話題の記事

水戸の河和田八景『膳棚帰魚』を散歩してみた! まるでタイムスリップしたかのような感覚に「どんどん景色が時間巻き戻ってる感」

 今回紹介するのは、クワイトさん投稿の『【水戸の名勝・河和田八景】膳棚帰魚に行ってきました【CeVIO旅行/ささらのまんぞく】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

茨城県水戸市の河和田エリアの景勝地「河和田八景」
そのうち3ヵ所をめぐってきました!

特に町中にありながら文明から隔絶したかのような「膳棚帰魚」は不思議な空間!現地には桜もあり、春はきっとキレイなことでしょう!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 茨城県水戸市の河和田エリアにある「河和田八景」。その中で「高間原秋月・吉田晴嵐・膳棚帰漁」の三か所を巡ります。

 今回は近代的な街並みから出発し、目的地である昔の風景が広がる河和田八景に到着すれば、タイムスリップしたかのような感覚を体験できそうです。

 スタート地点は茨城県水戸市にある赤塚駅から最初の目的地である高間原秋月へと向かいます。

気分は「駅から1分歩く毎に1年の時を遡っている」感覚

 目的地へは徒歩で向かっていますが、その理由は目的地近くに駐車場が無いためです。そのため、駅周辺の駐車場に車を止めています。

 駅から15分程歩いた先に、河和田八景のひとつ「高間原秋月」に到着しました。

クワイトさんの推測では「このあたりが高台でお月見にちょうどいい場所」だったとみています

 現代では草木が生い茂りゴチャゴチャしていますが、江戸時代はきっと綺麗な風景が広がっていたのかもしれません。

 ちなみにここにある橋の防護柵には土器の柄が描かれています。

 そんな高間原を南に進むと交差点の一角に吉田神社があります。

 ちなみに、こちらの御祭神は日本武尊となっています。そして、この吉田神社の場所が吉田晴嵐となります。

 先ほどの街並みとは違い、凛とした雰囲気が漂っています。お参り中には風は吹いていませんでしたが、晴れた日の山風を思わせるさわやかな風が吹きそうな場所だったそうです。

 最後は今回のメインの目的地である膳棚帰魚を目指します。

ここから本格的にタイムトラベルしたかのような景色が広がります

 道なりに進んでいくと案内板があり、そのルート通りに奥へ進みます。

反対の道を進むと大学の応援団とケンカになる可能性があるとのこと

 二本道を左に進み、細い道を突き進みます。

 ずんずか進むと膳棚帰魚に到着しました。

ここだけ江戸時代から何も変わっていないような自然が広がっている

 先ほどまで自動車が行きかう現代にいたとは思えない風景が広がっています。

 先ほどの場所からまだ先があります。実は川沿いに薄っすら道があり、そこを進みます。

 道中には蜘蛛の巣がひどいらしく、枝で払いながら前に進みます。

  そんなけもの道を進むと、開けた場所に出ました。そして、その先には昔を思わせる橋がありました。何とも言えない情緒があり、景観とマッチしていて趣があります。

 そんな橋を渡ると出口となります。

 出口を出るとアスファルトの舗装路が現れました。

若干戻る時代を間違ったかのような錯覚を覚える道

 そして県道に合流。無事現代の風景に戻ってくることができました。まるで過去にタイムスリップしたかのような今回のスポット、いかがだったでしょうか。そんな不思議な世界「河和田八景」を映像で楽しみたい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

ささらが…未来から来た未来人だったら…どうする?
確かに駅から遠ざかるにつれどんどん景色が時間巻き戻ってる感
枯れ木も味わいがあるかも
さすが古事記
選定はしたけど剪定はしなかったんだな(激ウマギャグ


▼動画はこちらから視聴できます▼

【水戸の名勝・河和田八景】膳棚帰魚に行ってきました【CeVIO旅行/ささらのまんぞく】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

紅葉を求めてドライブ旅! 日光いろは坂、長野でキャンプ&温泉と盛り沢山の週末を楽しんできた

東北へドライブ旅! 五色沼や磐梯吾妻スカイラインの美しい景色、蔵王キツネ村のモフモフを堪能してきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ全般」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング