ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

『ボカロP・れるりり』と『ミオヤマザキ・taka』の共作が10月に発表! 「どういう経緯で一緒に曲を?」2人に聞いてみた

 9月15日に放送されたニコラジ』に、「ミオヤマザキ」のtakaさんとボカロPのれるりりさんが登場しました。MCを担当した百花繚乱さんとアシスタントのthatさん、絵師スタントのぽあろさんも加わり、ニコラジ初登場となるtakaさんとれるりりさんが近況を語ります。

 10月に発売となるニューシングルの制作に至った経緯について、れるりりさんとtakaさんが出会うきっかけを作った、とあるゲーム実況者の存在があったようですが……。

画像はミオヤマザキ『ノイズ』YouTubeより。

ミオヤマザキ・れるりりの共同作品が完成

画像は『choice』Amazonより。

百花繚乱:
 ミオヤマザキのtakaさんとれるりりさんに来ていただきました! れるりりさんはニコラジに結構来ていただいてますよね。

れるりり:
 1000回目ぐらいですかね(笑)。

百花繚乱:
 それじゃ放送回数の3分の2ぐらい、れるりりさんじゃないですか(笑)。

that:
 亀スタの時代とか弾き語りとかしてたよね。

百花繚乱:
 いっぱい来ていただいてますけども。takaさんはニコラジは初めましてですか?

taka:
 出るのは初めてですが控室の方は来たことはありますね(笑)。スタジオに入るのは初めてです。

百花繚乱:
 あらためてお二人共自己紹介とかお願いできますか。

れるりり:
 僕はボカロPです(笑)。

taka:
 ミオヤマザキの曲を書いていてギターはたまに弾いてるtakaです。

百花繚乱:
 10月に出るミオヤマザキのニューアルバムの中にれるりりさんと共作された曲があるということでご出演していただいてますが、お二人はどういう経緯で共作でやることになったんですか?

れるりり:
 thatが主催した昨年の忘年会の時に『最終兵器俺達』のこーすけにtakaを紹介されてその時に初めて会って、お互いミュージシャンで曲を作るから、音楽トークがすごい盛り上がって、その後も一緒に飲みに行ったりして。

 面白くて気が合ったんで「一緒になにか音楽作ろうよ」ってなりましたね。

that:
 じゃあ忘年会やって良かったわ。その日、俺ベロベロに酔ってtakaくんとしゃべった記憶がないんだけども(笑)。

百花繚乱:
 thatとこーすけが引き合わせたんだね(笑)。楽しいレコーディングになりましたか?

れるりり:
 めちゃめちゃ楽しかったですね。

taka:
 結構ディレクション厳しかったけどね(笑)。

れるりり:
 厳しくしたつもりはないけどね(笑)。普通にやってて楽しかったよ。ボーカルのmioちゃんが本当に歌がうまくて、声のレンジがめっちゃ広くてさ。結構めちゃくちゃなレンジで曲を作るんだけど、しっかり歌うんだよ。声もでかいからマイクの乗りがいいんですよ。

 録ってても聞いてても気持ちいいから、いろいろリクエストしたくなりましたね。ただ調子に乗って注文つけまくると、だんだんmioちゃんの機嫌が悪くなってきちゃって(笑)。takaがそこをうまくフォローしてくれましたね(笑)。

 なんとか最後はみんなで努力して「いい音できたね」ってなりました(笑)。

that:
 結果いいものできたから丸く収まったっていうね(笑)。

百花繚乱:
 ミオヤマザキでは曲と歌詞どっちが先にできるとかあるんですか?

taka:
 ミオヤマザキは完全に歌詞先行ですね。最初、mioにA4用紙5、6枚の歌詞を渡される。それが全部入るわけがないので、曲中にしゃべってもらいますね。

that:
 省略するわけでもなく全部入れちゃうんだ。すごいなそれ。それはメッセージ性あるね。

百花繚乱:
 だから共感されることが多いんですかね。

影響を受けた曲、アーティストは?

百花繚乱:
 視聴者アンケートで聞きたいことの上位にきた「影響を受けた曲」を聞いてみたいと思います。

 れるりりさんは影響を受けた曲とかどうですか?

れるりり:
 曲と言うか、人で言うと山﨑まさよしさんが好きですね。ギターを弾いて曲を書いて自分で歌を歌うっていうとこが好きです。山﨑まさよしさんはブルース、ジャズ、ソウル、ブラックミュージックなどをルーツにしたJポップを作っていて、すごい影響を受けましたね。

that:
 昔、山﨑まさよしさんがトリのAugusta Camp【※】にみんなで行ったよね。今も色あせなくてかっこいいよね。

※Augusta Camp
山崎まさよしさんが所属する事務所のオフィスオーガスタが主催する恒例のライブイベントのこと。

百花繚乱:
 takaさんは随分と悩んでらっしゃるようですが、どうですか?

taka:
 ミオヤマザキの『DV』っていう、DVについて歌ってる曲があるんです。その歌詞って、全然違う世界観の松任谷由実さんの『春よ、来い』が浮かんできたんですよ。その歌詞を見た時に世界観が浮かんできて、そこから書いたっていうちょっと変なんですけど。

れるりり:
 春からDVになっちゃうの(笑)?

百花繚乱:
 直結させると意味合いが変わってきちゃいます(笑)。

taka:
 (笑)。そういうのから浮かんで、曲を書いたりしますかね。

「ボカロP」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング