ニコニコニュース

話題の記事

リマスター版『ロマサガ3』を実質5分でクリアするRTAが投稿。プレイ時間よりエンディングのほうが長くなる異常事態に「また壊したのか……」の声

 過去に発売した作品を現代の技術を持って美しく生まれ変わらせるリマスター作品は、リメイク作品と違い美しい映像でオリジナルに近いゲーム体験を楽しむことができる。

 リマスター作品は映像が美しくなるだけでなく、当時の設定では理不尽であったパラメータや本来の意図から外れる挙動などのゲームシステムの調整が行われることも少なくない。

 通常であれば美しく遊びやすくなるところだが、この影響により楽しんでいた遊び方ができなくなってしまう人々もいる。RTAや縛りといったやりこみプレイを楽しんでいるプレイヤーたちだ。

 最近では『スーパーマリオ 3Dコレクション』に収録された『スーパーマリオ64』は既に一部のバグ修正が行われた後期型が土台となっていたため、長年RTAで親しまれてきたケツワープなどのテクニックが使用できず、昔と変わらないRTAはリマスター版ではできなくなってしまっていた。

 さて、今回紹介するのはリマスター版のRTAに関する一本の動画。おやつさん投稿の『【新バグ使用】ロマサガ3リマスター NG+ RTA in22:02.50』だ。

 この動画は過去にオリジナル版で発見されたバグや仕様をうまく使ったテクニックのほとんどが修正されていたリマスター版『ロマンシング サガ3』(以下、ロマサガ3)で新たに発見されたテクニックを使用し、実質5分ほどでクリアしてしまったRTA動画だ。

 今回は熱心なプレイヤーたちの研究によりオリジナル版とは違った発展を見せているリマスター版『ロマサガ3』RTAの様子をご紹介する。

―あわせて読みたい
『ロマサガ3リマスター』で「ひたすら楽して」プレイ! 苦労を惜しまないハードすぎる縛りプレイシリーズの最新作をご紹介

『FF7R』クラウドソロパ、レベル最低限、ノーダメージ…縛りだらけのプレイ実況がスタート。最序盤からリテイクの嵐で今後が楽しみすぎる件

新たに発見されたテクニックを使った強くてニューゲームRTA

 24年ぶりにHDリマスターとして蘇った『ロマサガ3』はグラフィックが美しくなっただけでなく新要素も追加。

 オリジナルにはなかった新ダンジョンの追加や冒険の内容を辿る冒険記の追加、データを引き継いで周回プレイが楽しめるいわゆる強くてニューゲームモードなどが追加されている。

 今回行われたのはそんな新モード強くてニューゲームを使用したRTAのNG̟+RTA

 長い間研究された結果生まれたテクニックの多くが使用できなくなっていたリマスター版だが、熱心なプレイヤーにより新たなテクニックが発見されているようで、最近発見されたばかりのテクニックを使用することで通常では考えられないタイムでクリアすることができるようだ。

実質5分でゲームクリア!? ラスダンからスタートするニューゲーム

 最近発見されたばかりのテクニックを使用してとてつもない速さでゲームをクリアしてしまった今回のRTA、実際のプレイの様子を抜粋してご紹介する。

 今回のRTAではOPデモの世界に入ることができるテクニックを発展させたテクニックを使用しているとのことで、レギュレーションに従ったタイマーのスタート前から戦いが始まる。

 まずはOPデモ中にワールドマップが表示されたタイミングで特定の操作を行うことで、強くてニューゲーム開始時の座標を調整

 座標調整が済むとタイトルに戻ってデータ引き継いでニューゲームをスタート。RTAのレギュレーションではここからタイマースタートとなる。

 トーマスを主人公を選択し、ゲームを進めると仕込みの影響により直後にメニューが開かれるため、セーブしてタイトルへ。

 タイトルへ戻らずメニューを閉じてしまうとOPイベントが始まってしまうのだが、セーブしたデータをロードすると引き継ぎ元と同じラストダンジョンであるアビスからゲームを開始することができるとのこと。

 ロード直後にメニューから陣形や配置を変更。強くてニューゲームの仕様上、初期武器しかないため最大まで強化されている体術で戦えるように装備や技を変更。ラスボスを弱体化させるためビューネイを撃破してからラスボスへ挑戦している。

 ラスボス戦は3ターン撃破と行動パターンが変化する闇の翼形態をスキップすることが目標とされているものの、強くてニューゲームではHPが引き継がれないため、今回のプレイではダメージ=即死となるためかなりの運ゲーになるようだ。

 いわく「強力な技のタイガーブレイクを使ってくれること」、「敵の攻撃が行動済みのキャラに向かうこと」、「実質全滅を意味する全体攻撃が来ないこと」を祈りながらボタンを連打するしかないとのこと。

 動画ではお祈りが効いたのかはなんとタイマースタートから5分ほどでラスボスを撃破。レギュレーションに従ってタイムはエンディング後のロゴが表示されるまでの22分02秒となっているものの、実質5分でゲームをクリアする結果となった。


 20年以上の時を経ても熱心なプレイヤーによって楽しまれ続けている『ロマサガ3』。最新のテクニックを使用し行われた爆速RTA、動画ではプレイと共に詳細な解説行われているためぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

【新バグ使用】ロマサガ3リマスター NG+ RTA in22:02.50

―あわせて読みたい―
『ロマサガ3リマスター』で「ひたすら楽して」プレイ! 苦労を惜しまないハードすぎる縛りプレイシリーズの最新作をご紹介

『FF7R』クラウドソロパ、レベル最低限、ノーダメージ…縛りだらけのプレイ実況がスタート。最序盤からリテイクの嵐で今後が楽しみすぎる件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング