ニコニコニュース

話題の記事

元アイドリング・遠藤舞も被害! 「芸能活動には枕営業が必要だ」と騙った“自称プロデューサー男”の逮捕を吉田豪が語る

 アイドル志望の女子高校生に対し、「芸能活動に必要」と称し、わいせつな行為をしたとして、準強制性交等容疑で自称フリーランスの音楽プロデューサー清成啓貴容疑者が逮捕された。

 久田将義氏吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「久田将義と吉田豪の噂のワイドショー」において、この話題に言及。

 吉田氏は元アイドリングの遠藤舞氏に容疑者から仕事依頼のDMが届き、当初から言動がおかしかったことや、過去に吉田氏が警鐘を鳴らしていた人物と同容疑者の接点があることを明かし、「怪しい人は怪しい人に集まっていくというのを実感した」と納得の様子だった。

※本記事はニコニコ生放送での出演者の発言を書き起こしたものであり、公開にあたり最低限の編集をしています。この番組は2020年3月26日に放送されたものです。

―あわせて読みたい―

『虹コン』元Pによるメンバーの盗撮に損害賠償判決。一部のハロヲタから“絶対に問題を起こす”と言われていた件に吉田豪「あれは本当だったんだ! と思って…」

『ラストアイドル』審査委員長になった吉田豪「ボクができるのは、不穏な部分をどれだけ評価するか」メンバーが次々と辞めていった今、胸中を語る


「怪しい人は怪しい人に集まる」清成容疑者と“自称プロデューサー”の接点とは

左から吉田豪氏久田将義氏

吉田:
 これ、報道される前にボクが拡散してたんですよね。

久田:
 そうなんだ。スクープじゃん。

吉田:
 元アイドリングの遠藤舞さんがnoteっていうサイトで事件発覚の1ヶ月ぐらい前に書いていたのを拡散したんだけど、彼女は現役アイドルへの注意喚起になる部分は無料で公開して、ある程度デリケートな部分を有料にするっていうやり方をしてたんですよ。
 つまり「おかしな仕事のオファーがきて、明らかにメールの書き方もおかしいし、すごい失礼な感じなので気をつけてください」みたいなことを無料で書いて、有料部分でその人物が特定できるようなことを書いていた、と。

 遠藤さんはそのオファーを断ったんですけど、断った瞬間、その人が遠藤さんの名前は出していないけどTwitterで罵ったりしていて、とにかくこの人はヤバイってなって。

 ボクは即座に有料noteを読んで特定して、遠藤さんに「この人ですね」って報告して。「芸能事務所をやってる」って言ってるのに、Twitterのアカウントに事務所のサイトのアドレスも事務所の名前も何も載せてないんですよ。なのに片っ端からTwitter上で女子高生とかに声をかけ続けてていて、ほぼスカされている状態のすげえ怪しい奴がいるってことがわかって。

久田:
 事務所をやってるなら、その事務所のサイトがないと絶対に怪しいよ。基本中の基本ですよね。

吉田:
 そのことをツイートしたら「豪さん、これを読んでください」みたいな感じで、このプロデューサーのまとめサイトを作っている人が連絡をくれたんです。その人がまとめたWikipedia風のプロフィールが、本当に「怪しい人は怪しい人に集まっていく」っていうのを実感したんです。

 本人いわく「A-Light(エー・ライツ)に所属して、寺西一浩が総合演出を務める東京ボーイズコレクションのサウンドプロデューサーと出逢い、その人のEDMユニットのメンバーとしてデビュー」って書いてあるんですけど、この寺西一浩っていう人が、ボクがもう10年以上「気をつけろ」と言い続けている人なんです。「ああ、繋がった!」って。

久田:
 そんな有名なの?

吉田:
 “田中真紀子の隠し子”と名乗ってデビューしてから、ずっと不思議な活動をし続けて、デヴィ夫人に罵られたりしてる人なんです。書いている本も怪しいんだけど、それもボクは全部読んで、TBSラジオの『ストリーム』で何度も紹介して、ボクはこの人にTwitterをブロックされています(笑)。本当に怪しい人はちゃんと繋がるんですよ。

久田:
 そんなもんだよね。本当にわかる。なんでだろうね。

吉田:
 この事件がニュースになった時、「捕まりましたよ!」って遠藤舞さんにすぐDMしたんです。

久田:
 気をつけなきゃいけないのは、こういう人って絶対途切れないからさ。また出てくるし、まだ他にも大なり小なりいると思うんだよね。

吉田:
 Twitterを見れば、怪しいのはわかるんだけど、それでも100人にひとりぐらいは騙されたりすることもあるでしょうからね。

久田:
 Twitterはそういう人が多いよ。まだいると思う。

吉田:
 被害者もいるわけで、遠藤さんは怪しいから断ったけど、ZOCのrikoさんもツイートしていて、「私もあの人から審査員のオファー来てた」「遠藤舞さんとは仲いいし審査員になることも決定とか言われた」らしくて、女の子もそうだけどボクみたいに審査員を頼まれがちな側も気をつけなければいけないってことですね。

▼YouTubeチャンネル
久田将義と吉田豪の噂のワイドショーはコチラ

(Youtubeチャンネルはコチラ

▼TABLO編集長久田将義の「ニコ生タックルズ」はコチラ

▼プロインタビュアー吉田豪の「豪さんのチャンネル」はコチラ

―あわせて読みたい―

『虹コン』元Pによるメンバーの盗撮に損害賠償判決。一部のハロヲタから“絶対に問題を起こす”と言われていた件に吉田豪「あれは本当だったんだ! と思って…」

『ラストアイドル』審査委員長になった吉田豪「ボクができるのは、不穏な部分をどれだけ評価するか」メンバーが次々と辞めていった今、胸中を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「報道」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング