話題の記事

日帰りで小江戸「川越」に行ってきた! いつもの電車のその先を楽しむ“小さな旅”へ「最高!」の声

 今回紹介したいのは、みおみっく*さんが投稿した『【日帰り旅行祭】いつもの電車の、その先に。【川越】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

通勤・通学…いつも乗り慣れた電車。 普段降りる駅の向こうには、何があるんでしょう? 京町セイカが”その先”の「川越」に訪れます。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 池袋駅から、東武東上線で川越へ向かう投稿者のみおみっく*さん。

 早朝の街並みが流れる中、小さなせせらぎを過ぎると川越駅です。

 まず向かったのは川越氷川神社。

 鳥居をくぐって境内へ。こちらは素盞鳴尊(すさのおのみこと)と奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、その2柱のこどもまたは子孫と言われる大己貴命(おおなむちのみこと)、奇稲田姫命の両親とされる脚摩乳命(あしなづちのみこと)と 手摩乳命(てなづちのみこと)と家族の神様5柱が祀られています。

 2組の夫婦神様が祀られているだけに家族円満や夫婦円満、そして縁結びのご利益があるそうです。

 めでタイ飾りがある川越氷川神社のおみくじ「鯛みくじ」。

 赤いこちらは「一年安鯛みくじ」です。他にはピンクの鯛の恋みくじ「あい鯛みくじ」もあります。

 駅へ向かって歩みを進めると古風な家が見えました。川越名物の蔵造りの町並みです。

 素敵な小路を行くと「川越バウムLab.」が。

 みおみっく*さんは一番乗り。焼き立てのバウムクーヘンをその場でカットしてもらい、アイスと共にいただきます。

 お次はこちらも川越の見所「大正浪漫夢通り」へ。

 その中でもひときわ老舗の佇まいの「小川菊」に入りました。創業1807年と、正真正銘の小江戸の粋を残すお店です。

 和室で静かに待っていると、かぶと焼きとほねせんべいのおつまみ2品が来ました。ビールは「COEDO 瑠璃」。川越の地ビールです。

 うな重と肝吸いも並び、豪華なお昼ごはんとなりました。

 箸先でふわりとほぐれるうなぎを食べたら電車へ。秋の陽はまだ高いけれど、小さな旅にはこれで充分と帰路へつくみおみっく*さんでした。

視聴者のコメント

・最高!!
・テンポも言葉選びとても好き
・ブルジョワめ!うまそう
・川越もお洒落になったな
・日帰りはこういうのが自分に合ってる
・あーおいしそう!

▼動画はこちらから視聴できます▼

【日帰り旅行祭】いつもの電車の、その先に。【川越】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

大型客船「さるびあ丸」で伊豆大島へ釣り旅行! 日本唯一の砂漠を見たり温泉に入ったり、海と山を堪能してきた

東北へドライブ旅! 五色沼や磐梯吾妻スカイラインの美しい景色、蔵王キツネ村のモフモフを堪能してきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「レジャー」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング