ニコニコニュース

話題の記事

電波ソングブームの先駆け『さくらんぼキッス』は黒歴史? 作詞者・KOTOKO「あれは今後、お葬式で流すだけにして(笑)」

 パイオニアLDC、ジェネオン、ジェネオン・ユニバーサル、NBCユニバーサルと社名を変えながら、25年もの間アニメ作品とその関連音楽作品をリリースしてきたNBCユニバーサル・エンターテイメントが、来年2月3日にイベント『NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL ~25th ANNIVERSARY~』を開催します。

 ニコニコ生放送では開催を記念した特番が放送され、音楽評論家の冨田明宏さん、歌手のKOTOKOさんが出演しました。番組内ではKOTOKOさんが、自身の楽曲『さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜』のPV映像について「あれは今後、お葬式で流すだけにしてください(笑)」と語りました。

左から冨田明宏さん、KOTOKOさん。

-人気記事-

FGOVRをプレイした“アルトリア・ペンドラゴン役”川澄綾子の感想がステキ「マスターへの尊敬の思い…アルトリアらしさが一切失われてない」

「声優のアイドル化が進む中で“声優とはこうあって欲しい”を体現してくれている」 女性声優『林原めぐみ』の魅力を語る


初仕事は偉い人たちの前で…

冨田:
 前回のNBCフェス開催記念特番は、軽い気持ちで電話出演をお願いした結果、大変なことになりましたね。

KOTOKO:
 大変なことになりましたね。天の声さんが「『さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜』を歌え」とかいいはじめて(笑)。

冨田:
 あれってすごくいいなと思ったのは、NBCユニバーサルさんには我々も大変お世話になっているのですが、ああいう方ってファンの方やお客様のコメントをすごく大事にされるんだなというのを感じました。

KOTOKO:
 あの場で決定したことがこんなに反映されるのはめずらしいのじゃないのかなと思いました。あのゆるさが最高でした。

冨田:
 KOTOKOさんは10年以上、この業界で活躍されていらっしゃる方なので、知らない方はいらっしゃらないのではないかなと思います。でも最近知ったという新しいファンも増えているのではないですか。

KOTOKO:
 そうですね。最近知った方は大御所なんじゃないかっていう感じで見られています。

冨田:
 実際そうじゃないですか(笑)。

KOTOKO:
 いえいえ、そんなことないですよ。まだまだ新人だぞという気持ちが抜けないです。当時、パイオニアLDCからジェネオンと社名変更になる時にデビューが決まったんです。

 デビューする前にレーベル名の変更の業界に向けてのお披露目会で、デビュー前の素人の私がお偉いさんの前に立って一曲歌わないといけなかったんです。みなさんスーツを着て、硬い雰囲気の中で歌わないといけないという経験が、デビュー前でしたがプロとしての初仕事でした。

 確かその時に石田燿子さんと高橋洋子さんがいらっしゃって、アニソン界の大先輩にお会いするのもはじめてだったので、「ご挨拶にいきたいです」といったはいいものの、緊張してしまって。口がカラカラでお会いしたら何をしゃべっていたか覚えていないほど緊張していましたね。

冨田:
 そういう時代がKOTOKOさんにもあったんですね。

KOTOKO:
 今年でデビュー13年目になるのですがでもそれが過去のことという感じではなくて、つい最近のことのような気持ちがしています。なので、大御所と呼ばれることにまだしっくりきていないんです(笑)。

KOTOKOが選ぶ思い出のNBCアニメ

冨田:
 KOTOKOさんにとって思い出のNBCアニメはありますか。

KOTOKO:
 自分が担当したアニメになるのですが、『灼眼のシャナ』と『ハヤテのごとく!』ですね。この作品で私を知ってくれたという方が多いのではないかと思います。私、メジャーデビューの前にPCゲームの楽曲を歌わせていただいていたんです。

 大きいお兄さん方々からは名前を知ってもらっていたのですが、『ハヤテのごとく!』をやったことで、小学生のお子さんたちに曲を聞いてもらって名前を覚えてもらって……。

画像は『ハヤテのごとく!(初回限定盤)(DVD付) Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi, Soundtrack』Amazonより。

KOTOKO:
 その時小学生だった方が今は大きくなられて社会人になられていて、ファンの方で「小学生の時に『ハヤテのごとく!』で知りました」という方がたくさんいらっしゃったりとか。

 スタッフさんや音楽作家さんとかでも、名刺交換をする時に「僕、小学生の時に『ハヤテのごとく!』でKOTOKOさんを知って、頑張って音楽をやりました」みたいな方も一緒に働くような感じになってきていて。

 そういう話を聞くと時が経ったんだなと思い知らされますね(笑)。

「音楽」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング