話題の記事

『閃光のハサウェイ』「Ξ(クスィー)ガンダム」は従来のMSと何が違うのか? 超音速飛行や爆撃機のような重武装化を可能にした性能を解説

 今回紹介する、シュウ部屋chさんが投稿した『クスィーガンダム(ΞG) 解説【劇場版 閃光のハサウェイ】 part1【XIGUNDAM】』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、主人公のハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)が搭乗する「Ξ(クスィー)ガンダム」について解説していきます。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

劇場版 閃光のハサウェイシリーズ 第1回 
RX-105 クスィーガンダム(ΞG) の解説に
なりますので温かい目でご覧ください


従来のモビルスーツとは一線を画した革命的な第5世代モビルスーツ

魔理沙:
 ΞGはペーネロペーと違い、機体内蔵型のミノフスキー・フライト・ユニットを実装している。

霊夢:
 ミノフスキー・フライト・ユニット? ミノフスキー・クラフトじゃないの?

魔理沙:
 機能的には同じだが、劇場公開にあたり設定が変更されている。誤植かもしれないので、今後変更される可能性もある。さらに最新システムのビームバリアも装備している。このビームバリアはミサイルやビームに対する防御機能はもちろん、飛行機には波形を変化させたビームを進行方向に向かって放射して、大気の干渉を拡散させて空気抵抗を減らす役割がある。

 要はΞGはミノフスキー・フライト・ユニットとビーム・バリア、そしてこのフライト・フォームにて人形形態のままで大気圏内をマッハ2以上の速度で飛行が可能だ。

 ちなみに通常飛行時は、足部のみ前後に折りたたんだ状態でミノフスキー・フライト・ユニットを搭載した肩アーマーと背部のスタビライザーを展開することで、フライト・フォームとなる。フライト・フォームとビーム・バリアを併用することで、超音速飛行力と航続距離を獲得することができた。

霊夢:
 なるほど。ペーネロペーと違い、内蔵型のΞGは完成された第5世代モビルスーツと言えるわね。

魔理沙:
 型式番号的に後に作られた機体だしな。ただ画期的技術が投入された結果、機体がかなり大型化していて、腕部も標準的なモビルスーツサイズよりも、かなり大型化しており、ガンダムの名を冠してはいるものの、異形なシルエットを際立たせた形状になっている。

霊夢:
 従来のモビルスーツとは別物よね。

魔理沙:
 そうだ。装備している武装も大量にある。ΞGの手兵装として、ビーム・ライフル、これは過去のモデルに比べて2倍近い初速があるとされ、その威力はグスタフ・カールを一撃で破壊することが可能だ。

 ライフルのエネルギーパックは、本体の後端に備えている。ビーム・サーベルは左右の肩部に装備しており、モビルスーツを容易に両断するほどの高出力を有した。尚、RX-93と同じく柄の後端からもビーム刃を発生させることが可能だ。

霊夢:
 ビーム・ライフル、ビーム・サーベルとも高出力型なのね。

魔理沙:
 そうだ。さらにシールドを装備しているが、これは外装式の増加装甲で左腕に装備する。防御性能に関しては、メガ粒子砲の直撃にも十分耐えることが可能で、先端部にはビームキャノンを備えており、副兵装としての役割も有する。

霊夢:
 こう見るとRX-93に近い兵装なのね。

魔理沙:
 RX-93と違う兵装として、3連装ミサイルを機体各部に装備している。そしてΞG最大の兵装とも言えるのが、このファンネル・ミサイルだ。

霊夢:
 ファンネルミサイル? 従来のファンネルとは違うの?

魔理沙:
 違う。従来のファンネルでは大気圏内で使用すると機動性に問題もあるが、ビームの減衰により威力がかなり低くなってしまう。ファンネル・ミサイルはミノフスキー粒子下において、発射後に一定の軌道変更および追尾運動を可能にしたサイコミュ誘導式ミサイルになる。

霊夢:
 つまり迎撃もされにくく、一方的に攻撃が可能な大気圏内では一撃必殺ともいえるサイコミュ兵器なのね。

魔理沙:
 そうだ。それをΞGはリアスカートに10発搭載している。

霊夢:
 搭載しているミサイルは合計20発以上なのね。

魔理沙:
 そうだ。まさに爆撃機のようなモビルスーツだよな。これが可能になった理由としてはミノフスキー・フライト・ユニットのおかげだと思う。従来のモビルスーツでは、大気圏内でここまで重武装化すると、機能性に問題が出たからな。

霊夢:
 そもそも飛べないしね。

魔理沙:
 飛ぶためには、変形するか武装を極限まで減らすしか方法がなかったからな。ΞGは人型のまま空を自由に飛べて、超音速飛行も可能になり、爆撃機のような重武装化も可能となった機体だからな。

霊夢:
 ΞGは空中での三次元機動ができる時点で、サブフライトシステムに乗ったモビルスーツでは相手にならないしね……。


 機体内蔵型のミノフスキー・フライト・ユニットを実装し、より画期的技術の使用が可能となったΞG。より詳しい解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画を視聴してみてください。

▼動画はこちらから視聴できます▼

クスィーガンダム(ΞG) 解説【劇場版 閃光のハサウェイ】 part1【XIGUNDAM】

―あわせて読みたい―

『機動戦士ガンダム』ジオン軍の型式番号の法則を解読 MSM-02ジオングetc…番号からわかるモビルスーツの機体仕様

『機動戦士ガンダム』ジオン軍の主力兵器『ザクⅡ』開発史 モビルスーツ同士の格闘戦の経験が後継機「ゲルググ」に受け継がれるまでを解説

『閃光のハサウェイ』の見どころを生粋のガンダムファンが語る! 富野由悠季の原作が持つ世界観やクスィーガンダムのデザインの秘密、ヒロイン ギギ・アンダルシアの魅力について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング