話題の記事

ソビエト重戦車を「漆」でめでたく仕上げてみた! 金色の将校も乗せて特別感たっぷりに完成

 今回紹介したいのは、ホビージャンキーさんが投稿した『【戦車プラモ #01】ソビエト重戦車 JS-2』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

明けましておめでとうございます。 本年一発目はタミヤ 1/35「ソビエト重戦車 JS-2」を、新年なのでめでたい感じで作りました。 台座にスピーカー仕込んだり、漆を塗ってみたり楽しく作ることが出来ました。 ソ連戦車なのに和柄なのはご勘弁ください。JS-2のフォルムが好きなんです。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 投稿者のホビージャンキーさんが、タミヤの「ソビエト重戦車 JS-2」のプラモデルを作ります。

 中身を見てみると……パーツが多い!

 作るのはすごく楽しみだけれどパーツ数にひるんだホビージャンキーさんは、“進んでる感”を求めてパーツの大きなところから組んでいくことにしました。

 砲身の合わせ目消しやサスペンション等を切り出して、大きなパーツの作業は概ね終わりです。

 次は細かなパーツを切り取り、100均のケースに商品番号で分別。

 ヘッドライトのレンズはクリアにしたかったので、おゆプラで型を取りレジンで複製しました。

 リアルなたわみを簡単に再現できるのではと選んだ履帯はプラ製。

 簡単に……と選んだ履帯をひたすら切り出しゲート処理して塗装。作業は120パーツ×2です。

 連結していない履帯や転輪はダンボールにくっつけて塗装します。

 せっかくなのでフィギュアも乗せることに。キットからはハッチを開けて覗いている人だけを使い、もう一人はソビエト兵のセットから偉そうな人を選びました。新年1作目のめでたさを出すため服は金色にします。

 車体は濃いグレー、車体内部の赤くする部分は発色がよくなるようピンクベースの上に渋めの赤で塗装しました。

 車体はさらにマスキングをして格子柄に。

 黒とグレーでイメージ通りに出来ました。ただ、リタッチでの調色を考えると黒を吹いてからグレーを塗ればよかったと思ったそうです。

 ここにさらに漆で紅白の梅を描いていきます。幹や枝は金色です。

 漆の本透明を吹き、細かいパーツを取り付けて完成! 漆で仕上げたソビエトの重戦車です!

 足回りに見える赤が、絶妙にめでたさを演出していますね。

 黒の漆で仕上げた専用の台座は、スピーカーを仕込んでお正月の定番曲『春の海』が流れるようになっています。

 新年一作目にふさわしいおめでたい仕上がりとなった重戦車。制作の詳細に興味を持たれた方は、ぜひ動画をご覧ください。

視聴者のコメント

・すげー
・綺麗
・やべえかっけええ
・ピッカピカや
・おめでたくて笑っちゃった

▼動画はこちらから視聴できます▼

【戦車プラモ #01】ソビエト重戦車 JS-2

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

筆塗りだけでプラモを仕上げてみた! トラブルをリカバリーする技術力で「うまい」「かっこいい」の声

これが俺の戦車道! ダンボールでつくった“動く”九七式中戦車 チハに「尊敬します」「これがホントの紙装甲」と称賛の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「作ってみた」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング