話題の記事

「ハムスターが飼える額縁」を作ってみた! グルングルンに回転するフレーム内をハムスターが走り出す

 今回紹介したいのは、BBコリーさんが投稿した『【発明】イラストを飼える額縁を作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ペット禁止のアパートだけどペットを飼いたい、 アレルギー持ちだけどペットを飼いたい、 ペットを飼ってる雰囲気だけ味わいたい、 ・・・そんな願いを全て叶える夢の発明品を開発しました。


 ペット禁止のアパートだけどペットを飼いたい、アレルギー持ちだけどペットを飼いたい、ペットを飼ってる雰囲気だけ味わいたい……

 そんな願いを叶える額縁を投稿者のBBコリーさんが作りました。

 額縁が傾くと、中にいるハムスターが走り出します。

 そして回し車でスピードを出し過ぎた時のように、ハムスターがグルングルンと額縁と一緒に回り始めました。

 走り疲れたハムスターが止まると、額縁もゆらゆらと揺れて回転を止めます。ぐったりしたハムスターは大きく息をしています。

 ハムスターが立ち上がると、BBコリーさんが画面をタッチ。

 即座に走り始めたハムスター。

 走っているうちに液状化、やがて疲れてクテッとなるところまでがセットになっています。

 そしてまた立ち上がるハムスターでした。

 次は機構の解説。背面にステッピングモーターを搭載しています。前から見たイメージよりゴツイですね。

 電池ではなく、スリップリングという部品で電力供給しています。

 回転は小型PCのラズベリーパイごと。ダイナミックです。

 逆回転も可能でした。

 回し車で遊ぶハムスターを心ゆくまで堪能できる作品です。走っているときのハムスターの忙しい足取りが可愛いので、ぜひ動画もご覧ください。

視聴者のコメント

・!?
・額縁の回転より速く転がってる
・かわいい
・すごい
・商品化したら普通に欲しいレベル
・かわいい88888888

▼動画はこちらから視聴できます▼

【発明】イラストを飼える額縁を作ってみた

―あわせて読みたい―

「時は金なり」を具現化! 1円=1分のレートで“時計の針が戻る”装置のアイデア、夢があり過ぎて話題に

「衝撃」を走らせてみた! “物質化”した衝撃の走りに緊張や電流も加わり「本当に走らせるやつがあるか」「こういうのでいいんだよw」の反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング