ニコニコニュース

話題の記事

“SSR1%のガチャは100回やれば確実に当たる”←意外と多い確率に関する勘違いを数学的に解説! いったい何回ガチャを回せば1%を引ける?

 ソーシャルゲーム好きな方々にとって、切っても切り離せない存在の「ガチャ」。このガチャでいわゆる“当たり”が出る確率は、一体どのくらいでなのでしょうか。

 本記事では、ア=ジさんは自身が投稿した『【数学講座】ネイピア数のしんぴ #1 ガチャの確率【ゆっくり解説】』という動画で、わかりやすい例題を用いて解説を行います。


第一章 1%の当選確率なら100回回せば当たる?

 突然ですが問題です。スマホゲームに熱中するAさんがいました。ガチャで1%を引くべく、某プリペイドカードを買いに行きます。いくら課金しようかと悩むAさんは、こう考えました。「1%のガチャなら100回回せば当たるでしょ」。果たして、この考えは正しいのでしょうか。

 確かに「1/100のガチャは100回回せば当たる」と考えてしまうかもしれません。しかし、それは天井の設定がある場合です。世の中はそんなに甘くありません。

 結論から言うと1/100を100回で当てる確率はわずか60%ちょっとしかないのです。

第二章 母数が大きいほど当選確率は下がっていく

 どうしてわずか60%程度の確率になってしまうのでしょうか。イメージしやすいよう、まずは「1/2の確率を2回」で考えてみましょう。

 ジャンケンを2回やれば、1回は必ず勝てるでしょうか。某RPGの蘇生呪文は2回唱えれば、1回は成功するでしょうか。経験的にそんなことはないですよね。それでは計算をしていきましょう。

 1/2のガチャを1回外す確率は1/2。1/2のガチャを2回連続で外す確率は、1/2の2乗で1/4です。よって1/2を2回やって、少なくとも1回当たる確率は(1-1/4)で3/4、つまり75%しかないのです。

 ジャンケンを2回して1回以上勝てる確率は3/4ということですね。同じように「1/3の確率を3回」で考えてみましょう。1/3を3連続で外す確率は、2/3の3乗で8/27です。ですので、少なくとも1回当たる確率は(1-8/27)の19/27。計算するとおよそ70.4%です。

 さらに「1/4を4回」だと、(1-(3/4)^4)で175/256。およそ68.4%。1/5を5回だと、(1-(4/5)^5)となり、2101/3125で、わずか67.2%ほどです。

 このように、どんどん確率が減っていくのがわかります。

第三章 結論:1/100のガチャを100回回して当たりを引くのは63.4%

 確率のからくりが理解できたところで、本題です。「1/100の確率を100回」はどうなるでしょうか。

 求める確率は(1-99/100)^100)。パソコンに計算してもらったところ、その確率はおよそ63.4%でした。つまり例題のAさんは、100回分の課金をしたところで、せいぜい63%ちょっとの確率でしか当たりを引けないのです。

 この事実には、「確率勉強する前なら誰もが通る誤謬だと思うw」「4割弱で当たらないなら無駄にガチャ回すのやめようかな」「ガチャに課金するのが間違いなんだよなあ・・・」「ガチャは出るまで回すから100%当たるともいえる」といった様々なコメントが寄せられました。

 解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画をご視聴ください。


▼動画はこちらから視聴できます▼

【数学講座】ネイピア数のしんぴ #1 ガチャの確率【ゆっくり解説】

ーあわせて読みたいー

スペースコロニーで野球ってできるの? 落下地点がずれてキャッチャーフライがホームランに!? ボールは壁面へ激突…物理の知識を総動員して計算してみた

「なぜ0で割ってはいけないの?」 数学マニアが中学生にもわかるようにした解説がエレガントすぎると話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「おもしろ動画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング