話題の記事

ピースボートで“世界一周”してきたぞ! 104日間を過ごした「オーシャンドリーム号」船内の様子はこんな感じだった

 今回紹介したいのは、つきはさんが投稿した『【地球一周船旅記】3日目 – 船室の設備はこんな感じだよ!【ゆっくり旅行】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

4月23日火曜日日本中国国境付近。 今日は少し船が揺れる。 軽い船酔いを感じつつ、いくつかの企画に参加する。 洋上はインターネットを思うように使えないので、 ピースボートが企画する講演の引っかかる発言のソースを探せないのが残念だ。 この動画を見ている人は、「輸出管理レジーム」と言う単語を覚えておこう。


 ピースボート「オーシャンドリーム号」で104日間世界一周旅行に旅立った投稿者のつきはさん。今回の動画では船室の設備を中心に紹介してくれました。

 こちらは昼食。バイキング形式でお肉やスープはエスニックな味付けでした。

 昼間からお酒の飲めるバーもあるそうです。

 続いて船室を紹介します。

 こちらは窓付き4人部屋上階。4人部屋や2人部屋にはプライバシー保護のためカーテンがついています。

 投稿者さんの過ごした船室は一番安い船室で窓がなく、写真の窓部分にあたる箇所は鏡になっていました。街中で見かけるピースボートのポスターで記載されている安い金額は、このタイプの部屋の料金です。

 窓有りの4人部屋で100万円台後半、2人部屋で200万円程度、1人部屋なら300万円くらいが大体の目安になります。100日間4食おやつ付き、部屋代と移動代込みと考えると妥当ですね。

 船室料金は一室の利用者が少ないほど高く、窓無しと窓有りなら窓有りの方が高く、下の階と上の階では上の階の方が若干高い(公共スペースの多くは上の階にあり利便性が良いため)という傾向があるそうです。また、投稿者さんの部屋は上の方の階でしたが、イベントホールの音が聞こえる訳ありの部屋のため安かったとのこと。納得して選んだので文句はありませんでした。

 こちらは1人部屋。船室の種類は複数ありますが、スイートルーム以外は設備や部屋の広さにさほど違いはないそうです。そのため1人部屋にも4人部屋と同じくロッカーが4個あったりします。

 ロッカーは上段にライフジャケットがあり、下段には金庫や引き出しが備え付けられています。見た目より沢山入るそうです。

 船室内の設備は1~2人用のホテルと同じようになっています。4人で使うと洗面や鏡が混雑したり、ということはありそうですね。

 シャワールーム。バスタブはなく、ずっとシャワーで過ごしました。水道の水は飲めるけれど味はイマイチでした。また、トイレの水がオレンジ色で衝撃を受けたそうです。

 船、ということで忘れてはいけない酔い止め。無料でもらえます。投稿者さんは夜に気持ち悪くなることが多く、英語対応のみの夜間窓口に通ったそうです。

▼動画はこちらから視聴できます▼

【地球一周船旅記】3日目 – 船室の設備はこんな感じだよ!【ゆっくり旅行】

―あわせて読みたい―

動くホテルどころか“一つの街”! 約6000人が乗る巨大クルーズ船に「移動時間も楽しそう」「船って事忘れるね」の声

クルーズトレイン「ななつ星in九州」に乗ってみた! 豪華寝台列車の“極上の”お食事レポートに「わー美味しそうw」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「おもしろ動画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング