話題の記事

『ポケモン リーフグリーン』同じ攻撃を2回受けたらデータ削除プレイ! 狂気の縛りプレイを続ける投稿者に「またお前か」「また変な縛りやってる」の声

 ニコニコ動画をチェックしていると、一度も見たことがない動画なのに強い既視感を覚える動画と出会うことがある。

 既視感を感じるのはサムネイルだったり、タイトルであったり様々だが、既視感を感じた動画はついつい気になってみてしまうし、そういった既視感を覚えるほどクセのある動画は大抵想像通りの投稿者によるものだ。

 こういったケースはニコニコ動画では特別珍しいものではなく、「またお前か」や「お前じゃなかったらどうしようかと」など、既視感を感じた動画が予想通りの投稿者だった際に登録されるタグが存在するほど。

 今回紹介するのも多くの視聴者が「あの人に違いない」と信じてアクセスした既視感の強い動画。マサさん投稿の『【ポケモン】同じ技を2回食らったらセーブデータを消す縛り(Part①)』だ。

 この動画はポケモンとヒマワリ栽培や羊毛フェルト作りなど外的要素を組み合わせた特殊な縛りプレイを多く投稿しているマサさんによる新シリーズ。

 今回は同じ技を受けてしまったらセーブデータを消すという狂気的な制限を設けた縛りプレイ動画。そのPart1の様子をご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『ポケモン』ヒマナッツが瀕死になった分だけ現実でヒマワリを栽培!? ハイペースにヒマワリの種を植えていく様子に「地植えじゃないと間に合わなそう」と心配の声

『ポケモンORAS』羊毛フェルトで人形を作りながら実況プレイ? “自作したポケモンのみ使用可能”という謎の縛りプレイに「かわいい」が止まらない件

同じ技を受けたらデータ削除でやり直し、視聴者も困惑の縛りプレイ

 さて、今回紹介するのは前述の通り「同じ攻撃を2度受けてしまったらセーブデータを削除する」という、あまりにも狂気的な縛りを設けた実況プレイ動画シリーズ。

 タイトルから狂気が漏れ出ている本シリーズを投稿するのは過去に「ヒマナッツがひんしになったら現実でヒマワリ栽培して戦線復帰させる」といった独特な動画を投稿しているマサさんだ。

 これまでいくつもの特殊な縛りプレイに挑戦してきたマサさんは今回、『ポケットモンスター リーフグリーン』に以下のルールを設けてゲームのクリアを目指している。

・同じ技を2回受けてしまったらセーブデータを削除
・受けた技はすべてのポケモンで共通とする
・当たる技のみを対象とし、外れた場合はカウントしない

 本シリーズにおける制限自体は実にシンプルなもので、とにかく2回同じ技を受けてしまったらセーブデータを削除するのだ。

 対象となるのは相手に当たる技で「たいあたり」などの攻撃技、「なきごえ」など相手のステータスを低下させる技、「さいみんじゅつ」などの状態異常にする技が対象となる。

 連続ヒットする技は1セット、ため技は攻撃が当たったタイミングで1回カウントされ、外れた場合や効果がない場合はカウントされない。

 一方で自身のステータスを上昇させる技や天候を変化させる技、「ヘドロえき」などのダメージを与える特性などは対象外だ。

 受けた技のカウントは他のポケモンに交代してもカウントは引き継がれるため、手持ちのヒトカゲがたいあたりを受けた後、手持ちのピカチュウがたいあたりを受けてしまった場合はデータを削除しなくてはならない。

 生配信でプレイが披露され、現在も更新中である本シリーズ。この衝撃的過ぎる縛りの紹介に動画では多くの視聴者から困惑のコメントが寄せられていた。

ライバル戦で200回オーバーのリテイク!! 縛りの厳しさを見せつけたPart1

 さて、本シリーズの厳しすぎる縛りを確認したところで、Part1のプレイシーンを見てみよう。

 最初に戦闘が行われたのはいわゆる御三家を選んだ後のライバル戦。レベルが低く弱点も突けないライバル戦は、同じ攻撃を受けられない縛りを設けたマサさんにとって非常に厳しい戦いとなる。

 マサさんは攻撃が外れる可能性、そして後のタケシ戦を考慮しゼニガメを選択。

 たいあたりで急所に当てるしかないと、相手の攻撃が外れつつ急所を引く可能性に賭けて戦うも……。フシギダネの攻撃が2回連続ヒットし、最初のリセットが行われた。

 続く2回目、3回目はそれぞれ3ターン目まで進むも4回目は避けられず失敗。この縛りの厳しさを痛感させた次のカットで表示されたのは、まさかの51回目の挑戦。

 一気に進んだカットに視聴者は困惑を隠せないものの、この51回目の挑戦はフシギダネの初撃が外れた上に急所を引いてる大チャンス。

 次のターンでフシギダネがなきごえを使用するか、もう一度急所が引ければ突破も見える展開なのだが……、そんな熱い展開でもそう上手くはいかないのがこの縛りだ。

 急所を引くことが出来なかった上に、たいあたりは命中し、マサさんは「ああぁぁあぁ」と声にならない叫びと共にリセットボタンを押している。

 ライバル戦脱出のパターンが上手く引けないまま、厳しい戦いが繰り広げられること6時間30分が経過した頃にハプニングが発生。

 リトライの連続により押し続けられたゲームキューブのリセットボタンが陥没し、いつボタンが戻ってリセットが暴発するかわからない緊張感のある状況が生まれてしまった。

 最早笑うしかないほどの緊急事態だが当然のように縛りは続行され、278回目の挑戦。正しく挑戦回数をカウントできないほど披露した先で転機は訪れた。

 気分転換に採用し始めたヒトカゲの対面、ゼニガメは攻撃を外すわ、尻尾は振るわの大盤振る舞い。

 51回目の挑戦を思い出させる展開だが今度は最後まで幸運が続き、プレイ開始から通算8時間ついにライバル戦を突破した。

 後のタケシ戦での不安を抱えるヒトカゲを選んでいるものの、ついに辛すぎる戦いを越えたマサさんは研究所を出るなり「光だ……」と、とてもゲームを遊んでいるとは思えない発言をこぼしながらも大喜び。

 動画では突破を祝うコメントが多く投稿されている一方で、「なに、この人、、、なに?」とあまりの狂気に触れ困惑するコメントも寄せられていた。


 同じ攻撃を2回受けてしまう度にセーブデータを削除する本シリーズは執筆時点でPart1が投稿中。現在も生配信によるゲームプレイは行われているため、今後の行方をぜひチェックしてみてほしい。

文/富士脇 水面

【ポケモン】同じ技を2回食らったらセーブデータを消す縛り(Part①)

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『ポケモン』ヒマナッツが瀕死になった分だけ現実でヒマワリを栽培!? ハイペースにヒマワリの種を植えていく様子に「地植えじゃないと間に合わなそう」と心配の声

『ポケモンORAS』羊毛フェルトで人形を作りながら実況プレイ? “自作したポケモンのみ使用可能”という謎の縛りプレイに「かわいい」が止まらない件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング