話題の記事

『クロノ・クロス』を縛りマシマシでプレイ! 装備変更禁止に戦闘不能禁止、エレメントも制限して仲間38人とのグッドエンドを目指す縛り動画

 1999年にスクウェアより発売されたPlayStation用RPG、『クロノ・クロス』

 『クロノ・トリガー』の続編にあたる作品であり、パラレルワールドをテーマにとした複雑なシナリオやスタミナと属性を意識して戦う戦闘システム、旅を共にする仲間が非常に多いことが特徴の作品だ。

 今年4月に発売が控えるリマスター版では、いくつかの新機能に加え、本作の原型ながらも今までプレイ自体が困難だったノベルゲーム『ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-』が収録されるということで、発表時にはSNSなどで大きな盛り上がりを見せている。

 今回紹介するのはリマスター版の発売が控える『クロノ・クロス』に関する動画。クロノシさん投稿の『【神縛り】クロノクロス最高難易度クリア目指す第1回◆ゆっくり実況』だ。

 この動画は装備変更や戦闘不能禁止をはじめとする10の縛りを設け、『クロノ・クロス』のグッドエンドを目指すというもの。

 今回は縛りマシマシの『クロノ・クロス』実況プレイ動画、2年にも及ぶ長い戦いに挑んだ動画をご紹介する。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『クロノ・トリガー』技・アイテム・装備縛りプレイ! レベルアップするごとに縛りが増えるプレイ動画に「撮れ高抜群で草」の声

『クロノ・トリガー』ゴンザレス戦のみでレベル99を目指す──プレイ開始から300時間以上、撃破数37000体超えも、いまだレベル58という狂気

10の縛りで挑む禁止事項だらけの『クロノ・クロス』実況プレイ

 縛りに縛って『クロノ・クロス』のグッドエンドを目指す本シリーズ。まずは本作を最高難易度たらしめる10の縛りを紹介しよう。

 本シリーズに設けられている縛りは以下の通り。

・装備変更禁止
・味方の戦闘不能禁止
・Lv5未満のグリッドにエレメント新規配置禁止
・各グリッドのエレメント配置2つまで
・エレメント入り宝箱開封禁止
・盗み技禁止
・購入禁止
・固有エレメント全回収
・全仲間ボス戦時参加
・仲間38人でグッドエンド

  縛りプレイではお馴染みのものから、本作ならではの仲間に関するものまで多くの縛りが設けられている本シリーズだが、やはり気になるのは『クロノ・クロス』ならではの縛り。

 先にも本作の特徴として仲間になるキャラクターが多いことを挙げているが、本縛りでは1周目で仲間に出来るキャラクター全員を招集。38人の仲間と共にグッドエンドを目指す。

 もちろん、ただ仲間にするだけでなく、仲間にしたキャラクターは全員1度はボス戦で勝利する必要があり、使いやすいキャラクターだけを使って進めるなんてマネはできない。

 本シリーズでは初期装備でのプレイが強いられているほか、戦闘不能時には即リセットとなっているため、どの戦闘で誰を選択するのか注目だ。

 また、各キャラクターのエレメントにも多くの縛りが設けられている。

 他作品で言うところの技や魔法のようなものであるエレメントを使用するためにはグリッドに配置しておく必要があるが、本縛りではレベル5未満のグリッドへの新規配置と配置数を制限。

 初期から配置されているエレメントは使用できるものの、基本的にはグリッドが増えるまでは初期状態で進める必要があり、各グリッドにはぞれぞれレベルごとに2つずつしかエレメントが配置できない。

 配置に制限がある一方で、キャラクターごとに用意されている固有のエレメントは全回収。ストーリー外で入手できるエレメントも全て回収する必要がある。

 多くの縛りが設けられているエレメントだが、本シリーズでは入手方法にも制限。通常であれば購入や宝箱での入手のほかに敵から盗むことも出来るが、どれも禁止だ。エレメント入手は敵のドロップかイベントでの回収に限られる。

番外編で別ルート回収。本編後半では山場の連続

 2017年から投稿がスタートし、2年ものプレイを経て完結している本シリーズ。動画では初心者からプレイ済みプレイヤーまで楽しめる小ネタや解説に、縛りの影響を受けた厳しい戦いなどさまざまなシーンを見ることができる。

 シリーズ序盤では縛りの説明をしながら、本作の基本的なシステムについても解説。独特なバトルシステムの解説も丁寧に行われているため、どこに注目すればいいのかもわかりやすい。

 また、動画終盤のおまけパートや度々挟まれる番外編の動画では、本編では触れられなかった別ルートなども紹介。

 番外編では、すべての仲間を回収するために選ばれなかった会話がピックアップされているほか、本編とは異なるイベント戦闘なども収録。

 ちなみに、番外編の戦闘にも本編同様の縛りが設けられており、Part4で披露された蛇骨館の正面突破では本編以上の厳しい戦いを披露していた。

 一方、本編ルートでは序盤から多少の苦戦はあるものの、本格的に厳しい戦いが始まるのはシリーズ後半から。 

 特にPart36以降に収録されているボス戦はクロノシさん曰く山場の連続で、前動画から挑んでいたヴィータ戦は厳しい戦いではあるものハイキング程度。それ以降のボス戦は山脈と言えるほど厳しい戦いが続くという。

 実際、動画では次の山場とされていたベリルに大苦戦。異次元のダメージを与えるメガトンパンチにパーティーが壊滅しながらも、突破していく様子が収められていた。


 序盤から続く丁寧な解説と共に、ゲームが進むほど厳しい戦いが続くボス戦と見どころの多い本シリーズは既に完結済み。10の縛りの中でクロノシさんはどのように突破していったのか、ぜひ動画をチェックしてみてほしい。

文/富士脇 水面

【神縛り】クロノクロス最高難易度クリア目指す第1回◆ゆっくり実況

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―
『クロノ・トリガー』技・アイテム・装備縛りプレイ! レベルアップするごとに縛りが増えるプレイ動画に「撮れ高抜群で草」の声

『クロノ・トリガー』ゴンザレス戦のみでレベル99を目指す──プレイ開始から300時間以上、撃破数37000体超えも、いまだレベル58という狂気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング