話題の記事

“昭和犯罪史上最悪”と呼ばれる「津山三十人殺し」の一部始終。『八つ墓村』のモデルにもなった、恐ろしくも悲しい連続殺人事件を解説

 今回紹介する、ゆっくりするところさんが投稿した『【ゆっくり解説】裏切り者は許さない・・・八つ墓のモデルとなった『津山事件』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、昭和犯罪史上最悪とも呼ばれる「津山三十人殺し」を解説していきます。


体の弱かった男が猟銃と日本刀で村人を襲うまで

魔理沙:
 これは岡山県津山市の集落で、1938年(昭和13年)に起きた大事件だ。一般的に「津山事件」と呼ばれているが、犯人の名前から「都井睦雄事件」とも呼ばれる。これは小説『八つ墓村』のモデルにもなった事件なんだ。

 この事件の犯人は、都井睦雄という男性だ。都井は1917年に岡山県苫田郡加茂村、大字倉見(現在の津山市)に生まれた。二歳で父、三歳で母を肺結核で亡くし、祖母に育てられることになる。

 そして都井は小学校を卒業する頃に、肋膜炎を患い、医者から農作業をすることを禁止された。そのせいで都井は無気力になっていき、無為な生活を送っていた。その後病状は快復に向かっていて、実用補修学校に入学したものの、学業を嫌うようになり、家に引きこもるようになってしまい、同年代の人間との関わりもなくなっていった。

 1937年、二十歳になると、都井は徴兵検査を受けた。しかし肺結核との診断を受け、事実上の徴兵検査強不合格を突き付けられた。都井の徴兵検査の話はすぐに村中に広まり、それまで都井と関係を持っていた女性たちも、掌を返したように都井の陰口を言うようになった。


 当時、この村では夜這いの風習があったとされていて、都井も普通の女性と関係を持っていたらしい。徴兵に受かるというのは、ある種ステータスでもあって、強い男の象徴ともされていた風潮があった。その徴兵に不合格になっただけではなく、病気のせいで農作業もまともにできず、弱々しく生きるしかなかった都井問いに対して、集落の人は白い目を向け、かかわらないように距離をとっていった。

霊夢:
 村八分みたいにされてる。

魔理沙:
 都井には姉がいた。その姉だけは唯一の理解者だったが、結婚して家を出てしまっていた。結核による差別、徴兵不合格への嘲笑、関係のあった女性たちの裏切りによって、都井のプライドはズタズタに引き裂かれた。心のよりどころだった姉も近くにいなかったため、都井は人生に絶望した。

 その後、都井は狩猟免許を取得して、散弾銃を購入し、毎日家にこもっては射撃練習をする日々を送っていた。この頃から都井は自分をバカにした人間に復讐するために、犯行を準備していた。それにこの頃から都井は、姉と数名の人間に宛てた長文の遺言を書き残していたという。

霊夢:
 犯行が終わったら自害するつもりだったのかしら。

魔理沙:
 最初からそのつもりだったようだ。加茂町駐在所まで自転車での距離を測り、万が一逃してしまった標的が救援を求めるまでの時間を把握しておくなど、犯行に向けて周到な準備を進めていた。

 そして1938年、5月20日、17時ごろ計画が開始された。まず都井は電柱によじ登って送電線を切断し、集落のみを停電させた。この時の停電では村の人間は特に不思議に思わなかったそうだ。日が変わった21日1時40分ころ、都井はいよいよ行動を開始。

 詰襟の学生服に軍用のゲートルと地下足袋と、頭には小型の懐中電灯を両側に一本ずつ、はちまきで結わえ付けた。匕首、手には改造した猟銃を装備していた。

 それから都井はかつて心を通わせていた女性達や、自分の悪口を言った人間の家に乗り込んでいき、仰天する住人たちに対し、ある者は日本刀でぶった切り、ある者は散弾銃で頭を吹き飛ばし、ある者は股間にライフルを打ち込むなどして、わずか2時間で30人もの村人を次々と血祭りにあげた。

 そして犯行を終えたあとは、荒坂峠で自らの心臓に猟銃をあてて命を絶った。凶行中、自らを蔑んだ者に対しては容赦しなかった都井だが、最初から関係ない者、抵抗しない者には刃を向けなかったらしい。

 追加で遺書を書くため、紙と鉛筆を借りに最後に訪れたとある家では、そこで住む少年に「勉強して賢くなれ」と励ましの言葉送っていた。このことからも精神状態は正常だったと思われる。

事件のその後

魔理沙:
 都井は遺書の中で、以前自分と関係があったにもかかわらず、自分を捨て他所に嫁いで村を出ていった女性が里帰りしてきたことがきっかけだと語っている。事件が発覚し、警察の検分を終えて返却された都井の亡骸は、既に嫁いでいた姉が引き取って弔うことになった。心無い罵倒や、あらぬ噂を立てられ差別され、夫に責められながらも、姉は決して睦雄を犯罪者として蔑視することはなかった。

 事件後、犯人の都井が警察による取り調べを受ける前に自殺し、さらに多くの被害者が亡くなったため、生存者による証言しか残っていない。しかし生存者のほとんどが、亡くなった被害者の誰かしらと親戚関係にあるため、その証言はすべての罪を都井に被せるようなものが多くなっているという意見もある。

霊夢:
 小さな集落で起きた事件だし、生存者も少ないから情報が本当に少なかったんでしょうね。

魔理沙:
 都井が犯行を決意するきっかけになった女性は生還しており、その後ほかの集落に転居した。2014年の時点で生存が確認されていて、2020年には100歳を超えているが、彼女は被害者のひとりであるにも関わらず、「事件の原因を作った張本人」とみなされ、70年以上経っても地域社会から孤立させられていたという。

 貝尾集落には、事件当時を経験した人間はもう生存しておらず、過疎化も進んで、当時を知るものはほとんどいない。歴史の影に隠れて風化しつつある状況だが、日本の犯罪史上に名を残し、多くのフィクションや創作物に影響を与えた。その悲劇的な生い立ちに同情した人が、都井の墓参りに訪れることもあるという。

霊夢:
 殺人は肯定できないけど、たしかに同情できる境遇ではあったからね。

魔理沙:
 この事件を扱った作品は『八つ墓村』だけではなく、さまざまなものが作られているから、もし興味があったら見てみてくれ。

 視聴者からは「犯人の心情を察する第三者としては同情する」という意見や、一方で「人殺しに同情はできない」などというコメントも寄せられました。動画内では犯人の都井睦雄の遺書も紹介していますので、解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画をご視聴ください。


▼動画をノーカットで楽しみたい方は
こちらから視聴できます▼

【ゆっくり解説】裏切り者は許さない・・・八つ墓のモデルとなった『津山事件』

―あわせて読みたい―

目撃者38人が被害者を“見殺し”にした殺人事件が起きた理由とは? 人が見て見ぬふりをしてしまうメカニズムを心理学的に解説してみた

犠牲者30人以上とも言われる“遺体なき殺人”『埼玉愛犬家連続殺人事件』犯人・関根元の素顔に迫る「お前もやってみろよ。冷んやりして気持ちいいぞ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おもしろ動画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング