話題の記事

昭和レトロな雰囲気漂う「広島県旧加計町」を街ブラしてみた! 自然と調和する文化財「吉水園」で風情と静寂に包まれるひとときを堪能

 今回紹介するのは、アマノ・ウキフヌさんが投稿した『大田川を望む「旧加計町の町散策」昭和風な街並みと名勝 吉水(よしみず)園 山県郡安芸太田町加計』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

国道191号線を大田川沿いに北上していく安芸太田町へ至る。安芸太田は加計町、戸河内町、筒賀村が平成の合併で平成16年誕生した町である。加計の本通り商店街などまわる。
加計は19年にも戸河内出身の山仲間と秋に一度訪れているが久しぶり。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のアマノ・ウキフヌさんが、広島県の北部に位置する安芸太田町加計を訪れ、街散歩した様子を紹介していきます。

 以前、JR加計駅があった駅前広場の中央に、ホームの一部が現在もモニュメントとして残されています。太田川の近くにある「太田川交流館かけはし」にお邪魔します。

 続いて、交流館の駐車場から表通りに入っていくと、常禅寺という寺院が目に入ります。こちらは古い寺院で、天明の頃の飢饉の犠牲者の供養墓などもあるそうです。いい風情ですね。

 続いては「百句苑」に向かいます。ここは俳人「後灯明俊治」が建立した俳堂があり、街を一望することができます。見渡す限りの緑。青葉が生い茂り、生命を感じることができますね。

 そしてお次はいよいよお目当ての吉水園です。 普段、一般公開は年の2回しかないということですが、今年はコロナ禍のため、春の公開が中止になりました。園内には天然記念物のモリアオガエルも生息しているようです。

 ということで、今回は外からの風景をごらんください。吉水園は、江戸時代に中国地方有数の鉄山師であった加計隅屋(かけすみや)の16代当主だった佐々木八右衛門が山荘として建立したものです。

 とても風情があって、心が癒やされます。秋には一般公開が再開されるといいですね。加計町は昭和レトロな雰囲気あふれる街並みです。最後は鯛焼屋よしおさんの名物たいやきで街ブラは終了です。

 そよそよと風が吹き抜ける街を、ゆっくりと歩きながらノスタルジーに浸る……。ステキな街散歩でしたね。興味を持たれた方は、ぜひ動画をご覧ください。

▼動画はこちらから視聴できます▼

大田川を望む「旧加計町の町散策」昭和風な街並みと名勝 吉水(よしみず)園 山県郡安芸太田町加計

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

越前海岸から日本海の景色を楽しむドライブはいかが? 展望スポットから臨むに雄大な自然に非日常を味わおう

富士山の絶景を堪能しながらツーリング! さわやかな湖と自然にあふれたスポットを巡るコースに「ロケーション最高だ」「じつによき!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「レジャー」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング