ニコニコニュース

話題の記事

今期のアニメ1話をほぼ全部見たのでおすすめタイトルを10本紹介します【2021年夏アニメ】

 いよいよ放送が始まった2021年夏アニメ。

 新アニメをチェックしたり、お気に入りのアニメの感想を語ったり、忙しいながらも充実した日々を過ごす方も多いのではないでしょうか。筆者も放送・配信されたアニメは、片っ端からチェックしてます!

 今期は、『かげきしょうじょ!!』や『ラブライブ!スーパースター!!』など、女性キャラクター同士の熱い友情や絆を感じられる作品が豊富!

 加えて、女性キャラクターに限らず“関係性”がグッとくる作品もチラホラ。『死神坊ちゃんと黒メイド』とか『アイドリッシュセブン Third BEAT!』とか。

 また、『白い砂のアクアトープ』や『RE-MAIN(リメイン)』など、夏らしく、水の表現が爽やかで涼しげな作品がいくつかあったのも印象的です。

 どのアニメも見どころが豊富で、すべての作品がおすすめ! と言いたいところですが、「そんな時間はないよ!」という方も多いはず。

 そこで今回は、アニメ好きのライターである筆者が、今期放送・配信された1話をほぼ全部(7月1日~15日に放送された36作品)見て、その中からとくにおもしろかったタイトルを10本選んでみました

 筆者はいわゆる“関係性萌え”なところがあるオタクなので、キャラクター同士の関係性にドキドキ・ワクワクする方には、とくに相性抜群のラインナップになっているハズ。あなたが素敵な作品に出会うきっかけになれば嬉しいです。

文/小林白菜
編集/竹中プレジデント

アニメ好きライターおすすめ! 2021夏アニメ10選
その1:『白い砂のアクアトープ』
その2:『RE-MAIN(リメイン)』

その3:『カノジョも彼女』
その4:『ラブライブ!スーパースター!!』
その5:『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』
その6:『ぶらどらぶ』
その7:『かげきしょうじょ!!』
その8:『ぼくたちのリメイク』
その9:『迷宮ブラックカンパニー』
その10:『小林さんちのメイドラゴンS』

その1:『白い砂のアクアトープ』

(画像は白い砂のアクアトープ 第01話「熱帯魚、逃げた」より)

 『凪あす』、『色あす』スタッフが贈る、水族館が舞台のガール・ミーツ・ガール

 『凪のあすから』、『色づく世界の明日から』に続く篠原俊哉監督によるP.A.WORKSのオリジナルアニメ

 アイドルになる夢を諦めたものの、地元に帰りたくない少女・宮沢風花は、沖縄へと逃避行。そこで出会った少女・海咲野くくるを手伝って、水族館で働くことになるという、ガール・ミーツ・ガール作品です。

(画像は白い砂のアクアトープ 第01話「熱帯魚、逃げた」より)

 夢を失った風花と、大切な水族館の危機に直面しているくくる。ふたりが今後、どのように影響を与え合っていくのかというのがひとまずの見どころ。沖縄の風景や水族館のディテールは、惚れ惚れするような美しい背景美術で描かれ、物語を彩ります

 いまのところ過去作よりファンタジー要素は薄めですが、沖縄に伝わる少年のような姿の精霊・キジムナーが登場したりと、今後の展開にどのように絡んでくるのか気になります。

(画像は白い砂のアクアトープ 第01話「熱帯魚、逃げた」より)

 個人的には地に足のついた繊細な物語を期待している一方で、第1話終盤にあったようなロマンチックでファンタジックな見せ場ももっと観たかったり……。

 2クール、全24話の放送が決まっているとのことなので、じっくりと丁寧に描かれる少女たちの感情を、しかと見届けたいと思います。

『白い砂のアクアトープ』情報まとめページはこちら
TOKYO MXほかにて毎週木曜24時より放送中

その2:『RE-MAIN(リメイン)』

(画像はRE-MAIN 第1話「ごめんなさい、誰ですか」より)

 『タイバニ』脚本家が描く、記憶喪失少年が主人公の本格水球アニメ。

 主人公の清水みなとは交通事故に遭い、全国大会に優勝するほど水球に打ち込んでいた中学3年間の記憶を失ってしまいます。

 本作は、そんなみなとがひとつの約束をきっかけに、高校の弱小水球部で再起に挑む、完全オリジナルの青春アニメです。

(画像はRE-MAIN 第1話「ごめんなさい、誰ですか」より)

 タイトルにもなっている「リメイン」とは、水球のルールにおける反則のひとつで、英語で「留まる」という意味の単語。

 事故によって3年前の過去へとひとりだけ「留まる」ことになってしまったみなとのことも表しているものと思われます。

 第1話でのみなとは、もうすぐ高校生にも関わらず、精神的な年齢は小学6年生の頃に戻ってしまったことで、周囲の心配を他所に無邪気な反応を示します。

(画像はRE-MAIN 第1話「ごめんなさい、誰ですか」より)

 けれど、家族たちの苦悩を目にし、失ったものの大きさに気付いて受験にリハビリに、努力を重ねることに。

 気丈に振る舞おうとする家族と、ことの重大さになかなか理解が追いつかないみなと自身という意識の差にリアリティがあって、これからどうなっていくのかと物語に引き込まれます。

 題材のわりにコミカルな場面も多く、このあたりは『TIGER & BUNNY』の脚本を全話にわたって手掛けた西田征史氏が総監督・シリーズ構成を行っているからこそのバランス感覚なのかなといったところ。これからどんな熱い物語が展開されるのか、非常に楽しみです。

『RE-MAIN(リメイン)』情報まとめページはこちら
テレビ朝 日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠にて毎週土曜25時30分より放送中

その3:『カノジョも彼女』

(画像はカノジョも彼女 第1話「それが正しい道じゃなくても」より)

 彼女公認(!?)の“二股”に挑戦する、新感覚ラブコメ。

 本作は『週刊少年マガジン』で連載中のラブコメディ漫画が原作。高校1年生の向井直也は、ずっと好きだった幼馴染の女の子・佐木咲(さき さき)に告白、OKを貰って付き合い始めたばかりという、幸せの絶頂の真っ只中。

 しかしそんな中、直也を以前から好きだったという美少女・水瀬渚(みなせ なぎさ)に告白されてしまいます。

(画像はカノジョも彼女 第1話「それが正しい道じゃなくても」より)

 度を超えた生真面目な性格ゆえ、予測不能な行動を取りがちな直也は「咲のことは大切にしたい」、しかし「自分のことを好きだと言ってくれる渚のことも悲しませたくない」と、思い悩みます。

 そうして導き出した答えは、なんとふたりの承諾を得ての、彼女公認の“二股”。

 なんじゃそりゃとツッコミの声もありますが、あくまで全員が納得できる形で、3人共が幸せになれる方法を模索する姿勢には、個人的には好感が持てます。

(画像はカノジョも彼女 第1話「それが正しい道じゃなくても」より)

 咲は不本意ながら直也に押し切られてしまった格好ですが、渚があまりにいい子すぎて、3人での付き合いも悪くないと思い始めている印象も。女の子同士の関係の変化にも期待したいところです。

 基本は直也の生真面目すぎて正直すぎる性格による斜め上の言動や行動のインパクトに笑わせられてしまう、コメディテイスト強めの作品ではあります。

 けれど、「彼の考えかたは非常識だと笑い飛ばして本当にいいものなのか?」という疑問も沸いてくる、奥が深い(?)かもしれない作品です。

『カノジョも彼女』情報まとめページはこちら
MBS、TBS、BS-TBS“アニメイズム”枠にて毎週金曜26時25分より放送中

その4:『ラブライブ!スーパースター!!』

(画像はラブライブ!スーパースター!! #01より)

 挫折から始まる、まったく新しい『ラブライブ!』

 『ラブライブ!』、『ラブライブ!サンシャイン!!』、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』に続く、シリーズ第4のプロジェクトがついにアニメ化です。

 表参道、原宿、青山の狭間にある新設校・私立結ヶ丘女子高等学校の音楽科を受験した、澁谷かのん。

 しかし人前ではうまく歌えないという幼い頃から抱えていた問題のせいで、実技試験に失敗、同学校の普通科に入学することになります。

(画像はラブライブ!スーパースター!! #01より)

 もう歌や音楽は諦めようと決めたかのん。けれど、同じく普通科に入学した、“スクールアイドル”に憧れて上海から日本にやってきた女の子・唐可可(タン クゥクゥ)に、「一緒にスクールアイドルをはじめてみませんか?」と誘われてしまいます。

 一度は大好きなものを手放そうとした主人公が、別の子の情熱に突き動かされて変わろうとする――これまでのどの『ラブライブ!』とも異なる導入に、これからどんなことが起こるのだろう? と興味が尽きません

(画像はラブライブ!スーパースター!! #01より)

 また、メインキャラクターとして登場するスクールアイドルが過去作の9人よりも少ない5人になるということで、ひとりひとりの魅力や背景をこれまで以上に厚みを持って描いてくれそう。

 監督は初代『ラブライブ!』以来となる京極尚彦氏。まったく新しい『ラブライブ!』。けれど、王道ど真ん中の『ラブライブ!』。そんな誰も見たことのない『ラブライブ!』を期待したいです!

『ラブライブ!スーパースター!!』情報まとめページはこちら
NHK Eテレにて毎週日曜19時より放送中

その5:『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』

(画像は乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 第1話「破滅フラグを回避したので文化祭で浮かれてしまった…」より)

 実家のような安心感。鈍感・人たらし・悪役令嬢ファンタジー。

 大好きな『はめふら』の続編がついにスタート。待っていました、このときを!

 「FORTUNE LOVER」(乙女ゲーム)のエンディングまでの日々を“破滅フラグ”を立てずに無事生き延びたカタリナ。しかし、当然のように彼女の人生は続いてゆきます。

 『はめふら』の魅力といえば、男性キャラクターも女性キャラクターも、みんなカタリナのことが大好き! けれどカタリナ本人は超弩級の鈍感さで、そのことに気付かない……というところから来るズレたやりとりのおもしろさ。

(画像は乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 第1話「破滅フラグを回避したので文化祭で浮かれてしまった…」より)

 この空気感は前作から一切変わっておらず、まさに「実家のような安心感」が得られます。

 カタリナに想いを寄せる双子・ジオルドとアランたちの兄であるジェフリーとイアン、そしてその関係者たちという新キャラクターも登場し、物語的にはまたひと波乱ありそう。

(画像は乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 第1話「破滅フラグを回避したので文化祭で浮かれてしまった…」より)

 けれど、カタリナならきっとまた豪快に乗り越えてくれるはず。

 それから筆者はカタリナ×マリアの関係性を推しているのですが、第1話からこのふたりがとっても良い感じだったので、この調子でお願いしたいです。

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X 』情報まとめページはこちら
MBS、TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて毎週金曜25時25分より放送中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング