ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

旧エニックスが生んだ伝説の文房具『バトエン』を押入れから出して懐かしんでみた。「おもちゃなのに学校に持って行けた」「これは脱法えんぴつだ」

 文房具の皮をかぶった伝説的ゲーム『バトルえんぴつ』、通称 “バトエン”

 ドラゴンクエストのキャラクターがあしらわれた、対戦ゲーム機能付きの鉛筆で、おもちゃとしての需要が大半を締めるにも関わらず、文房具が故に「学校に持って行っても先生に怒られない」という要素から、1993年の発売当時、男子小学生の間で大ブレイクした

 そんな『バトエン』を4月16日配信の『ニコニコワイドショー』にて、ふり返り特集! “バトエン世代”のレトルト氏牛沢氏が、実物を手に取りながら、大興奮で当時の思い出を語った。


『バトルえんぴつ』は知ってる?

牛沢:
 バトルえんぴつです。

ひげおやじ:
 バトエン何か知らない人もいるのかな?

レトルト:
 え、バトエン知らない人いる?

牛沢:
 もしかしたらいるかも知れないよ。

ひげおやじ:
 これなにかっていうと、要はえんぴつなんですよね。

牛沢:
 そうです。

画像はamazonより。

ひげおやじ:
 ただし横とかに、バトルえんぴつの側面を見せながら、ここらへんかな? こう色々とついているの、「ミス」とか。

牛沢:
 それぞれの面に、いくつの攻撃とか。

レトルト:
 ダメージとかがね。攻撃が書いてあるの。

牛沢:
 転がして戦うわけですよ。

ひげおやじ:
 で、それぞれがプレーヤーになって戦い合う、と。だからアナログRPGだよね。

牛沢:
 授業の合間にさんざんやったんだよ、俺らは。

「バトエンは脱法文房具ですよ」

レトルト:
 これ、えんぴつだから、おもちゃなんだけど学校に持っていけるというのがすごかった。

ひげおやじ:
 確かに。

牛沢:
 そうね。えんぴつだし。革命ですよ。まあ、禁止になった学校とかもあるんだろうね。

レトルト:
 脱法。

牛沢:
 脱法文房具ですよ。

ひげおやじ:
 脱法えんぴつ(笑)。

牛沢:
 面白いんだよ。キャップとかあって。装備品なんだよね。こういうふうに付けて、組み合わせで一撃必殺を狙ってみたりだとか

ひげおやじ:
 キャップで補正がさらにつくんだ。あ、ほんとだ60ダメージ。

レトルト:
 逆に平均的にどこの面でも攻撃食らわせられるようにしていたり。

牛沢:
 両サイドに付けたりしたよね。

レトルト:
 頭使うんだよ。

ひげおやじ:
 あ、じゃあ、自分好みにカスタマイズできるんだ。

レトルト:
 そう、そこも面白いんだよね。

牛沢:
 これは懐かしいぜ。

「ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング