ニコニコニュース

話題の記事

事故物件、買ってみる? “お困り不動産解決本舗”のハッピープランニング・代表が語る、清掃のビフォーアフターや事故物件に“ならない”ためのサービスが興味深い

 殺人、自殺…様々な理由により、いわくつきとなってしまった事故物件を徹底的に語り尽くすniconico生放送番組「事故物件ラボ」には、MCとして事故物件公示サイト「大島てる」管理人の大島てる氏@Oshimaland)と、事故物件住みます芸人の松原タニシ氏@tanishisuki)のふたりが出演。今回の放送では、事故物件の売却・買取を専門に扱う事故物件売買のプロ、事故物件専門不動産会社「お困り不動産解決本舗・ハッピープランニング」代表取締役の大熊昭氏がゲストとして登場しました。

 「お困り不動産解決本舗・ハッピープランニング」は、どういった不動産会社なのか、どんな依頼や相談がくるのかなど、様々な質問に答えていただきました。また、「ハッピープランニング」が手がけた事故物件のリノベーションを写真付きでご紹介します。

事故物件専門不動産会社「お困り不動産解決本舗・ハッピープランニング」
(画像は「お困り不動産解決本舗・ハッピープランニング」公式サイトより)

―あわせて読みたい―

引越し前に要チェック?「もしかしたら事故物件かも」なケース9選を事故物件住みます芸人がご紹介

不自然な間取りの激ヤバ心霊ビルに行ってみた。ビルから存在が抹消された“謎の地下空間”に迫る


事故物件専門不動産会社とは?

左から大島てる氏松原タニシ氏大熊昭氏

松原タニシ:
 そもそもハッピープランニングには、どんなお客さんが訪れるんでしょうか?

大熊昭:
 事故物件の所有者さんのご子息の方とか配偶者の方がほとんどですね。引っ越したい、売りたい、という物件の買取のご相談をいただきます。

松原タニシ:
 まずどこに相談すればいいのか分からないというのがあるでしょうから、そういった人たちの窓口にもなっていると。

大熊昭:
 そうですね。

松原タニシ:
 通常の不動産売買とかもされているんですか?

大熊昭:
 お話をいただければします。ただ、お問い合わせいただく内容は事故物件や訳あり物件に関するものが多いですね。

松原タニシ:
 そうなんですね。この“事故物件専門店”というのは、なぜ謳おうと思ったんですか?

大熊昭:
 大手さんの中でこういった物件に特化してやっているところって、まず無いんです。でも事故物件とか訳あり物件で困っている方は結構いらっしゃる。そこで、分かりやすいかたちで皆さんのご相談に乗れれば良いなと思ったことがきっかけです。

松原タニシ:
 ちなみにこのハッピープランニングという社名の由来なんかもあれば聞いてみたいです。元々は、ごく一般的な不動産業者なんですよね?

大熊昭:
 そうですね。

松原タニシ:
 じゃあハッピープランニングという会社があって、ハッピープランニングが事故物件の取引を始めた……ということであっていますよね?

大熊昭:
 そうですね。ハッピープランニングなので、ウェディング系とかだと思いますよね(笑)。

松原タニシ:
 そうですよね(笑)。

大熊昭:
 実は、あとから気づいたんですけど、同じ会社名のオトナの卑猥なお店があって。みなさんに分かりやすいように屋号をつけたりしました。

松原タニシ:
 でも逆にインパクトもありますし、事故物件の所有者になってしまった方々の人生を再生と言いますか、ハッピーになるプランニングをお手伝いするという意味合いにもなりますよね。

大熊昭:
 そうですね。ちなみに、事故物件・訳あり物件に“ならないように”といったご相談をいただくこともあるんですよ。

不動産業者とは思えないサービス

松原タニシ:
 依頼内容というのは、どんなものが一番多いですか?

大熊昭:
 最近だと、「遠方に住む兄が病気で電話に出る回数が少なくなったから、見てみて欲しい」と、当社付近のお宅についての依頼がありました。最初のうちはご連絡が取れていたみたいなんですけれども、しばらく経ったら「もう連絡が取れない」というご連絡があって、そのお兄様は室内の中で亡くなっていたんですね。あれはびっくりしました。

松原タニシ:
 ハッピープランニングさんには、電話をかけるサービスがあるんですか?

大熊昭:
 そうですね。一人暮らしの方に向けたサービスとなっています。週2回ほど、コンピュータから連絡をすると「元気だったら1番を押してください」「調子悪かったら3番押してください」ガイダンスが流れるんです。それに回答が来ない時は「何かあったのかな」と気づけるという。

松原タニシ:
 そうなんや。すごいな。不動産業者ですよね?

大熊昭:
 そういった会社と提携しているので、ご紹介できるんです。あとは大家さんに向けた保険もあります。事故物件になってしまうと、リフォーム代が相当かかるし、家賃もしばらく下げなければいけないので、そんな時に役立つようにと。

松原タニシ:
 事故物件保険があるんですか?

大熊昭:
 あります。

松原タニシ:
 へ~。てるさんはご存知でしたか?

大島てる:
 はい。ありますね。修繕にかかった費用の一部を賄えるというものです。

松原タニシ:
 へ~。それは大家さんが加入するということですよね。

大島てる:
 そうです。

大熊昭:
 下がった家賃も1年間補償してくれます。

松原タニシ:
 そうなんや。それ、いいですね。

大熊昭:
 うちで持っている物件もその保険入っているんですよ。

松原タニシ:
 もうパックになっているということですね。

大熊昭:
 そうですね。うちで管理している物件はそういったのをセットにして、管理させていただくという形ですね。

松原タニシ:
 事故物件保険って面白いな。

変わった依頼や意外な依頼はある?

松原タニシ:
 他にも変わった依頼、意外な依頼ってあったりしますか?

大熊昭:
 そうですね。前に大島さんにも見ていただいたんですが、首吊りがあった物件で、ゴミ屋敷だったところがあるんですよ。そのお隣のお宅もゴミ屋敷として地元で有名で、もうガスも止まってて七輪で生活しているような感じだったんですけれども、どちらの方も亡くなってしまったんですね。

松原タニシ:
 そうなんですね。その依頼は、大家さんから来たんですか?

大熊昭:
 弁護士さん経由でお話が来ました。亡くなった時期は違うのですが、今の段階で言いますと、2軒とも綺麗にして更地にしてスッキリした形になっています。

松原タニシ:
 なるほど。やっぱり賃貸ではなく、売買が専門ということになるんですね。

大熊昭:
 そうですね。うちは売買がご相談多いですね。

松原タニシ:
 今、買える事故物件とかって、お持ちだったりするんですか?

大熊昭:
 そうですね。いくつもありますので。

松原タニシ:
 例えば、どんな物件とかあります? そんな詳しくは言わなくていいんですけど。

大熊昭:
 だいたい単身で亡くなっている孤独死の案件ですね。

松原タニシ:
 孤独死はやっぱり多いんですか?

大熊昭:
 多いですね。あとは自殺案件というのも多いですね。

松原タニシ:
 そういった物件だと、どれくらい安くなるもんなんですか?

大熊昭:
 場所にもよりますね。例えば恵比寿とかだと、そんなには値段って変わってはこないんですよ。

松原タニシ:
 人気のあるエリアですもんね。

大熊昭:
 逆に地方になると、買われる方も少なくなるので、そこで事故物件になってしまうと、本当に値段を下げないと売れないような状況になってしまいますので、その辺りは下がりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング