ニコニコニュース

話題の記事

強烈にサビついたダッチオーブンを磨いてピッカピカに! 数十年放置されたオーブンを2~3日かけて復活

 今回紹介するのは、ゴズさんが投稿した『数十年放置された錆びダッチオーブンをレストア(シーズニング)してみた』という動画です。「アウトドア」カテゴリランキングで最高で2位を記録しました。


 サビサビになったダッチオーブンを磨いて復活させました。だんだんピカピカになっていくところは、見ていて気持ちいいです。

 実家の納屋でダッチオーブンが発見されました。親御さんの記憶にもないそうで、数十年モノの可能性があります。

 水で軽く洗い、金だわしで磨きます。1時間くらいかけて磨いたところ、フタの色が変わってきましたが、まだまだサビが残っています。

 金だわしでは太刀打ちできないと判断。カップワイヤーを使います。グラインダーに取り付けて、ぶいーーーーーんと一気に磨きます。さすが現代技術。サビをあらかたとることができました。

 細かいサビを真ちゅうブラシで落とします。

 使えそうなくらいにまでサビが取れました。長持ちさせるためにシーズニングを行います。

 スウェーデントーチに火をつけ、調理開始です。鶏肉・ジャガイモ・タマネギの香草焼きができました。そのお味は、「はちゃめちゃにうめー」そうです。見ているだけでヨダレが出てきます。時間をかけて磨いたダッチオーブンで作った料理は格別ですね。

 かかった費用は総額800円ほどでしたが、2~3日かかったそうです。見事によみがえったダッチオーブンに、「こうやってみるとほんと鋳物は一生ものやな」などのコメントが寄せられました。

視聴者コメント

お美事
生き返ったオーブンも喜んでるね
美味いだろなあ
最高
使い込むうちに愛着わくよね

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

数十年放置された錆びダッチオーブンをレストア(シーズニング)してみた』

―あわせて読みたい―

まるでマンガ肉! イノシシの肉塊を竹に刺し、たき火であぶって食らうキャンプ料理がマジ豪快

アルミ缶を紙ヤスリで磨き続けてみた! 塗装が消えるほど一心不乱に磨く様子に「ここまでやったことがすごい」「なぜベストを尽くした」の声集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング