話題の記事

ダイソー300円スピーカーとマーブルチョコで「JSP方式スピーカー」を作ってみた! バスレフポートで低音がズンズン響く仕上がりに

 今回紹介したいのは、あいはらさんが投稿した『ダイソー300円スピーカーとマーブルチョコを使って超重低音スピーカーをつくってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

今回は、ダイソー300円スピーカーとマーブルチョコを使って大迫力の重低音が体感できるJSP風のスピーカーを作ってみました。 今まで作ってきたダイソースピーカー工作の中でも、もっとも重低音が出るものができました!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 ダイソーの300円スピーカーを使って、投稿者のあいはらさんが重低音を楽しめるスピーカーを作ります。

 まずは分解してスピーカーユニットだけを取り出しました。

 作るのはJSP方式と呼ばれるタイプのスピーカー。センターにユニットを配置して、ユニットから同じ距離と間隔でバスレフポートを4つ設置し低域の強化を図るものです。

 エンクロージャーに使用する箱は以前作ったスピーカーのリサイクル。シンプルな長方形です。

 箱の天板にはユニットとバスレフ用の穴を開けました。

 バスレフポートに使うのはマーブルチョコの容器。4つ分食べ終わったら、予期の蓋と底の厚紙を取り外します。

 穴の裏側からマーブルチョコの蓋をホットボンドで固定。胴体部分を挿し込んだら内部はできあがりです。

 スピーカーユニットを取り付けたら、裴瀬線を通して左右の板をネジで固定します。

 JSP方式のスピーカーが完成!

 低音の出づらい純正アンプを交換したダイソースピーカーと聞き比べてみます。

 すると明らかに音が違いました。コメント欄にも「おお」「全然違うんですね」と驚きの反応が寄せられています。

 ダイソーのスピーカーユニットで作った自作の別スピーカーとも比較。JSP方式は低音域が目立つと感じたとのこと。あいはらさんは、くどくないダイソースワンの音が一番好みだそうです。そして低域だけならば密閉型がくせが無くて好きとか。バスレフ、密閉型、バックロードホーンとそれぞれの違いがある中で、どの音が好きかは人によって好みが出そうです。

 そして周波数を見ると、あいはらさんが目立つと感じたJSP方式が1番200Hz付近の低域が出ていました。

 今回のスピーカーを作って感じたのは、「まだまだ知らない形式のエンクロージャーはいっぱいるんだな~」ということだとあいはらさん。他の形式のスピーカーの制作にも取り組んで行きたいそうです。

 音の違いに興味を持たれた方はぜひ動画で聞き比べてみて下さい。サイズの決め方や木材を扱う際のポイントなど、制作の詳細もわかりやすくまとめられています。

視聴者のコメント

・見た目がかわいい
・見た目個性的でええね
・マーブルチョコ食べたのいつが最後だろう
・凄いなこれ
・低音大事やな
・スワンの手間を考えると良いのかもなぁ
・ウーハーなくてもこれだけ出るんだな

▼動画はこちらから視聴できます▼

ダイソー300円スピーカーとマーブルチョコを使って超重低音スピーカーをつくってみた

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

ダイソーの300円スピーカーで「トーンゾイレ型スピーカー」を作ってみた! 低音がズンズン響いて大迫力!

サウンドバー風のスピーカーを自作! 好みの音に調律してテレビの音を“コンサートホールの演奏”に近付けてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング