ニコニコニュース

話題の記事

「ポケモン青」ミュウツーに幻のグラフィックが存在した!? コロコロに掲載された姿を巡る“ミュウツーコレジャナイ問題”に迫る動画が投稿

 ゲームをプレイしていて「思っていたものと何か違う」、「コレジャナイ」といった経験をしたことがあるだろうか?

 発売前からSNSなどで頻繁に情報が発信され、簡単に見つけることができる現在ではあまり経験することではないかもしれないが、多くのゲームに触れているゲーマーであれば一度は似た経験をしたことがあるだろう。

 筆者もかつていわゆるパッケージ買いをした結果、思っていたものとは少し異なり「ちょっと違ったな」と思いながらゲームをした経験がある。

 さて、今回紹介するのはそんな「コレジャナイ」に関する一本の動画。レアハンターマラリアさん投稿の『【ゆっくり調査】【ポケモン青】「幻の未実装グラフィック」に関する調査と「ミュウツー コレジャナイ問題」』だ。

 1996年に発売された初代『ポケットモンスター』。そのバージョン違いのひとつである『ポケットモンスター 青(以下、ポケモン青)』にはゲームに実装されなかった未実装のグラフィックが存在することをご存じだろうか?

 開発中の当時、一部の雑誌で公開された開発段階のグラフィック、その中でもひと際注目されたであろう「ミュウツー」をめぐる「コレジャナイ問題」を解決するため、非常に細かな情報収集を行った本動画。

 今回は20年以上が経過した現在でもプレイし続けられている名作ソフトのとある「コレジャナイ」に迫った動画をご紹介する。

―あわせて読みたい―
『スーパーマリオRPG』激レア装備「スーパージャンパー」、ゲットするためのジャンプ100回チャレンジが難しすぎる件

『ポケモン』ヒマナッツが瀕死になった分だけ現実でヒマワリを栽培!? ハイペースにヒマワリの種を植えていく様子に「地植えじゃないと間に合わなそう」と心配の声

『ポケモン青』ミュウツーコレジャナイ問題

 『ポケモン青』といえば1996年に発売された初代『ポケットモンスター 赤・緑』に続く、3つ目のバージョンとしてコロコロコミックなどの雑誌上で異例の通信販売が行われた作品。

 3つ目のバージョンとして発売された『ポケモン青』は登場する全てのポケモンのグラフィックが描き直された他、ポケモンの出現率や入手方法が変更されている。

 投稿者のレアハンターマラリアさんにはこの『ポケモン青』について、忘れることができない思い出があった。

 レアハンターマラリアさんがまだ子供だった1996年の秋頃に『ポケットモンスター』の最新情報を取り扱うコロコロコミックで『ポケモン青』が発売されるという情報が出た際、紙面にはポケモンのグラフィックが描き直されるという情報と共に変更後のポケモンのグラフィックが掲載されていた。

 掲載されたグラフィックのなかにはミュウツーも含まれており、従来のグラフィックとは異なるかっこいいポーズを決めているミュウツーは特に目を引くものであった。

 このミュウツーがどうしても見たかったレアハンターマラリアさんは、お母さんを説得し『ポケモン青』を入手。期待を胸に既に捕まえていたミュウツーを送り込むが……。

 『ポケモン青』に現れたのは雑誌に掲載されたグラフィックとは似ても似つかない姿をしていた。

 期待していたミュウツーが現れず「コレジャナイ!」と泣き叫び、ついでにお母さんにも怒られたレアハンターマラリアさんの苦い記憶。これが「ミュウツーコレジャナイ問題」だ。

とてつもなく精確な調査を行い記憶に眠るミュウツーと再開!

 コロコロコミック掲載時と実際のミュウツーのグラフィックが異なっていたということは記憶に残っているものの、この思い出は20年以上前のもの、思い出は本当に正しいのだろうか?

 レアハンターマラリアさんは事実関係を確認するため、ポケモンの関連書籍やWikipediaなどのウェブサイトをチェックしたものの、話題となっているのは『ポケモン青』でグラフィックに大きな変化が出たゴルバットに関するものばかりで、雑誌掲載時のグラフィックに関するものは見つけることができなかったようだ。

 ミュウツーコレジャナイ問題に関するアンケートを取ってみると「知らない」、「ゴルバットの方が印象深い」、「そもそも生まれていない」という意見の中に、「腕を組むミュウツー」が掲載されていたという証言を発見。

 自分ひとりの思い出ではないことが発覚したレアハンターマラリアさんは、さらに調査を進め「月刊コロコロコミック1996年11月号」の中に腕を組むミュウツーが掲載されていることを見つけ出した。

 あとは実際に確かめるだけと、レアハンターマラリアさんはまさかの「月刊コロコロコミック1996年11月号」の現物を用意し、ついにかのミュウツーと対面。

 雑誌に掲載されているのはまさに記憶の中に映るミュウツーそのもの、実に24年ぶりに求めていたミュウツーとの再会を果たした。

 動画中では『ポケモン青』を再び起動し、実際のグラフィックも確認するためハナダの洞窟で苦い記憶に眠るミュウツーとするが……。

 やっぱりレアハンターマラリアさんにとっては「コレジャナイ」ようであった。


 『ポケモン青』の幻のグラフィックに迫った本動画。動画では非常に丁寧に行われた調査の様子や、ミュウツー以外の幻のグラフィックなどにも言及、初代『ポケットモンスター』に関する様々な情報を確認することができる。

 「コレジャナイ」というかつての苦い思い出に決着をつけるため、自ら丁寧な調査を行ったレアハンターマラリアさんの動画をぜひご覧いただきたい。

文/富士脇 水面

【ゆっくり調査】【ポケモン青】「幻の未実装グラフィック」に関する調査と「ミュウツー コレジャナイ問題」

―あわせて読みたい―
『スーパーマリオRPG』激レア装備「スーパージャンパー」、ゲットするためのジャンプ100回チャレンジが難しすぎる件

『ポケモン』ヒマナッツが瀕死になった分だけ現実でヒマワリを栽培!? ハイペースにヒマワリの種を植えていく様子に「地植えじゃないと間に合わなそう」と心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング