話題の記事

3Dドットアート「ボクセル」のスズメが完成! “自作の”ボクセルエディタで彫刻のように作り上げ「かわいいなあ」「ローポリ感ある」の声

 今回紹介したいのは、hatarsonさんが投稿した『ボクセルでスズメを作る』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

自作のボクセルエディタの紹介もかねて、簡単なモデリングに挑戦します。


 自作のボクセルエディタでスズメを作りました(紹介ページ:https://www.mog3d.com)。

 ボクセルとはボリューム(volume)+ピクセル(pixel)からの造語で、2次元デジタル画像を構成する単位のピクセルに対して、厚み情報を加えた3次元デジタル画像を構成する単位のことです。ボクセルアートとは立体的なドット絵のようなもので、マインクラフトも該当します。

 はじめていきます。

 まず全体をボクセルで埋めました。ここから削り出すようにモデリングします。

 参考にする画像をロードし位置やサイズを調整したら、輪郭をなぞるように加工していきます。

 真横の形状が出来上がりました。

 次は真上から。ミラーリングの機能を利用して効率的に加工します。左右対称になるので便利ですね。

 真上からの形状ができました。真上から見たスズメの画像は見つけられず、想像で削ったそうです。

 続いて正面から。

 正面も終わり、大体の形状が出来上がりました。あとは視点を変えながら違和感のある部分を少しずつ削ります。

 形が出来上がったら次は色塗りです。まずは全体の白い部分の色を調整。

 頭や翼などを塗っていきます。

 頬の黒い斑が入るとグッとスズメらしさが出ました。

 脚も作ります。

 モデルの位置を調整して合体!

 模様を加え、モデルの姿勢や光源のパラメータを決めてスズメの完成です。スズメの柔らかなフォルムが見事に表現されています。

視聴者のコメント

・きゃわいい
・ローポリ感ある
・彫刻みたいだな
・こういう笛お祭りでよくクジとかでもらったわぁ
・かわいいなあ
・完全にスズメ

▼動画はこちらから視聴できます▼

ボクセルでスズメを作る

―あわせて読みたい―

冬にスズメは何を食べているの? 寒さでモコモコにふくらんだスズメたちの様子を大阪は中之島バラ園で観察してみた

巣立ちの季節ならではの表情を見せる子スズメさんたち 電線でまどろんだり、羽を広げて餌をねだる様子に「うわああ可愛いいい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング