ニコニコニュース

話題の記事

ボカロ界を支える映像クリエイター・藍瀬まなみ氏が語る「ボカロの出会い」から「映像制作に取り組む」まで 尊敬してやまない△○□×氏への熱い想いも!?

 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。

 53回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、そして今週のピックアップゲストコーナーには、ボカロの盛り上がりを支える映像クリエイター藍瀬まなみ氏が登場。

 ボカロの出会いや映像制作に取り組むようになった経緯、尊敬してやまない絵師・△○□×(みわ しいば)氏への熱い想い、作業スペースの紹介、そして今後の目標などについて話した様子を余すことなくお届けします。

左から、司会の百花繚乱氏、リモートゲストの藍瀬まなみ氏、ニコニコ代表の栗田穣崇氏

ボカロシーンの盛り上がりをPVで支える映像クリエイター藍瀬まなみ氏がゲスト出演

 藍瀬まなみさんは、2015年より活動されている映像クリエイターでボーカロイド作品をメインに制作。

 これまでに、Adoさんの「踊」MV、「マジカルミライ 2021」テーマソング「初音天地開闢神話」MV、「十年越しのラストピース / まらしぃ × 堀江晶太(kemu) feat.初音ミク」、「オルソドクシア / ぐちり feat.音街ウナ、鏡音レン」などの作品を担当。

 動画、イラスト、絵コンテ作成など、さまざまなスキルで活躍されている藍瀬氏には、現在、仕事の依頼が多く舞い込んでおり、 オーダーがあっても取り掛かるのは半年後になってしまうそうです。

──前回ゲスト、ピノキオピーさんより質問です。「藍瀬さんは、文字を前面に出している特徴的な映像を数多く作ってらっしゃいますが、“文字の出し方”について、気を付けているところはありますか?」とのことですが、

藍瀬まなみ:
 実際に見て頂くとわかりやすいと思うのですが、自分は歌詞を単語に分解してそれぞれに意味を持たせるようにしています。

アブノーマリティ・ダンシンガール / ぐちり feat.flower」を番組中に紹介

藍瀬まなみ:
 この曲では、「今サナギから/蝶になるの/」で分けて、蛹の形から蝶の羽のように歌詞を広げ、意味のある配置にしています。

──そういったアイデアはどのような時にうかびますか?

藍瀬まなみ:
 私はバイトにチャリを漕いで行ってるんですが、そんな時によく思いつきますね。

──売れっ子でお忙しい最中にバイトもしてらっしゃるんですか!? めちゃくちゃ忙しいですね!

藍瀬まなみ:
 そうなんです(笑)。

──ちなみにピノキオピーさんはご存じでしたか?

藍瀬まなみ:
 もちろんです。知らない人はいないんじゃないですか?
 ピノキオピーさんの「Floating Shelter」がめちゃめちゃ好きで、死ぬほど聞いてます!

──ニコニコを知ったきっかけを教えてください。

藍瀬まなみ:
 幼馴染がめちゃめちゃニコ厨で、小学生の頃「面白いもの見せてやるよ!」みたいなノリでその子の家で見せられたのがきっかけです。
 一番初めに見たのはハチさんの「マトリョシカ」の銀魂バージョンの動画で、当時は二次創作の文化を知らなかったので、「え!? 銀魂!? なんで?」ってなったのを覚えています。
 そのまま銀魂系のマイリストをいっぱい見せられました。

一同:
 (笑)

──今まで藍瀬さんが携った動画で一番思い入れのある動画はどちらになりますか?

藍瀬まなみ:
 まらしぃさんの「崖っぷちオーマイガール」です。

崖っぷちオーマイガール / まらしぃ feat.初音ミク」を番組中に紹介

藍瀬まなみ:
 自分は2015年から活動しており、長年伸び悩んでいたことや就活が近づいていたこともあり、昨年(2020年)に大学3年生で「そろそろ就活しないとヤバい!」「今年作家として躍進できなければ活動をやめよう」と決めていたんです。頑張っても報われないという期間も長かったので。

 そんな気持ちでいた2020年の6月、初めてまらしぃさんのマネージャーさんからご連絡を頂き、「こんな凄い人が埋もれていることに驚いた」と言って頂いた時、今までの人生が報われたと思いました。

──マイリスト「藍瀬 まなみを造りし10選」の曲たちは、 具体的にどこが影響を受けましたか?

藍瀬まなみ:
 このマイリスト、消し忘れてただけなんですよ! せめて名前変えておけばよかった。

・藍瀬 まなみを造りし10選
https://www.nicovideo.jp/user/48437035/mylist/70136377

一同:
 (笑)

藍瀬まなみ:
 やっぱり、「アヤノの幸福理論」「Notebook」なんかはめちゃくちゃ好きですね。泣けるしキレイだし。

──そういった作品はご自身の作品にも活かされていたりしますか?

藍瀬まなみ:
 そうですね。人の感情を動かしたいなと思っているので、こういった作品との出会いは大きいですね。中でも、△○□×(みわ しいば)さんは本当に最高です! 何度見ても新しいところなんかは凄すぎますね。

 例えば2012年とか2013年の頃はインターネット上にデザインがありふれている時代ではなかったはずなんですけど、その頃にこのデザインや映像を作れていたというのが凄すぎて。今見ても古臭さを感じるどころか素晴らしいしというのは本当に凄くて、一番好きですね!

──ボカロ楽曲に触れたきっかけを教えてください。

藍瀬まなみ:
 『初音ミク -Project DIVA-』というPSPのゲームを親が何気なく「これかわいいよね~」と買ってきたんですよ。
 そこから「初音ミク、超かわいいし歌もいいな!」と思うようになりました。

──ボカロ楽曲制作ではなく、映像制作方面に進んだ理由は?

藍瀬まなみ:
 当時は音楽の制作環境もないし、スマホもなくてガラケーだったんですよ。PVという存在も知らなかったですが、中学に入って初めてスマホでPVというものを見て、「ヤバッ!」ってなりました! そこからハマっていったのがきっかけですね。ちなみにその時見て衝撃を受けたのも、△○□×(みわ しいば)さんの作品です。

──今回は藍瀬さんの作業スペースのお写真をいくつかお見せいただけるそうですね。よろしくお願いいたします。

藍瀬まなみ:
 私の作業スペースはイラスト中心で、普通の映像作家さんと違い、液タブでイラストが直感的に操作できるようになっています。

栗田:
 △○□×(みわ しいば)さんのサインがありますね。

藍瀬まなみ:
 普段はここに置いてあるわけではなくて、祭壇に飾ってあります(笑)。

一同:
 (笑)

藍瀬まなみ:
 作中で感情を大切にしたいと考えているので、このような盛り上がりのポイントや演出、こう見せたいなというメモを書き込んだ紙を貼って、これを見ながら作業しています。書いておかないと忘れちゃうんで(笑)。
 1曲のPVに対して、このメモ書きは1~2枚に収めるようにしています。

──メモ書きで作業をすすめてアイデアが変わったりすることはありますか?

藍瀬まなみ:
 やっぱり初めに聞いた感覚と、実際に作り進めていった段階で感じ方が変わることはあります。そういった場合は、あとあと聴いてわかったことを追加で書いたりしています。それでも最初に聞いた感覚やイメージの方を大切にしていますね。

──このテンキーは普通に使っているわけじゃなさそうですね?

藍瀬まなみ:
 これはショートカットキーと言って、映像を作る時って「このボタンを押して、さらに別のボタンを押して……」というものが色々あるんですが、それを効率化するためにショートカットキーをまとめたキーボードになります。自分が使う頻度が高いものだけをまとめたカスタムキーボードですね。

──これらの機材は順番に揃えられたんですか?

藍瀬まなみ:
 コンビニのバイトをめちゃくちゃ頑張って一気に揃えました。

藍瀬まなみ:
 こちらは必需品なんですが、△○□×(みわ しいば)さんのA3サイズイラストが合法的に手に入ると聞き、購入した2019年カレンダーなのですが…、意図せず4月のミクリンが可愛すぎてめくれず、2年が経過したところです。

一同:
 (笑)

──これらの資料についても詳しく話を聞かせてください。

藍瀬まなみ:
 絵コンテを描く際に参考にしている道具たちです。
 映画って1コマ1コマに情報量が詰まっているじゃないですか、そういうものの作り方や切り抜き方を参考にしています。

 実は4月頃に△○□×(みわ しいば)さんと一緒に動画も作っていて、△○□×(みわ しいば)さんの方から「動画師を私にやってほしい」というお声がけ頂いたんですよ! それが嬉しすぎて、その時のDMを印刷して、この△○□×(みわ しいば)さんが出しているスケッチブックに貼って、時々見てます!

一同:
 (笑)

藍瀬まなみ:
 こちらは2015年、ミクパックという雑誌の伝説的な△○□×(みわ しいば)さんの表紙回です。表紙だけでなく、△○□×(みわ しいば)さん特集が組まれていて、今までのイラストやコメントが載ってるんですよ! △○□×(みわ しいば)さんが表紙をやると聞いて涙が出たのを覚えています。
 この本は自分のお墓に持って行こうと決めている一冊です!

──右手に包帯をされていますが、どうされたのですか?

藍瀬まなみ:
 めちゃくちゃ疲れているときに、「今日はカップラーメンでいいや」とポットでお湯を沸かしたところ、やけどしてしまったんです(笑)。

──そうなんですね……。お大事にしてください。ここまで△○□×(みわ しいば)さんへの愛がほとばしっていますが、改めてどのようなところが魅力だと考えているのか教えて頂けますか?

藍瀬まなみ:
 これまで作品に対してのリスペクトコメントが多かったと思いますが、△○□×(みわ しいば)さんの人間性も尊敬していて、もう10年以上Twitterをフォローしているんですけど、制作に対して弱音であったりネガティブな発言を一切されないんですよ。見ている人が「自分もやってみたい!」と思えるSNSなんですよ!
 なので、自分もそうなりたいなとSNSでの発信を心がけています。

──クリエイティブの話に戻りますが、楽曲を聞いて動画のイメージはすぐ湧いてきますか?

藍瀬まなみ:
 最初に聞いて、断片的に映像が流れるんですよ。それを大事にしつつ、空白の部分を考え、先ほどのメモ書きに落とし込んでいきます。

──PV制作にはどれくらいの時間をかけていらっしゃいますか?きょう

藍瀬まなみ:
 かなり早い方だと思うんですが、最短で絵コンテ入れて3日です。

──それは早いですね! 業界に3日で出来ると広まったら大変なので3週間って言っておいた方がいいですよ!

藍瀬まなみ:
 そうします(笑)。

──スランプに陥った経験はありますか?

藍瀬まなみ:
 いくら好きなものでも作りすぎると、もう作りたくないという時期がくるじゃないですか。そういう時はコンビとして一緒に活動している友達のアルセチカと話します。そうすると「藍瀬、大丈夫だよ!」って言ってくれるので、「アルセチカも頑張ってるし私も遅れを取らないよう、この人と肩並べられるようやらなきゃな」と何とかモチベを上げて頑張っています。

──以前noteに「ニコニ・コモンズは神!」と書いていただいていましたが、どんなところが神なのか教えてもらえますか?

藍瀬まなみ:
 もうクリエイター奨励プログラム【※】が神過ぎてありがとうございます!

※クリエイター奨励プログラム
ニコニコの投稿作品に対して奨励金を支払う制度。創作活動の支援、および二次創作文化の推進を目的としている。
第三者が投稿した動画(子作品)が自分の投稿した作品を「親作品」として登録すると、「子作品」の人気度に応じて「親作品」にもクリエイター奨励スコア(1pt=1円で交換可能)が得られる。
また、「コラボレーター登録」という制度があり、作品の共同制作者のアカウントを「コラボレーターを登録」することで、動画投稿者1人だけではなく共同制作者に「クリエイター奨励スコア」が分配できるようになる。

栗田:
 こちらこそありがとうございます。クリエイターさんたちにもっと収益を還元できるように頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。

・クリエイター奨励プログラムとは
https://qa.nicovideo.jp/faq/show/997

・コンテンツツリーとは
https://qa.nicovideo.jp/faq/show/994

・コラボレーター登録とは
https://qa.nicovideo.jp/faq/show/283

──藍瀬まなみさんにしか作れない「藍瀬まなみイズム」はどのようなものでしょう。

藍瀬まなみ:
 Twitterなどで最近のボカロや最近のMVについての言及をめちゃめちゃ調べてるんですよ。どういう風に見られているのか。すると「最近のボカロは一枚絵ばっかり」と言われていることが多いんですよ。
 私が初めて見た△○□×(みわ しいば)さんの作品って、2012年の頃からちゃんとした素晴らしい動画だったので、私はその頃に向き合っていた動画を作り続けていきたいなと思っています。

──ニコニコ大百科にまだ藍瀬まなみさんのページがないので作ってもらいたいところですね。そうなった場合、書いてほしいことなどありますか?

藍瀬まなみ:
 ページ自体を栗田さんに作っていただきたいです!

栗田:
 わかりました! ページの立ち上げを僕が行い、ユーザーのみなさんに肉付けして頂きましょう。

・藍瀬まなみ(アイセマナミ)とは(ニコニコ大百科)
https://dic.nicovideo.jp/a/藍瀬まなみ

──ニコニコに感じる問題点や、言っておきたいことなどありますか?

藍瀬まなみ:
 「動画師」ってイラストと動画両方できる人のこととして定義づけされていることがあるので、動画しかやっていない私のような人には人権が無いのかなと思ってしまうことがあるんですよ。

──あれだけ素敵なイラストも描かれてるじゃないですか! 人権の塊ですよ!

栗田:
 逆にイラストは描けるけど、藍瀬さんほどの動画を作れる方っていないですからね。
 運営としてお手伝い出来そうなことはありますか?

藍瀬まなみ:
 今、まきのせなさんが動画師のボカコレのようなイベント「ドガコレ」を企画しているので盛り上げて頂けると嬉しいです。

栗田:
 これは運営としてお手伝いさせて頂ければと思いますのでよろしくお願いいたします!

──ニコニコに感じる問題点などあれば教えてください。

藍瀬まなみ:
 私は今のニコニコに満足していて、リスナー目線で改革されていくことも凄いと思っています。ありがとうございます。

栗田:
 こちらこそありがとうございます。

──今後の夢や目標などございましたら教えてください。△○□×(みわ しいば)さんとの対談でしょうか?

藍瀬まなみ:
 △○□×(みわ しいば)さんはもう完成されているので、私はもう見てるだけで……。

一同:
 (笑)

藍瀬まなみ:
 個人的な夢としては、今自分が映像を担当しているボカロP「ぐちり」をアニメ化するまで見届けることですね。OPは自分の絵コンテで、絵師である「暇」さんのイラストが動いてるのを見た瞬間に一生を終える予定です(笑)。自分は下積み期間が長かったので、色んな方の応援が出来ればと思っています。
 あとは、これは言っていいことかどうかわかりませんが、△○□×(みわ しいば)さんの作るボカロMVをもう一度見ることが夢です!

──今日は貴重な話をありがとうございました!

番組インフォ

 『週刊ニコニコインフォ 第53号』の視聴はコチラから。アカウント登録不要でどなたでもタイムシフトを視聴できます。(スマートフォンから視聴する場合、ニコニコ生放送アプリのインストールが必要です)

 番組ではユーザーのみなさんからも「取り上げて欲しいこと」を募集しています。
 Twitterで「#週刊ニコニコインフォ」のハッシュタグをつけて投稿してください。自身で投稿した動画や生放送やイラストなどについては、さらに「#参加」のハッシュタグもつけて投稿すると、番組で紹介されるかもしれません。

 


■週刊ニコニコインフォの記事一覧
https://originalnews.nico/tag/週刊ニコニコインフォ

■週刊ニコニコインフォ ピックアップゲスト動画一覧
https://www.nicovideo.jp/series/166666


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「絵師」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング