に技・アイテム・職業封印⁉ さっそく“ゾンビキラー”封印の縛りプレイに「マゾ過ぎないか」の声

高難度のダンジョンRPG『世界樹の迷宮』ランダム縛りプレイ!レベルアップ毎に“アイテム・スキル”を使用不可にする過酷な挑戦シリーズをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング