話題の記事

伝説の『The Forest』実況動画シリーズがヤバい!! サイコパス実況者と呼ばれた栗御飯さんによる、恐怖から狂気に変化していくプレイがもはや笑ってしまう件

 飛行機事故から生き残った主人公が、見知らぬ森の中で襲い掛かる自然や原住民などに立ち向かうサバイバルホラーゲーム『The Forest』。

 2014年にSteamにて早期アクセスが開始された『The Forest』は約4年の時を経て正式版をリリース。12月13日にはロサンゼルスで行われたゲームイベントにて同作の続編となる『Sons of the Forest』が発表され大きな話題となりました。

 今回はご紹介するのは栗御飯さん投稿の『【実況】食人族の住まう森でサバイバル【The Forest】』という動画。

 Part1の再生数は200万回以上、ニコニコ動画に投稿された『The Forest』実況で最も人気と言える実況動画シリーズ。今回は本シリーズの魅力の一つ、プレイスタイルの変化に注目しご紹介します。

※本記事中には一部グロテスクな画像や表現が含まれます。ご了承のうえで御覧ください。

―あわせて読みたい―
『ポケモンBW』あらゆる選択をサイコロに任せる実況プレイ『賽ポケ』。最初のライバル戦からアツい展開を呼ぶサイコロが空気を読み過ぎていて草

『DARK SOULS II』レベル1縛りに回復禁止、一度使った装備の破棄。ハードすぎる10の縛りを設けた実況プレイ動画に「スッゲェ変態だぜ」の声

人喰いの原住民に恐怖するサバイバルホラーゲーム『The Forest』

 飛行機事故から生き残った主人公が一人、見知らぬ森で生き残るためのサバイバルを行う『The Forest』。

 プレイヤーは空腹や水分、体温などを気にしながら大自然に立ち向かうこととなる本作。始めたばかりのプレイヤーにとっては体力管理だけでも手いっぱいとなるところですが、プレイヤーを襲うのは大自然だけではありません。

 森の中には人を襲う原住民が生活しており、彼らはプレイヤーを見つければ襲い掛かってくるのです。プレイヤーは原住民に襲われるという恐怖と緊張感の中、原住民によって攫われた息子を探し出すこととなります。この実況動画も、恐怖感満載になるはずでした……。

まだまだ原住民への緊張感を感じさせる序盤の一桁Part

 ホラーは苦手という栗御飯さん、シリーズ序盤となる動画ではサバイバルホラーらしく原住民に怯える様子が確認できます。

 Part1ではゲーム開始から間もなく、墜落した飛行機の周辺でアイテムの回収を行っている栗御飯さんの前に現れた原住民。突然現れた原住民に「え? え!? 」、「おぉぉぉぉ!? なんだなんだ」と驚きが隠せない様子。

 襲い掛かる原住民によって体力が削られ、ゲームオーバーの文字が脳裏に浮かんだのか「やばいやばい」と必死に距離をとろうとしています。

 何とか撒こうと逃げ回るものの、どこまでも追い駆けてくる原住民に痺れを切らし立ち向かう栗御飯さん。しかし、体力が削られていたため倒されてしまいました。

 Part2では拠点を作ることを目標にしていた栗御飯さん、住みやすい土地を探して良さげな水場にたどり着きました。

 しかし、そこには見慣れぬ看板のような何か。そして、少し先には村のようなものが見えます。Part1で複数の原住民に襲われた記憶が残る栗御飯さん、原住民の村を前に緊張感が漂います。

 直後目の前を二人の原住民が通り過ぎると「居る居る居る!! 」、「気付かれる前に撤退だ」と引き返していました。

 まだ原住民を恐れていた栗御飯さんの様子にシリーズを繰り返し視聴しているであろう視聴者からは「まだホラーゲームやってた頃」といったコメントが寄せられていました。

狂気の片鱗が現れ始めた死体オブジェクトを作って喜ぶPart10

 後に視聴者から「サイコパス実況者」と評されてしまうほどのプレイを見せた栗御飯さん。Part10では早くもプレイスタイルが変化し始めていました。

 原住民の居住地などには死体を組み合わせて作られたグロテスクなオブジェクト「エフィジー」が建てられていますが、プレイヤーもまた原住民を警戒させるため死体を組み合わせエフィジーを作ることができます。

 森での生活にかなり慣れた栗御飯さん、Part10では「エフィジー! エフィジー!」とウキウキの様子でエフィジーを設置してみることにしました。

 作ることにしたのは三人の原住民と戦う必要があるエフィジー。Part1で逃げ回っていた栗御飯さんからは想像もできませんが、エフィジーに必要な頭部を求めて原住民に挑む様子が確認できます。

 必要な素材を集め終わり、このグロテスクなオブジェクトを完成させた栗御飯さんは「やったー」と満足気な様子。

 さらに、Part18では最早原住民への恐怖などはどこかへ行ってしまったのでしょうか拠点の回りにエフィジーを並べ喜ぶ様子が確認できます。

 Part1から随分変化したプレイには「最初の動画で逃げ回ってたやつと同一人物とは思えないなww」といったコメントが寄せられていました。

バグすらもサバイバルのひとつとして楽しむ!

 当時の『The Forest』は早期アクセス、言わば開発段階の未完成な状態であったため正式版になるまでの間、特に動画シリーズ序盤はまだ多くのバグが残されていました。

 alpha v0.01からプレイしている栗御飯さんは森での生活の中でさまざまななバグに出会うこととなりますが、どんなバグにもめげずに『The Forest』をプレイ。時にバグを楽しむ様子すら確認することができます。

 Par22では水に浮かせることのできる住居「ハウスボート」を建てた栗御飯さん、実装直後のこのハウスボートには驚きのバグが存在していました。

 次のシーンへカットインのため何気なくハウスボートに弓を向けた栗御飯さん、弓から矢が放たれると……。

 矢が命中すると円を描くように回りながら浮かび始めたハウスボート。想定外の動きに「ちょwちょwちょww」と困惑と笑いが混じった声を漏らす栗御飯さんと大爆笑の視聴者。

 その後のPart23、part23.5では引き続き弓とオブジェクトの組み合わせで発生する結果を検証し、視聴者を楽しませていた栗御飯さん。バグすらもエンターテイメントに変えてしまうとは驚きです。


人気のサバイバルホラーゲーム『The Forest』の実況動画を、リリース初期から100本近く投稿してきた栗御飯さん。全力で森での生活を楽しむ様子をご覧になってみてはいかがでしょうか。

文/富士脇 水面



【実況】食人族の住まう森でサバイバル【The Forest】part1

―あわせて読みたい―

『ポケモンBW』あらゆる選択をサイコロに任せる実況プレイ『賽ポケ』。最初のライバル戦からアツい展開を呼ぶサイコロが空気を読み過ぎていて草

『DARK SOULS II』レベル1縛りに回復禁止、一度使った装備の破棄。ハードすぎる10の縛りを設けた実況プレイ動画に「スッゲェ変態だぜ」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ゲーム」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング