ニコニコニュース

話題の記事

手作りの電車…? 自作のVVVFインバータ装置を積み込んだ5インチゲージ電車に「なんて気持ちいい発車音」の声

 今回紹介したいのは、VVVF製作所(CAD鉄道工房)さんが投稿した『【自作VVVFインバーター】5インチゲージ電車の走行実験 (東洋GTO,発電ブレーキ実験)』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

自作のVVVFインバーター装置を搭載した5インチゲージの電車を製作し、白馬ミニトレインパークで走行実験を行いました。詳しい製作過程はホームページでご紹介しています。http://vvvf21851.jp/
東武20050系に搭載されている東洋製GTOインバーターの変調パターンを適用しています。


 VVVF製作所(CAD鉄道工房)さんが5インチゲージの小型電車に自作のVVVFインバータ装置を乗せて走行実験を行いました。

 VVVFとはVariable Voltage(可変電圧)とVariable Frequency(可変周波数)の頭文字で、インバーターとは直流を交流に変換する装置のこと。つまりVVVFインバータ装置とは、電力を電車走行の動力源として適切な形に変換して主電動機(モータ)を駆動する制御装置です。

 走り出すとウゥーンと音が響き、「なんて気持ちいい発車音」の声が視聴者から上がりました。

 電車はしっかりと走り、線路周りの様子がどんどん変わっています。ブレーキ操作と加速を繰り返していますが、これは発電ブレーキの動作を確認するためです。

 足元を見ると沢山の配線が見えますね。

 高速走行時に強いブレーキを掛けると、パネルメーターが上昇しているのがわかります。

視聴者のコメント

・凄いなw
・なんて気持ちいい発車音
・結構速度出るのな
・鉄ヲタから金とれるれべるやんけ
・乗ってみたい

▼動画はこちらから視聴できます▼

【自作VVVFインバーター】5インチゲージ電車の走行実験 (東洋GTO,発電ブレーキ実験)

―あわせて読みたい―

フライトシミュレーターを手作りした猛者現る! セスナの操縦席を部品から自作し完全再現、パイロットも「実機に近い」と評価

歩行支援用パワードスーツをDIYしてみた! 自作部品の強度を測る引張試験機の制作からはじめてしまう“野生の研究者”登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング