話題の記事

ハメ撮りのカリスマ、カンパニー松尾監督が“カメラのブレない腰振り術”を伝授。「ファインダーより女優の目を見ろ!」

ファインダーではなく、女優を見ろ

やまだ:
 揺れるし興奮するし、画角【※】が気になったらあまり集中できないじゃない?

※画角
撮影される映像に写される光景の範囲を角度で表したもの。

カンパニー松尾:
 画角は気にしちゃダメなんです。今は(ビデオカメラ)のファインダーがあるので、見ちゃうと思うんですけど、見ない方がいいんですよ。僕がファインダーをずっと見ながら「気持ちいい」ってセックスしていたら嫌じゃないですか。だから、目を見なきゃいけないんですよ。

やまだ:
 女優さんのね。

カンパニー松尾:
 本来はノーファインダーでやらないといけないんだけど、コツは……(加藤を見て)ちょっと、モデルやってくれると嬉しいんだけど(笑)。

加藤:
 やりますよ(笑)。

やまだ:
 やっぱりニコニコ動画ですから、動画の方がわかりやすいんで(笑)。

カメラは股間を中心に衛星軌道を描け

カンパニー松尾:
 股間を(カメラのファインダーとの)接点にするのがポイントです。

加藤さんをモデルに、スタジオのカメラを使用して解説する松尾さん。

やまだ:
 あぁ、わかりやすい!

加藤:
 すげぇ! なるほど!

やまだ:
 三角点の頂点がちょうどファインダーだ!

カンパニー松尾:
 どこに動いても、ファインダーが接点として存在していれば、問題ない。いつも自分は股間を(接点として)見てる。

やまだ:
 監督のイチモツと連動してるんだ(笑)。

カンパニー松尾:
 そこを(中心にして)衛星のように回る。

やまだ:
 GPSのように監督の行くところ行くところにね(笑)。ちゃんとユーザー目線の「見たい所」が押さえられている。

加藤:
 しかも、ちゃんと僕と松尾さんは目が合ってましたもん。

やまだ:
 このテクニックはADの時に身につけたものなんですか?

カンパニー松尾:
 これはやらなきゃわからなくてね。撮った映像を編集する時に、「こういう風に撮ったら一番エロくて抜けるんだ」っていうものを自分で探していって撮影にフィードバックする。編集、撮影、編集、撮影を繰り返してね。

■関連記事
セクシー男優“しみけん”が語るAV撮影の裏側。有名人デビュー現場の実情とは……!?

セクシー男優“加藤鷹”が語るAV撮影現場のお仕事。「女優の◯◯をこぼさないようにブランデーグラスで受けるのが最初の仕事だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「芸能」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング