ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

【ザ・新興宗教】セックス教団『リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス”に密着

 11月6日、新興宗教がテーマのトーク番組『ザ・新興宗教ほんとにあった尊い話』がニコニコ生放送にて配信されました。

 今回の放送でピックアップされたのは、秋田県に存在するセックス教団『リトル・ペブル同宿会』。教団責任者であるジャン・マリー神父が語る『償いのセックス』とは…。

 潜入ライター・ニポポ氏によるレポートをお楽しみください。 

セックス教団『リトル・ペブル同宿会』の様子。

謎の草の根団体『リトル・ペブル同宿会』

ニポポ:
 『リトル・ペブル同宿会』という、教団がありまして、どんな教団なのかというと、リトル・ペブルさんというオーストラリアの神父さんが、現在もご健在でいらっしゃるのですが、ちょっとトラブルがありまして。

 世界を行脚している中で、2002年くらいに信者の少女に手を出してしまったんですね。その後、いわゆる“性的な教え”のようなことをしていたのが、85件くらい見つかってしまって。

 そのようなことがあって投獄されてしまうんですけれども、捕まる前は日本でも広告塔を建てたりして、勧誘活動をやっていたりしたんですよ。捕まってしまってから活動は下火になるんだけれども。

 そこで感銘を受けた、現在は秋田にいるジャン・マリー神父が、「私だけでもリトル・ペブルの火を絶やさないように」と、日本は秋田に出家小屋を設けて、そこで活動するという。

 キリスト教って、懐の深い団体なんですよね。統一教会など、様々な団体がありますけど、みんなキリスト教の派生であるから、いいのではないかと言われています。ところがリトル・ペブルさんは、バチカンから正式破門されているんですよね(笑)。

ニポポ:
 今でこそ理解や寛容さが広がってきて、曖昧ですがローマ法王も「それはそれでいいのかな」っていう感じになってきました。同性愛も近年になって黙認という感じにはなってきましたが、昔は御法度でしたよね。

 いち早く、この同性愛者、性的弱者、セクシャルマイノリティな人たちを呼び込んでいこうと立ち上がったのが、リトル・ペブルさんなんですね。

 現在は秋田で5、6人か出家してやっていて、この人たちが世界で初めて、ローマカトリックキリスト教徒として、初の同性愛の結婚式を行いました。「正式な同性愛の結婚式をやりますので、ぜひ取材に来て、全世界にこの事実を報道をして下さい」と言って、呼び込みをした。

 そして、いざ秋田まで行ってみたら、僕とVICE JAPANさんしか来ていない(笑)。世界のVICEと僕しか来てないというとんでもない状況になっちゃいまして。無関心すぎるだろうと。

ニポポ:
 このみなさんが、秋田の面々でございます。白装束。真ん中の後列に立っている人がジャン・マリー神父さんです。そして女性が1人いますが、リトル・ペブルの教えとして「みなさんのセックスは間違っている」「あまりにも間違っているセックスをしているので、私たちが償いのセックスと、正しいセックスを神に捧げるんだ」ということで、儀式を行っている。

 その儀式のお相手となるのが、この女性、クララさんということですね。他の方々は、いわゆる同性愛者、男性はジャン・マリー神父以外は同性愛者という構図になっています。なので、行為を捧げるのは神父のみ。

ニポポ:
 そして、この黒い衣装でたたずんでいるのが、リトル・ペブルさん。逮捕前の写真です。

ニポポ:
 こちらの女性はマリー・マドレーヌさんといって、盲目で目が見えないんです。完全に盲目なんですけども、神の声が聞けるという能力を持っている。

 隣のお人形は、赤ちゃんなんです。マリー・マドレーヌさんとクララさんが、ジャン・マリー神父との“償いのセックス”の対象となりますが、この償いのセックスでは、射精という行為に至りません。要はインサートという行為が発生しないんですね。なので、精子が体内に入らないが、妊娠をする。

 すなわち、これは聖母マリアの現象と同じであり、“無精子赤ちゃん”と呼ばれるものである。そして、無精子赤ちゃんで生まれるのは双子になると決定づけられている。

ニポポ:
 この無精子赤ちゃんとして生まれてくる赤ちゃんがその人形たちになるわけだけど、この無精子赤ちゃんとして生まれてくる2人の名前は、『あかね』と『やよい』といいます。

 この2人が生まれてくるということで、償いのセックスが神様に捧げられている、ということになる。

この記事に関するタグ

「人気記事」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング