話題の記事

大型客船「さるびあ丸」で伊豆大島へ釣り旅行! 日本唯一の砂漠を見たり温泉に入ったり、海と山を堪能してきた

 今回紹介したいのは、みおみっく*さんが投稿した『【釣りのあとには♪】大海原の離島☆伊豆大島』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

日常を飛び出して、大海原の離島・伊豆大島へ! 釣りに観光に、まるっと遊んで大満足♪ 釣りはもちろん、ほかにもイロイロめいっぱい楽しんで、 一日を満喫したい!してほしい!!シリーズです。


 釣りのために投稿者のみおみっく*さんが1人向かったのは浜松町。竹芝客船ターミナルから船に乗ります。

 夜景を楽しみつつ向かうのは、東京から120キロ南にある伊豆大島。観光名所だけでなく、いい釣りスポットがいくつもあるそうです。

 船がレインボーブリッジをくぐります。

 次に見えたのはベイブリッジ。こちらも美しいです。

 去年就航したばかりのさるびあ丸はとても綺麗で、船内にレストランやシャワーやエレベーターもあります。

 伊豆大島へは朝6時に到着しました。

 まずは到着した岡田港で釣ります。ここは足場がよく、大物も狙える定番の釣り場です。

 ちくわをワームにしたちくワームで軽く投げてみたところ……

 いきなり地球が釣れました。

 次はイカの短冊的カットをしたちくワームでテトラの穴を狙います。

 根魚のアカハタが釣れました。まだ小さいのでリリースします。

 ポイントを移動して隣の泉津港に来ました。こちらは磯釣りの名所です。

 また赤い魚が釣れました。今度は毒のある本家のオニカサゴです。こちらもリリースすることにしました。

 島の南側、波浮港まで来たみおみっく*さん。お腹が空いたのでコロッケが名物の鵜飼商店で食料を調達。

 夜にはお店が全て閉まるので、夕飯分も含めて揚げ物を爆買いです。

 そして最初の岡田港へ戻りました。常夜灯のあるこちらで今夜は夜釣りです。仕掛けをカゴ釣りのものに変えて、思いっきり飛ばします。

 暗くなってきました。浮きの先に付けた明かりがポツンと光っています。すると浮きが沈んでグングン引きはじめました。

 釣れたのはイサキ。サイズは38cmとイサキとしては大型です。群れで泳いでいるので、今がチャンスと続けたところ……

 同じくらいのサイズのイサキが釣れました。

 その後は50cmのゴマサバが釣れるも、サバ祭りとなり他の魚は釣れないのでお開きに。

 朝です。2日目は三原山観光をしつつ、島一周ドライブをします。

 車から降りて登った三原山は、見渡す限り灰色の大地でした。火山岩で出来た砂漠だからだそうです。この辺りは日本で唯一国土地理院で「砂漠」に指定されています。

 独特の景色を進んで見えた三原山の頂上は、ネコミミのような形でした。上から見ると大きな火口になっていて、フチをぐるりと一周することができます。

 裏砂漠は大島らしい砂漠と海のコントラストが見られるオススメのスポットだそうです。

 もう1つの火山関連は島南部の道路。

 ミルフィーユのような地層が続いています。

 旅の最後は温泉です。夜釣りと山登りの疲れを癒します。

 帰りのフェリーが来ました。島を離れるときには寂しいような複雑な気持ちになるというみおみっく*さんでした。

 今回の旅の釣果です。

 島で購入した調味料や食材を使い、見事な食卓となりました。

 釣りに観光、そして帰ってからの美味しい食事と、充実の伊豆大島フェリー旅。旅の詳細や料理に興味を持たれた方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

・きれいじゃのうぅ
・新幹線、ジャンボジェットと比べて一番旅情感あるのはやっぱフェリーよねえ
・いきなり釣り場なのか、いいなぁ
・地 元 へ よ う こ そ
・美味しそう
・気持ちいいドライブだねぇ
・すごく面白かったです~

▼動画はこちらから視聴できます▼

【釣りのあとには♪】大海原の離島☆伊豆大島

―あわせて読みたい―

テンヤタックルで真鯛に挑戦。魚拓を取りたくなるような“超大物”を釣り上げてきた!

中深海でサビキ釣り…カヤックで“サバの群れ”に出会い、堤防のごとくガンガン釣ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「おもしろ動画」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング