ニコニコニュース

話題の記事

ニコ動で毎話1位の話題沸騰おパンツアニメ『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』原作者・40原氏に訊く誕生秘話「10代の子たちの性癖をこじらせたい」

 いまニコニコ動画では、おパンツアニメが毎話毎話アニメカテゴリで1位を獲得し続けるというトンデモナイ事態が起きています。

 そのアニメの名は『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』(通称:『嫌パン』)。

(画像は『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい 』アニメページより)

 『嫌パン』は、40原氏(@40hara)による人気同人誌『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい本』シリーズを原作とし、“パンツ”と“嫌な顔”の組み合わせという、非常にマニアックなジャンルの作品。

 それにも関わらず、配信された1~4話すべてがニコニコ動画アニメカテゴリで1位を獲得。まさにおパンツ革命を起こしています。

 なぜ『嫌パン』はここまで愛されたのか? その魅力に迫るべく、原作者の40原氏をお迎えし、40原氏のパンツへのこだわりやアニメ制作秘話などいろいろお話をお聞きしました。

 読者が作品を見るときに作者を連想させないよう、あえて顔出しや自身のプロフィールを公開しないようにしている、というこだわりを持つ40原氏へのインタビューは「青春への扉はパンツ」「10代の子たちの性癖をこじらせたい」「パンツを超えたパンツ」など、名言のオンパレードとなりました。

取材・文・編集:竹中プレジデント

青春(性)への扉はパンツだった

──いきなりで恐縮なんですが、先生ってパンツはお好きなんですか?

40原氏:
 ホントにいきなりですね。パンツは好きです。パンツフェチです。

──あーよかったです! これで「ふつうです」って答えられたらこの後のインタビューどうしようかと思ってました。いつくらいからパンツフェチなんですか?

40原氏:
 小学生か中学生のころです。当時、『週刊少年ジャンプ』には『I”s』や『いちご100%』などパンチラが多い作品があったんですが、そのパンチラを見てドキドキしていました。そのときに初めて性の扉が開いて……僕にとって青春への扉はパンツだったんです

──根っからのパンツ好きなんですね……。イラストを描き始めたのもパンツのためだったりするんですか?

40原氏:
 じつは『嫌パン』を描く前はフェチ系、エロ系どころかパンツじたいも描いたことがなかったんです。どちらかと言えば正統派な絵を描いていました。名刺の裏のこんな感じの……。

──ええっ!? パンツのパの字もないじゃないですか。リア充カップルが見に行く映画のイラストみたいですね。

40原氏:
 もともとアニメ好きでアニメーターの仕事をしていたのですが挫折してしまって、イラストでもやるかとイラストを描き始めたんです。最初のころは好きなものしか描いていなくて、『AKIRA』とかハードSFのメカを描いていました。

 当時、深夜アニメはどちらかと言えば「オタク」や「気持ち悪い」とかポジティブなイメージはなかったんですが、それが『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』あたりからアニメが一般化してきて、当時女子高生だった僕の妹が「けいおん好き!」と言っていたときは女子高生もアニメを見るんだって衝撃的でした。

 これは今後、アニメはもっと一般に普及していく、絶対に流行するなと思って、そこで一般に受けるイラストを描こうと思ったんです。

──それがなぜいまのようなフェチ系、エッチ系のイラストを描くようになったんです?

40原氏:
 それから3年くらいやっていて、読み通り企業さんからお仕事をもらえたりしていたんですが代表作がなかったんです。このまま10年20年いまの仕事を続けていて大丈夫なのかな? 何か新しいことをやらなきゃという思いが自分の中で生まれてきました。

 そこで、自分の本当に好きなものを描いてみようと思ったんです。もちろんキレイな絵も好きなんですが、僕の中の変態性を出せてなくて、猫被ってて本当の僕じゃないなって。

──そこでパンツという原点に戻るんですね。ではなぜそこでパンツと嫌な顔を組み合わせようと思ったのですか?

40原氏:
 ぶっちゃけ思いつきです。アニメを見ていたとき、ふと、美少女ってみんな笑顔だなって思って。誰もかれもが僕に愛想を振りまいて笑顔を向けてくれるんですよ。

 それが二次元の象徴でもあるんですが、それだけだと人間味がないというか、嘘をつかれている気がするんです(笑)。人間っていい人ばかりではないので、ネガティブな感情もあって、僕はそういうところを見れるのうれしくて。

 その嫌な顔をパンツというキャッチーな要素と組み合わせたらおもしろそうだなって思ったのがきっかけです。

(画像は『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』ポータルサイトより)

──先生ってもしかしなくてもMですか?

40原氏:
 僕は完全にドMです。なので女の子をどうこうするというよりされたいという願望のほうがあります。そこが作品の原点にもなっていますね。

 最初、自分でもアホだなって思いました。自分でその絵を描きながら「嫌な顔しながらおパンツを見せてもらうって意味わかんねーなー」って(笑)。でもそう思いながらもクルものはあって、自分の中でしっくりくる感じはありました。

アニメ化の話が来たときは正気か!? と思った

──そんな『嫌パン』は累計発行部数7万部を超える人気同人誌シリーズとなるわけですが、さらにここにきてアニメ化もされました。アニメ化のお話がきたとき、最初どう思いましたか?

40原氏:
 「正気か!?」というのが最初の率直な感想でした(笑)。本当にニッチなことをやっていると思っていたのでまさかという思いでした。

──そもそもアニメ化するきっかけは何だったんです?

40原氏:
 プロデューサーを務めている佐藤さん(佐藤郁雄)から、アニメを作りたいというメールが僕に直接来たんです。最初はOVAという話でした。

 クラウドファンディングで資金を集めようという話だったんですが、アニメの予算の規模からクラウドファンディングで集めるのは無理だろうなと考え、企業さんがいて予算を組めるなら、とお話していたところにとらさん(とらのあな)がまさかの「あ、出しますよ。全部できますよー」とお声かけいただいて。

──なんとフットワークの軽い(笑)。そして初耳なのですが最初の予定ではいまみたいなニコニコでの配信の予定もなかったんですね。

40原氏:
 ニコニコでの配信に関しては僕からしたいと言いました。ブルーレイだとやはり高くて、10代の方々って手を出しにくいじゃないですか。クオリティもいいのでいろいろな人にみてもらいたい、OVAだけで終わらせるにはもったいないと思ったんです。

 それでもし気に入ってもらったらお金を貯めて買ってもらえたらうれしいなと。後、失礼な話、ニコニコなら大丈夫、行ける気がするって(笑)。

(画像はニコニコ動画『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』第1話より)

──確かに(笑)。いまのご時世いろいろ難しいところもありますもんね。そんな『嫌パン』ですがアニメ1~4話すべてにおいてアニメカテゴリランキングで1位を獲得していて、まさに一大ムーブメントを起こしています。いまの心境いかがでしょう?

40原氏:
 ここまで愛されるとは思っていませんでした。ニコニコのユーザーなら「馬鹿だなー」とか「なんだこのアニメ」みたいに笑ってくれるだろうなとは思っていたんですが、まさかこんなにも多くの紳士淑女の方々がいるとは予想外でした。

 僕自身、ニコニコをずっと見ているので「我々の業界ではご褒美です」や「紳士の社交場」というタグがつけられたときはうれしかったです。

──コメントも大盛り上がりですごいことになっています。アニメを作るにあたっていろいろ監修されたと思うのですが、とくにこだわった部分はどこですか?

40原氏:
 表情ですね。原画家さんのみなさんも嫌な顔は描き慣れていないと思うので、事前に表情のサンプルをお渡しして、これくらい強めにやってください、ふだんの表情との落差はこれくらいあっていい、などお願いしました。

──1話のメイドさんの目だけに寄ったシーン、あれには強烈なこだわりを感じました。

40原氏:
 あそこよかったですよね。ギャグではなく本当の嫌悪の眼差しですばらしかったです。原画家さんがいい仕事してくれました。

(画像はニコニコ動画『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』第1話より)

──パンツじたいの監修はどうだったんです?

40原氏:
 黒い線ではなく色トレス【※】で描いてくださいとか作画的なことをちらほらですね。それ以外は監督の深瀬さん(深瀬沙哉)がこだわりを持ってやってくれました。

 たとえば、1話にメイドさんがスカートをたくし上げるシーンがあるんですが、実際に初めてスカートを履いたとおっしゃっていました、男性の方なんですけど。それであれだけ長いスカートだと1回では全部上げきれないから、何回かに分けてたくし上げをくり返してリレーするかたちにしたらしいです。

※イラストを柔らかい印象にすることができる技法のひとつ。線画の色を隣接した色と近い色にすることで、線画を塗りと馴染ませることができる。

(画像はニコニコ動画『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい』第1話より)

──だからあそこまでリアリティが出ているんですね。こだわりがハンパないです。

40原氏:
 本当にスタッフの方々のこだわりがすごかったです。アニメのシナリオも全部プロデューサーの佐藤さんにお任せしていて、僕はできたシナリオを見て、言い回しをもっときつくしてくださいとか罵りが弱いですとかそういうチェックをするくらいでした。

──アニメになってシナリオがあって声があって……また違ったベクトルで『嫌パン』のよさを感じました。個人的に声が入ったことのインパクトが大きかったのですが、声優さんはどのように決めていったんですか?

40原氏:
 まずはこの人に罵らせたらヤバそうな人を挙げました。有名な方ですしちょっと難しいかも……と思ったのですが、絶対やってほしいとお願いしたら意外と通って。あれっいいの? って。

──ちなみにどなたかお聞きしても?

40原氏:
 4話の巫女さんの声を担当している赤﨑千夏さんです。『中二病でも恋がしたい!』のモリサマーの表裏がある演技が好きで。ご自身の演技の幅も広いし、やってもらえたらおもしろいと思いました。

 後はテープを送ってもらって、嫌なときの演技、罵りかたのヤバさとかを重要視してピックアップしていきました。「クズ」とか「最低」とか強めな言葉を聞いてたんですが、テープの状態でクオリティが高かったので、逆にレコーディングのときはほとんど言うことはなかったですね。録り直したのは舌打ちのシーンくらい。

──ほぅ……舌打ちですか。

40原氏:
 チッっと舌打ちする演技が慣れてないんでしょうね。第2話でアイドルの子とか舌打ちが何度があったと思うんですが、あれは何度か録り直しました。

 人生で舌打ちすることがないんだろうなあ、やさしい人なんだろうなって、思いました(笑)。

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング