話題の記事

全長90センチ! 『ポケモン』コイキングの実寸大フィギュアを3Dプリンターで作ってみた

 今回紹介するのは、kagerou works.さん投稿の『実寸大コイキング作ってみた。』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

実寸大でコイキングを作ってみました。
FDMプリンタによる3Dプリント出力です。
全長900mmの大型モデルです。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のkagerou works.さんが、コイキングを実寸大で作りました。全長なんと90センチ。3Dプリンターで制作しました。

 デジタル彫刻ソフトウェア「ZBrush」でモデリングをします。大きいので分割して出力します。一番大きなパーツは出力に106時間もかかったそうです。

 各パーツを接着し、隙間にパテを盛ります。その後、全体をヤスリがけし積層痕をならします。

 下地の塗装をして乾燥させます。消し切れていない痕にパテを盛ります。しかし、結局、全体をパテで覆うことになってしまいました。その後、パテを削り、ジンクススプレー、白サーフェイサーを吹きます。

 目、ヒレなど白い部分のシャドウをエアブラシで塗装します。次に、ヒレの黄色、胴体の赤をスプレー塗料で塗装し、赤のシャドウを入れていきます。

 マスキングを外し、モールドの窪みや目などに筆で墨入れします。ピンクの口も筆で塗装します。

 パイプ保護用のクッションにフレキパイプを仕込みヒゲを作ります。本体に、ヒレやヒゲを取り付けたら完成です。

 立派なコイキングができました。動画には、サトシくんにふんしてコイキングを釣り上げるカットも収録されています。ものすごく気合いの入った作品です。

視聴者コメント

大物
でかい

文/高橋ホイコ


▼動画はこちらから視聴できます▼

実寸大コイキング作ってみた。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

『ポケモン』進化キャンセルに失敗したコイキングがあまりにも切なすぎる! 「これが赤いギャラドスですか」「ロケット団もほしがらないやつ」との声

ポケモン“コイキング”がダンスに挑戦…できるわけなかった。 ひたすら跳ね続けるだけの期待を裏切らない展開に「世界一無駄な3分43秒」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング