ニコニコニュース

話題の記事

『スター・ウォーズ』ジェダイ教に40万人が入信!? イギリスの国勢調査で起きた衝撃の出来事を紹介してみた

 今回紹介する夢の回転ユキダマさんが投稿した『【ゆっくり解説】3分でわかるジェダイ教』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、映画『スター・ウォーズ』に登場するジェダイに影響された人々が、国勢調査で宗教を「ジェダイ」と回答した珍騒動について解説していきます。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

なお現在では信者数が半分以下にまで減少している模様。


映画『スター・ウォーズ』が宗教に

 ジェダイとは1977年に公開された映画『スター・ウォーズ』に登場する超能力者集団である。フォースという宇宙エネルギーを利用して、未来予知やらサイコキネシスやらを身につけ、レーザーでできた刀を振り回すという、監督の東洋趣味満載の設定が盛りに盛られている。『スター・ウォーズ』とはフォースの力を善に使うか悪に使うかを巡る、壮大なスペースオペラなのである。

 ジェダイにはフォースにもとづく独自の宗教がある。善悪の選択、子弟を通した継承、宇宙との合一。ジェダイの宗教はたしかに独特だけど、所詮は映画の設定でしかない。

 ジェダイ教最大のやらかしは、2001年の国勢調査である。イギリス文化圏で一斉に行われたそれは、多くの人々を驚愕させた。オーストラリアでは7万人、ニュージーランドでは5万人、イギリスではなんと40万人弱の人間が、自分の宗教はジェダイであると答えたのである。

 ことの発端は国勢調査前に広がったチェーンメールである。そこには「無神論者はジェダイと答えよう」と書かれていた。あろうことか、何十万人ものバカがそれを真に受けてしまい、ジェダイ教は突如統計に表れたという次第である。しかしながら政府のお偉方は大激怒。大事な国勢調査を妨害したとして、次にジェダイを名乗れば罰金するとまで言った。

 また宗教勢力もジェダイ批判に参戦する。キリスト教の司祭は不真面目が増えたのは、信仰が堕落した証拠であると嘆き、ジェダイに信者数を抜かれた諸宗派も国民の軽薄さをたしなめた。だがそんなジェダイ教を一番強く批判したのは、実は熱心な無神論者たちだった。

 ジェダイの支持基盤にはチェーンメールにもあったように、教会に不信を持つ無神論者が多かったため、ジェダイ教徒が増えることで、統計上の無神論者の割合が減ってしまったのである。くわえて「フォースを信じる」という発想も、無神論の説得力を失わせるとして怒りを買った。そのためジェダイを名乗ることは、無神論の勢力を弱体化させる利敵行為であると激しく批判されたのである。

 ジェダイだと名乗った人の多くは、おそらくジェダイ式の礼拝などしていないだろう。「クソ真面目でつまらない宗教信者数ランキングにジェダイのひとつでも入っていれば面白いだろう」と思っただけの人が多いだろうな。宗教の選択がそんなに軽くていいのか? いやむしろ推しの映画を決めるような感覚で宗教を決めてもいいじゃないか。ジェダイ教の躍進にはそのような、ある種の軽さがある。

 というのも、現代人にとっては聖書よりも優れたエンタメのほうが身近な場合があるからだろう。私たちは映画を見て人生の指針を見つけ、アイデンティティを構築することができる。ある熱心なジェダイ教徒はこう言っている。「もしキリストが規制されたとしても、私は子供のように戸惑うことしかできない。しかしスター・ウォーズが規制されたなら、私はシスに与する覚悟がある」。

 何が人生を豊かにするかは人それぞれである。でも調子に乗ったオタク共が宗教認可申請しまくったりもしている。政府が激怒したのも、コスプレ集団に免罪符を与えないようにするためでもあったのだ。新興宗教の承認はいつだって難しいものだ。

 ジョーク交じりのチェーンメールが発端だったこの騒動。しかしながら「フォースの力」を信じて活動するジェダイ教の人はかなりの数にのぼるようで、名作映画の影響力には驚かされてしまいますね。解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画をご視聴ください。

視聴者コメント

ぼくもジェダイ教です
もう笑うしかないwwww
完全に2chののりじゃねーか
まぁ、宗教もようは推しの神様なわけですし
シス教に入信は草

協力/SmileS

▼動画をノーカットで楽しみたい方は
こちらから視聴できます▼

【ゆっくり解説】3分でわかるジェダイ教

―あわせて読みたい―

『スター・ウォーズ』に出てきそうなホログラム装置を作ってみた!360度どこからでも見れる立体ディスプレイに「原理がわからんけどすごい」の声

自作されたスター・ウォーズのライトセーバーがめちゃカッコいい! 8年かけてシュォーンと自動伸縮する機構を製作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「映画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング