話題の記事

木でロードバイクを自作してみた! ペダルレスで重量8.3キロと驚きの軽さ、漆塗りで仕上げたフレームは工芸品レベルの美しさ

 今回紹介するのは、椿工藝舎さんが投稿した『木製ロードバイク4号車の製作』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

木製ロードバイク4号車の製作過程をスライドショー動画にしました。
材料には日本の木材タモとヤマザクラを使い、塗装は日本の伝統的な塗料である漆を使っています。
完成車重量はペダルレスで8.3kg、走行性能は一般的なロードバイクと同じくらいですが、乗り心地はカーボンバイクをマイルドにした感じになりました。


 木材からロードバイクを手作りしました。漆塗りで仕上げており木目がきれいです。

 フレームに仕込むパイプは、クロモリフレームを作るときに使用する部材を使います。シートポスト、ステム、ハンドルバーはスカンジウムを使います。フォークは、Columbusのフルカーボンを使います。

 木材はヤチダモとヤマザクラを使います。

 フレーム基本部分を接着します。ジョイントを作って補強もします。

 ヘッドとシートのパイプを仕込む穴を開けます。

 ケーブルを通す穴をあけて、ルーティングします。

 チェーンステー、シートステーの曲げ型を作り、曲げ・積層をします。

 黒檀でコラムスペーサーを作ります。

 チェーンステー、シートステーを接着します。

 タイヤは28cまで使えます。

 フレーム全体を削り、最終的な形にします。

 リアエンド金具をアルミ板から作ります。

 錆付け後に漆をしみこませて表面を固めます。好みの色になるまで漆を重ね塗りします。

 ホイールを取り付けて、各部クリアランスを確認します。

 塗装を仕上げます。この後研磨するので、少し薄くなることを想定して重ね塗りをしています。

 水研ぎ後にコンパウンドで磨きました。濃い色ですが、塗装の重量は50グラムほどしかありません。

 仮組みをして一週間漆を完全硬化させます。

 部品を組み付けて完成です。

 乗り心地はカーボンフレームをマイルドにした感じだそうです。重量はペダルなしで8.3キロ。遠目には木材には見えませんが、近寄って明るいところで見ると木目が見えます。

 椿工藝舎さんは、ギターの製作も手がけています。次は今回のフレーム設計を踏襲したディスクロードを製作する予定だそうです。

視聴者コメント

細かいところまで考えて作られてる・・・
工芸品だわ
びゅりほー!
かっこいい
木目見えてるのかっけー

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

木製ロードバイク4号車の製作

―あわせて読みたい―

ミニベロを改造して原付にしてみた! ナンバープレートを付けた“元自転車”が駆け抜けるさまに「本当の原付自転車だw」の声

逆転の発想!? ホンダのオフロードバイク『TLR200』を改造して自転車に。実用性はともかくカッコイイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング