ニコニコニュース

話題の記事

『ドラクエ5』レベルアップ毎に縛り追加の鬼畜プレイ! キャラ・技・アイテムをどんどん封印されていく姿に「やべえよ やべえよ」と心配の声

 自身のプレイスタイルに制限を設け、よりハードなゲーム体験を楽しむ縛りプレイ。縛りの内容はさまざまだが、経験に自身のあるゲーマーであれば、一度くらい縛りプレイに挑んだことがあるのではないだろうか。

 筆者も「1プレイだけ○○」や「クリアまで通しで○○」など、ゲームをより楽しむ工夫のひとつとして、武器やキャラクター、プレイの方向性に制限をかけてプレイすることは少なくない。

 筆者を含め軽い縛りプレイを楽しむプレイヤーは多いが、世の中には目を疑うほどの縛りプレイに挑戦するプレイヤーも存在する。

 今回紹介するのは、視聴者から見切り発車を疑われるほど過酷な縛りプレイ実況。ほっしゅさん投稿の『[ドラクエ5(SFC)]レベルアップで何かがランダム封印_Part1[制限プレイ]』だ。

 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁(以下、ドラクエ5)』で、レベルが上がるたびにアイテム・技・キャラクターがランダムに縛られていくという視聴者の心配も納得の縛りプレイである本動画。

 今回は始まったばかりの過酷な『ドラクエ5』縛りプレイ実況、そのPart1の様子をご紹介する。

―あわせて読みたい―
『ドラクエ5』3人同時に花嫁にすることで「花嫁論争」に終止符!? 初代・PS2版・DS版の3画面で、ビアンカ・フローラ・デボラと結婚する動画が天才の所業

『ドラクエビルダーズ2』で『FF14』を作ってみた! ドラクエのキャラが歩く壮大な和風の街「クガネ」の完成度に「すごいわ本当」「ワクワク」の声

レベルアップ毎にランダムに最大6つのアイテム・技・キャラクターを封印!!

 今回紹介する動画は先述の通りレベルアップ毎にランダムに制限がかかる縛りプレイだ。プレイの様子を紹介する前に、まずは縛りの詳細を確認しよう。

 本動画シリーズの基本的な縛りは以下の4つ。

①レベルが1上がる度に、アイテム・技・キャラクターがランダムで封印
 ※パパスは封印されない
 ※主人公封印後、主人公のLvUPは可能
 ※両親が封印されるまで、息子と娘は封印されない。親封印時のレベルUP分を継承可能。
②逃走制限(その都度解説)
③敵撃破後のリセット、ひとしこのみ禁止
④Lvカンストキャラクターのみの経験値請負い禁止

 やはり注目なのは「レベルが1上がる度に、アイテム・技・キャラクターがランダムで封印」という縛りだろう。

 本プレイの軸となるこの縛りはレベルアップ毎に325種類のアイテム・技・キャラクターが記載された表で乱数を出力し、その数値が高い上位ふたつを封印。つまりは使用不可とするもの。

 主人公を含む主要キャラクターも封印対象であり、封印されたものによってはクリアすら心配になる重量級の縛りだ。

 この重量級の縛りを可能な限り回避する手段として戦闘での逃走や、戦闘リセットなどが考えられるが本プレイでは当然その手の攻略は禁止だ。

 本プレイではエリアごとに逃走の制限を設けており、そのエリアのダンジョンを攻略するまで経験値の魔の手からは逃れられない。

 また、『ドラクエ5』では敵モンスターを仲間にすることができるが、その勧誘に失敗した際や戦闘終了時に欲しいアイテムがドロップしていなかった際などにリセットする行為は禁止。

 レベルがカンストしているキャラクターだけに経験値を請け負わせる行為も禁止されている。

主人公+一部モンスターは1レベルアップ毎に6つの封印

 さて、これまでに紹介した基本的な縛りだけでも十分なハードな縛りに見えるものだが、ほっしゅさん曰くこのままでは主人公に経験値を請け負わせ、勧誘できるモンスターの幅を広げるだけでクリアが確定してしまう程度の内容のようだ。

 しかし、難易度を上げるため安易にレベルアップ毎の封印数を増やすとバランスが崩れてしまい、レベルアップに時間がかかる一部のモンスターを使用すればいいだけになってしまう。

 そこで、採用されたのが“主人公・おどる宝石・はぐれメタル・ギガンテス・の4キャラクターはレベルアップ毎の封印数を6にする”という特殊ルールだ。

 この特殊ルールにより通常キャラクターが活躍できる余裕を残しつつ、主人公による勧誘ゴリ押しが回避できるという。

 これでは主人公のレベルアップにより失踪不可避な苦行プレイになる予感がしなくもないが、ほっしゅさんは絶対に失踪しないと自信満々の様子。

 視聴者からは「マゾとしても成長してて草」、「これには歴代魔王も苦笑い」といったコメントが寄せられていたが「ベストな縛り内容に設定できた」と本当に自信があるようだ。

記念すべき初回から重要キャラクターが封印!! 先行き不安なランダム封印縛り

 苦行のような縛りプレイの内容を確認したところで、プレイの様子をご覧いただこう。

 Part1は序盤も序盤ということもあり、戦闘面などでは特に苦戦する様子はなく、ほっしゅさんの『ドラクエ5』の思い出やPS2版との違いなどを語りながら序盤のダンジョンであるレヌール城到着までのプレイが収録されている。

 本作の最序盤である主人公の幼少期では、とにか主人公が封印されないことを祈りながら、モンスターを勧誘するため主人公のレベルを上げていく

 記念すべき初レベルアップが確認できるのは動画時間6分ほど、グリーンワームやくびながイタチなど4体との戦闘だ。

 この時点ではパパスが加入していることもあり、まったく苦戦することなく戦闘に勝利。主人公のレベルアップということで6つのアイテム・技・キャラクターが封印される。

 出力した乱数によって封印されたのはスライム・ベホマラー・ホイミスライム・きあいため・はじゃのつるぎ・シャナク。

 注目の封印対象は表でも重要度SSSSSとされているスライムだろう。

 スライムは経験値やゴールドが獲得できないかわりに、命中すれば一撃で敵を撤退させることができるニフラムを低レベルで覚えることができるため、本プレイでは重要な役割を果たすと直前にも解説されていた勧誘可能なキャラクターだ。

 本来であれば一軍としての運用が可能であったスライムに加え、パーティー全体を回復する呪文ベホマラーと回復役を担うホイミスライムが封印。

 初回とは思えない酷な封印内容に画面もモノクロに変化。心情を表しているようだが、こんな縛りをするのだからと視聴者からは「喜んでるのバレバレだぞ」といったコメントが寄せられていた。

 また、今回プレイするスーパーファミコン版の『ドラクエ5』の実況プレイといえばビアンカ・フローラの花嫁論争に触れられるのが定番だろう。

 本プレイでは論争はともかくとして、封印を考慮するとベホイミを初期から習得しているフローラが回復要因として採用される予定であった。

 “であった”ということは、そう。封印されたのである。

 フローラが封印されたのはPart1の10分ほどの戦闘。初回レベルアップ同様に乱数を出力すると、回復要因として採用予定であったフローラをはじめ、まもりのたね・おうごんのティアラ・しあわせのぼうし・ゴーレム・みずのはごろもという比較的重要度の高いラインナップが封印されてしまった。

 これにはまたまた画面がモノクロに変化。あまりのも酷な封印内容に視聴者からも困惑のコメントが多く寄せられていた。


 Part1から酷な封印が続いた『ドラクエ5』ランダム封印縛りプレイは、執筆時点でPart2まで投稿中。ほっしゅさんは『ドラクエ4』と『ドラクエ8』でもランダム封印縛りを投稿しているため、新シリーズと併せてぜひご覧いただきたい。

 

文/富士脇 水面

[ドラクエ5(SFC)]レベルアップで何かがランダム封印_Part1[制限プレイ]

―あわせて読みたい―
『ドラクエ5』3人同時に花嫁にすることで「花嫁論争」に終止符!? 初代・PS2版・DS版の3画面で、ビアンカ・フローラ・デボラと結婚する動画が天才の所業

『ドラクエビルダーズ2』で『FF14』を作ってみた! ドラクエのキャラが歩く壮大な和風の街「クガネ」の完成度に「すごいわ本当」「ワクワク」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング