話題の記事

「QRコード」で表示する時計を作ってみた! 1秒ごとに変化する時刻を“スマホで読み取る”設計に「かっこいい」の反響

 今回紹介したいのは、きっちーさんが投稿した『【電子工作】QRな時計を作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

約100個のLEDを使用してマイクロQRコードで時刻を表示する時計を作りました。 スマホをかざすだけで時間が分かる優れモノ!

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のきっちーさんが、QRコードで時刻を表示する時計を作りました。モノクロですっきりとしたデザインをしています。

 材料です。

 95個のLEDを植えたら、裏側はマトリクス状に配線。

 続いて部品を実装。背丈が大体揃っているのがいい感じです。

 UEW配線をしたら、スズメッキ線で電源を配線しパスコンを付けたら基板の出来上がり。

 次にアクリル板を取り付け。表面はスモーク、裏面はクリアです。

 方眼紙でQRコードのフレームを作ったら、プログラムを書き込んで完成!

 電源をつなぐと光りました。

 1秒ごとに表示が切り替わります。そのデザインには「かっこいい」「美しい」の声が寄せられました。

 リーダーをかざすとちゃんと読み取れています。10桁の数字で月日と時刻を表していますね。

 時計のQRコードは普通のものより小さいマイクロQRコードというもの。スマホ標準のQRコードリーダーでは読み取れないかもと、デンソーウェーブ公式のアプリ「クルクル」を使用しています。1秒ごとに変わる画面に対応する、アプリの読み取りスピードにも驚きの声が上がりました。

 この時計にはさらにおまけの機能が付いています。

 なんとジャンパ線をつなぐことで日付と時刻が流れ始めました。月日だけでなく年まで表示され、情報量も増えています。

視聴者のコメント

・仕上がりいいねぇ
・かっこいいな
・美しい
・おおすげえww
・これは革命だ
・こっちでええやん…
・便利じゃんw

▼動画はこちらから視聴できます▼

【電子工作】QRな時計を作ってみた

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

マイコンを使わずに『ライフゲーム』を作ってみた! アナログ演算で生死判定する電子回路がロマンの塊

「QRコード」の模様のサラダを作ってみた! “情報を食う”レシピは次世代の味⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング