ニコニコニュース

話題の記事

『テトリス』で99人対戦!? 落ち物パズル×バトルロイヤルがまさかの実現、対戦相手からの妨害ラッシュに泣き叫ぶ『テトリス99』の実況動画が面白すぎる

 落ち物パズルの元祖的存在として知られる『テトリス』。4つの正方形からなる多角形ブロックを組み合わせてひたすら消し続けるという単純かつ直観的な面白さから、世界的に流行し今でもさまざま形でプレイされ続けている人気シリーズです。

 今月14日にこの『テトリス』の新作が配信されました。新作のタイトルは『TETRIS 99』(以下テトリス99)。99人のプレイヤーが1位を目指して戦う“バトルロイヤル”テトリスです。

 今回はシンさん投稿の「【実況】謎のバトルロイヤル テトリス99でたわむれる」という動画をご紹介します。

―あわせて読みたい―

これぞニコニコ動画! 電卓を実況プレイした動画に寄せられたコメントの一体感が半端ない

名前も能力も全て“運”に委ねる! モンスターの名前を「ダーツ」で決める『ドラクエモンスターズ』の実況動画が運命力全振りで爆笑必至


ターゲット管理が必要になったテトリス

 落ち物パズルとバトルロイヤルが融合し生まれた『テトリス99』。自分以外はすべて敵、99人のプレイヤーが同時に戦うために新たな概念が生まれました。

 プレイ画面上部に表示された「とどめうち」、「バッジ狙い」、「カウンター」、「ランダム」の文字は。この文字は作戦名で、これを操作することでどのプレイヤーに対して攻撃をかけるかを決めることができます。この場面ではランダムを選択しています。ランダムは文字通り98人の他プレイヤーからランダムにターゲットが選出されます。

 自分のプレイ画面に向けられた黄色い線、このゲームがバトルロイヤルであることを意識させる他プレイヤーからの攻撃表示です。ターゲットになっている状態でカウンターを選択すると、ターゲットされている敵すべてに反撃することができます。また、カウンターはただ反撃するだけではなく、狙われている数が増えるほど攻撃力が上昇。さらに攻撃力は分散されないためまとめて倒すことができるチャンスにもなります。

 他プレイヤーを倒すとプレイ画面右下に矢印のようなマーク”バッジ”が現れます。このバッジは所持数に応じて攻撃力にボーナスがかかるため、敵を倒せば倒すほど攻撃力が上がり後半有利に立ち回ることができます。また、ゲームオーバーになりそうなプレイヤーを狙う“とどめうち”を使って立ち回ることで序盤に多くのバッジを手にすることができます。

 バッジを多く所持しているプレイヤーを選出し攻撃する作戦です。プレイヤーを倒すことでバッジを一気に手に入れることができる一方で、攻撃力にボーナスがかかったカウンター攻撃を受けるリスクもあります。プレイ画面では右グループ一番左上の、バッジを多く所持しているプレイヤーを狙っています。

 バッジ狙いを続けていると、相手からカウンターのターゲットが飛んできました。自分に向いている線は、ただ反撃しているだけの場合もあるため、上手くターゲットを外す必要もあります。

 バトルロイヤルであるがために複数人から同時に狙われる状況が生まれた『テトリス99』。本作で新たに生まれたのは“ターゲット管理”というパズルゲームには珍しい考えでした。

焦らずにはいられない! 他プレイヤーからの集中攻撃

 バッジ狙いのプレイヤーに対し上手くカウンターを当てバッジを順調に集めているシンさんですが、複数のプレイヤーから狙われている焦りからか中心部にタワーを建築してしまいます。テトリミノを一部に積みすぎてしまうと、とどめうちを選択しているプレイヤー達からも狙われやすくなってしまうため、焦らず土台を減らしていく作業が必要です。

 「やべぇって」といいつつも何とか処理をつつバッジを大量ゲット! 驚いている間もなく倒したプレイヤーの置き土産によって大量のブロックが追加。大量のバッジとブロックに操作中の緑テトリミノは大暴れ、「死にたくない!」という足掻きもむなしく24位での敗北になってしまいました。

 バッジ狙いのプレイヤーと、とどめうちのプレイヤーに狙われていたことから、序盤は謙虚に生きたほうが良い(バッジを狙いすぎないほうが良い)のだろうかというシンさんに対し、コメントからは「謙虚に生きると終盤攻撃力が無くなるんだよなあ」との声。98人が相手となると、戦略や駆け引きもより奥深くなるようです。

 これが最後と始めた一試合、ゲーム開始時から3人のプレイヤーからターゲット。「なんで! なんで?」開幕から大慌ての戦いとなりました。焦っている声には笑い声と共に楽しんでいる雰囲気が混ざっており、見ている側も口角が上がってしまうプレイを見せてくれています。

 多少の焦りはあるものの、落ち着いた対処で4ライン消しでカウンター、相手プレイヤーに大量のブロックを送り付けています。

 途中何度か危ないポイントはありましたが、バッジも順調に集めて残り10人まで到達。ゲームが終盤へと進んだことでゲームスピードが上昇、今までとは違う焦りが生まれ、狙った位置にテトリミノを配置できません。「あ~! あっあっ! しまったー!」と建築ミスが生まれたことに声を上げています。

 何とか生き残ったものの、建築ミスをカバー出来ずにいるところを3人のプレイヤーにマークされてしまいました。上がってくるブロック、限られたスペースでの建築。あまりのピンチにパニックになったシンさんの口から発せられた「なんだこの細長いの!?」などの発言は、コメント欄を爆笑の渦に巻き込んでいました。


 新たな戦略や駆け引きが生まれた『テトリス99』。既に遊んでいるプレイヤーの皆様、そして『テトリス99』が気になっている未プレイの方! その魅力がぎっしりと詰まったこの動画をご覧になってはいかがでしょうか。

文/富士脇 水面

【実況】謎のバトルロイヤル テトリス99でたわむれる

―あわせて読みたい―

これぞニコニコ動画! 電卓を実況プレイした動画に寄せられたコメントの一体感が半端ない

名前も能力も全て“運”に委ねる! モンスターの名前を「ダーツ」で決める『ドラクエモンスターズ』の実況動画が運命力全振りで爆笑必至

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング